足立区の方限定【超お得】内窓工事で区の助成金と国の補助金の両方受けられます

足立区にお住まいの方限定ですが、
内窓設置工事
足立区の省エネリフォーム補助金
国の住宅ストック循環支援事業補助金
両方がもらえます。

 

 

いくらもらえるの?

 

リビングの窓、
①幅165cm高さ200cm 1ヶ所
②幅165cm高さ110cm 1ヶ所
寝室の窓、
③幅165cm高さ180cm 1ヶ所
④幅74cm高さ70cm 1ヶ所
の4窓とします。

 

工事は中村建硝のエコ窓専門店ですと製品代が55%OFF
LIXILインプラスのLowE複層ガラス入りで、222,200円(税別)

 

これに対し
省エネリフォーム補助金が 50,000円
住宅ストック循環支援事業補助金 62,000円
の合計112,000円が支給されます。※助成金の額は区の判断になりますので必ず保証されるものではありません

 

中村建硝のエコ窓専門店では
定価404,000円の内窓が
工事込みで、222,200円(税別)
これに対し足立区と国からの支給が112,000円もらえます。

要件を満たせばとってもお得なチャンス!

 

ただし、省エネリフォーム補助金、住宅ストック循環支援事業補助金それぞれに要件が定められています。

 

まずは、省エネリフォーム補助金
・足立区内に自ら居住する個人
・都民税を滞納していないこと
などの要件があります。
>詳しくはこちら 省エネリフォーム補助金

 

つぎに、住宅ストック循環支援事業補助金
・昭和58年4月1日以降に表示登記された建物
・エコリフォームの合計額が5万円以上であること
などの要件があります。
>詳しくはこちら 住宅ストック循環支援事業補助金

 

 

いつまで?

 

省エネリフォーム補助金平成30年2月28日までに工事を完了しなくてはなりません。

 

住宅ストック循環支援事業補助金は、交付申請の期限が平成29年6月30日なので
工事契約を実質平成29年5月中旬までに済ます必要があります。
また、こちらの補助金は予算が満了になりましたら終了になります。

 

両方を受け取るには大至急申請が必要になります。

 

それでは、昭和58年4月1日以前の建物はあきらめるの?

 

昭和58年4月1日以前の建物なので住宅ストック循環支援事業補助金はもらえない、
という方もあきらめないでください。
省エネリフォーム補助金は築年数の規定がありませんので
築年数の古い建物でも助成されます。
こちらだけでも最大5万円の補助金が出るので十分お得です。