エコガラスの性能について

エコガラスの性能についてご紹介します。エコガラスは2枚のガラスとガス層(または真空層)と特殊金属膜によって構成された複層ガラスの内の1種ですが遮熱・断熱性能に優れていると言われています。ではエコガラスの持つ遮熱・断熱性能によってどのような効果を得られるのでしょうか?

エコガラスとは?

まずはエコガラスについてご紹介します。エコガラスとは数ある複層ガラスの中の一種類で、旭硝子株式会社、日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社の3社が製造している複層ガラスの総称を意味します。そこからさらに各社のエコガラスの名称(サンバランス、スペーシア、ペアレックスなど)に分類されます。

エコガラス=Low-E複層ガラス

エコガラスはLow-E複層ガラスとも呼ばれています。Low-E複層ガラスはガス層を2枚のガラスで挟んだ構造に加えて特殊な金属膜が貼られています。この金属膜によってエコガラス特有の遮熱・断熱性能が発揮されます。

このLow-E複層ガラスの特殊金属膜は種類によっては半透明のカラーなので青系やグレー系の色が付いていることがあります。特殊金属膜の色を少し加えることで窓から見える景色を目に優しく、より快適にすることも出来ます。ただし色が付いていると言ってもごくわずかなので基本的には気にならない程度です。

エコガラスで部屋作り&省エネ

遮熱・断熱性能に特化したエコガラスを使用すれば室内外の気温の出入りを防ぐことが出来るので、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境を作り出すことが出来ます。

エコガラスの遮熱・断熱性能を利用すれば激しい気温差が無くなるのでエアコンの消費量を抑えることが出来て、電気代を節約することが出来ます。そのため「エコ」ガラスと呼ばれています。

エコガラスの遮熱性能

エコガラスの遮熱性能は主に夏場の日差しを防いでくれます。夏場になると日差しが厳しくなるので窓から入ってきた日光によってどうしても室内の気温が上昇してしまいます。

エアコンを点ければ室内を涼しくすることが出来ますが電気代がかかってしまいますし、エアコンの冷風を長時間浴び続けることは体にも良くありません。

そこで遮熱性能の高いエコガラスを設置すれば夏場の日光と熱い外気の侵入を防いでくれますので、室内の気温の上昇を防いでくれます。室温が上がらなければエアコンを使わずに済みますのでエアコン代を浮かせることが出来ます。

エコガラスの遮熱性能はガラスの内側に貼られた特殊金属膜によって生み出されます。遮熱性能に優れたエコガラスは室外側のガラスに貼られています。

この特殊金属膜は日光の明るさを室内に取り込みつつ紫外線と熱を反射してくれますので、夏場でも明るくて過ごしやすい空間を実現できます。また特殊金属膜は紫外線もカットしてくれますので家具の日焼けも防いでくれます。

エコガラスの断熱性能

エコガラスの断熱性能は冬場の寒い時期に発揮されます。断熱性能の高いエコガラスは室内側のガラスに特殊金属膜が貼られているので室外の気温を取り込みつつ室内の暖かさを外に逃がしません。エコガラスの断熱性能は従来の単板ガラスの約3.5倍と言われていますので、冬場の室内の過ごしやすさが全然違います。

断熱性能の高いエコガラスならば室内の気温が中々下がらないのでエアコンの消費電力を抑えることが出来ます。特に冬場の冷え込みが厳しい北陸地方にお住いの方ならば断熱性能の高いエコガラスによってエアコン代の消費を大幅に抑えることが出来るでしょう。

エコガラスは結露を防ぐ

断熱性能の高いエコガラスを冬場に利用するともう一つ効果を発揮することが出来ます。それは結露の防止です。結露は冬場や梅雨の時期などの外気が冷えた時に室内の暖かい空気との気温差によって発生します。

室外の冷たい空気と室内の暖かい空気によって気温差が生じると窓の付近の水蒸気が水滴となって窓に張り付きます。これが結露が発生する原因です。この結露は放置しておくと窓の付近の気温が下がるので更に室内の温度を下げてしまいます。また結露と空気中のホコリが混ざって窓にカビが発生してしまう事もありますので、結露を放置しておくと室内がとても不衛生になってしまいます。

しかしエコガラスならば外が寒くても窓が冷たくならないので結露の発生を防いでくれます。そのためエコガラスは本来の断熱性能に加えて結露防止と併せて尚更冬場の快適な部屋作りに役立ってくれます。

エコガラスの性能の違い

一口にエコガラスと言っても各メーカーのそれぞれの種類によって性能が変わってきます。その中でも一番大きな違いは「遮熱性能」と「断熱性能」のどちらに優れているかによります。そしてそれらの違いは、金属特殊膜がエコガラスの何処に貼られているかによります。

遮熱性能の高いエコガラス

遮熱性能に優れているエコガラスは特殊金属膜が複層ガラスの室外側についているので外の暑さを防ぐことに特化しています。室外側に金属特殊膜を付けることで室外の日差しと熱の遮断に効果を発揮することが出来ます。したがって遮熱性能の高いエコガラスは夏場の快適な部屋作りに最適です。

そのため遮熱性能の高いエコガラスは西日の差しやすい位置にある窓やベランダに設置すると十分な効果を発揮することが出来ます。
逆に冬場は昼間に気温が上がっても大して暖かさを取り込めずに室内の気温を外に逃がしてしまいますので冬場の省エネには向いていません。

断熱性能の高いエコガラス

断熱性能に優れたエコガラスは複層ガラスの室内側に特殊金属膜が貼られています。内側に特殊金属膜を貼ることによって室内の暖かさを室内に留めておくことが出来るので冬場でも部屋が冷え込むことがありません。

逆に遮熱性はあまり無いので夏場の厳しい日差しや熱はそのまま通してしまいます。そのため断熱性能の高いエコガラスを設置するならば日が差しやすい場所よりも北側などの冷え込みやすい位置にある窓に設置するのが好ましいです。

エコガラスの性能:まとめ

エコガラスは2枚のガラスと特殊金属膜によって遮熱・断熱性能が優れているのでエアコン代を浮かすことが出来ます。しかしエコガラスは種類によって遮熱か断熱のどちらに優れているかが変わってきますので、部屋の間取りやご自身の意向に合わせて適切な効果を発揮できるエコガラスを選びましょう。