エコガラスの弱点

エコガラスとは空気層を挟んだ2枚のガラスと特殊金属膜によって構成された複層ガラスの中の1種です。エコガラスはその特殊な構造によって断熱・遮熱性能に優れているので夏場の暑い時期や冬場の寒い時期でも快適に過ごすことが出来て、エアコン代の省エネにも十分な効果が期待できます。

しかしエコガラスは万能ではありません。いくら高性能と言えども複層ガラスであるが故の弱点もあります。そのため窓の修理・交換などで自宅にエコガラスを取り付けようと思っている方は長所・短所共にエコガラスの特徴を知っておく必要があります。

そこで今回はエコガラスの弱点をご紹介します。エコガラスの正しい知識を身に着けて納得のいくリフォームを目指しましょう。

性能は遮熱か断熱のいずれか

自分の希望に沿った性能を選ぶ

エコガラスは遮熱・断熱性能に優れているので激しい気温差の出る季節でも快適な部屋作りを実現できます。しかし暑さと寒さの両方に優れているわけではなく1枚のエコガラスにつきどちらか一方の性能のみとなっています。遮熱性能に優れているエコガラスは暑さに強く、断熱性能に優れているエコガラスは寒さに強い傾向にあります。

遮熱か断熱のどちらに優れているかはエコガラスの内側に貼られた特殊金属膜の位置によって変わります。室外側に特殊金属膜が貼られている場合は外の日差しや熱気の侵入を防ぐことが出来るので遮熱性能に優れています。室内側に特殊金属膜が貼られている場合は室内の温度を外に逃がさずに閉じ込めておくことが出来るので断熱性能に優れています。

そのためエコガラスを取り付ける際は住宅の間取りや地域の気候などに合わせてどちらの性能に優れているエコガラスが適切かを見極める必要があります。例えば北陸などの寒い地域で、尚且つ住宅の北側などの日差しが入りにくい場所の窓には断熱性能に優れたエコガラスが好ましいです。逆に南側や内陸部の暑い地域で南側や西日が入りやすい位置にある窓は遮熱性能に優れているエコガラスを取り付けるべきです。

これらの状況を取り違えて間違えたエコガラスを設置してしまうとせっかくのエコガラスの性能が無駄になってしまいます。寒い場所に遮熱のエコガラスを取り付けても全く暖かくなりませんし、暑い場所に断熱のエコガラスを取り付けるとかえって暑さが増してしまう可能性もあります。

悪質なリフォーム業者はこれらの状況を全く考えずにただ単にエコガラスを取り付けてしまうケースもあるという噂があります。そのためエコガラスを取り付ける際はどのような性能のエコガラスをどこに付けるかを業者さんと一緒に話し合う必要があります。せめて業者に問い合わせる前にエコガラスを設置した部屋を「暖かくしたいのか」「涼しくしたいのか」だけでもご自身ではっきりさせておきましょう。

エコガラスの片方が破損したら

エコガラスの修理方法

エコガラスは2枚のガラスが使用されているので片方だけが割れてしまうというケースもあるかと思われます。この場合修理・交換をする必要がありますが割れなかったもう片方のガラスはそのまま利用することが出来るのでしょうか?

残念ながらエコガラスの片方のガラスのみを修理・交換することはできません。そのためたとえどんな状況であったとしてもエコガラスを交換する際は全て交換する必要があります。

エコガラスは寿命がある

窓ガラスは基本的に半永久的に使用することが出来るものですが、エコガラスの場合寿命が来てしまいます。エコガラスの寿命とは主に2枚のガラスを接着している封着材の事を指します。この封着材がサッシに溜まった水滴などによって劣化してしまうとエコガラスの空気層に湿気が入り込み結露が発生してしまいます。したがってエコガラスの内部に結露が発生するようになったら寿命のサインということになります。

そのためリフォーム会社によっては一定期間内に寿命が来たエコガラスを無料で交換できる保証サービスを取り入れている会社もあります。


厚みに適合出来ない可能性がある

複層ガラスならではの難点

エコガラスは1枚で2枚のガラスを使用しているので当然従来の単板ガラスに比べて厚みが増します。そのため従来のサッシにエコガラスをはめ込むことが出来ないので特殊なアタッチメントを利用してサッシに取り付けます。

しかしこの特殊なアタッチメントを利用することで窓枠の幅に合わなくなってしまう事があります。特に網戸が付いている窓はエコガラスのアタッチメントによって網戸の幅が無くなってしまい、網戸を取り外さなければいけない事にもなりかねません。

またエコガラスの種類によっては従来のガラスよりもっと分厚いガラスを2枚使用しているタイプもあります。その場合従来のサッシではアタッチメントを使用しても対応出来ないのでサッシそのもの、あるいは窓枠自体も交換する必要が出て来てしまいます。窓枠を交換するとなると周辺の壁を壊したリする必要があるので、大掛かりな工事が必要となります。

エコガラスの弱点:まとめ

いかがでしたでしょうか。エコガラスは確かに高性能なのでリフォームにおすすめですが間違った取り付け方や、製品の特徴を見落としてしまうと取り返しのつかない事態を引き起こしてしまいます。エコガラスの取り付けを検討している方は事前にエコガラスの特徴をよく理解して専門業者としっかり相談しながら適切なリフォームに臨んでください。