二重サッシってなんだろう?どんな効果があるの?

窓のリフォームが気になる方がよく目にするであろう「二重サッシ」ですが、サッシが二重ってどういうこと?とお思いでしょう。

二重サッシの効果について知ったら、ぜひ自宅に取り入れたいという方も多いはずです。

この記事では、二重サッシについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

二重サッシとは?

二重サッシ

二重サッシってなんのこと?

窓というと二重サッシという言葉もよく見かけますが、どういったものを二重サッシと呼ぶのでしょう。

二重サッシは、今まで私たちがご紹介してきた「内窓」を別の呼び方で呼んでいるだけなんです。同じく「二重窓」という言葉も使用されます。

ペアガラスや複層ガラスとはまた違うの?と思われる方もいるでしょう。ペアガラスや複層ガラスは、窓のガラス部分だけが2枚または複層になっているので、サッシ部分は2重ではなく1つです。

サッシごと2重になった窓のことを「二重サッシ」(内窓、二重窓など)と呼びます

そのため、内窓について十分な知識がある方にとっては、同じことの繰り返しになってしまう部分もありますが、今回は二重サッシって何だろうと調べてたどり着いた方のために、あらためてご紹介していきます。

二重サッシの効果

騒音

外からの音が気になる場合にもおすすめです

それではあらためて二重サッシの効果を見ていきましょう。二重サッシをつけることでどのような効果が得られるのでしょうか。

断熱効果が高まる

住宅の熱の多くが窓から出入りしています。冬は窓を閉め切っているから大丈夫と思われがちですが、1枚の窓ガラスでは外と中の温度差がそれほど変わらず、窓付近は特に冷え切っています。

逆に夏は外が暑く、室内でエアコンをかけている場合でも、せっかく冷やした空気が外の熱気に負けてしまい、なかなか涼しくならないという現象が生じます。

家の壁には断熱材が入れられているので、それほど多くの熱が通らないのですが、1枚ガラスは熱を通しやすく、弱点となっています。

しかし、二重サッシをとりつけることで、今ある窓との間に空気の層を作り、壁に近い断熱効果を得ることができるのです。

これにより、多くのお宅でお悩みとなっている窓の水滴=結露も減らすことができます

さらに、冷暖房の費用がかなり安くなるため、お財布にも地球にも優しい結果をもたらします。

防音効果が高まる

高速道路や線路の近くに家がある場合、1枚ガラスでは音が聞こえてしまいますが、二重サッシならかなりの防音効果があるため、外の半分以下の音にすることができます。

特別騒音がひどい通りに面していなくても、住宅地でお隣の家とぴったりくっついているような場所では、声が筒抜けということも多いです。

二重サッシはこうした音をカットするという役目も持っているので、断熱性だけでなく防音性も高めたいという方に大変おすすめです。

デザイン性が高まる

二重サッシをつけたら見た目が気になるという方も多いのですが、実は現在二重サッシのサッシ部分のほとんどが樹脂製なので、カラーバリエーションが豊富です。

金属の場合は限られた色のものでしたが、樹脂製というのを生かし、ナチュラルな雰囲気を持たせるように木目調のものもありますし、ガラス部分が障子のような和紙風のものもあります。

そのため、二重サッシをつける前よりもお部屋にマッチした窓になり、模様替えしたような感覚をおぼえる方も多いです。

二重サッシのメーカー

カラフルな家

二重サッシのメーカーはいろいろあれど…

二重サッシも様々な会社から発売されています。どのようなものがあるのでしょうか。各社の特徴をご紹介します。

LIXIL インプラス

LIXILという会社は、「トステム」、「INAX」、「新日軽」、「サンウエーブ」、「TOEX」などの会社が一つになった会社で、建築材料や住宅設備機器では最大手の企業です。

このLIXILが発売中の二重サッシ(内窓)インプラスは、今ある窓の内側に取り付けるだけで快適な空間を提供できることをうたった商品です。

取り付け時間も約1時間と短時間で設置できるのが最大の特徴です。また、他社と比較して価格が最大限に抑えられているのも人気の秘密です。

YKKAP プラマードU

アルミ建材メーカーとしておなじみのYKKAPですが、樹脂製サッシを使用した二重サッシ(内窓)でもシェアを広げています。

このYKKAPのプラマードUも簡単に設置できる上、間にはさめられた特殊フィルムがガラスを割れにくくしているため、防犯効果が非常に高いです。

三協立山 プラメイク

かつては三協アルミとして知られていた三協立山は、業界3位のアルミ企業です。

三協立山の二重サッシ(内窓)プラメイクは、価格が最安なのにもかかわらず、防犯ガラスが標準仕様となっています。

大信工業 内窓プラスト

大信工業は、樹脂押出成形部品の製造を行ってきた会社で、建築資材や自動車・電気製品部品等を製造しています。

内窓プラストは価格が高めですが、その分樹脂にはこだわりがあり、高気密で品質の高い樹脂を使用することで、気密性や断熱性を高めています。

旭硝子 まどまど

旭硝子は世界最大手のガラスメーカーです。そのため、二重サッシに使用できるガラスのバリエーションも豊富です。

サッシ部分はアルミと樹脂の複合サッシを使用しているのが特徴です。これにより樹脂の断熱性とアルミの耐久性のいいとこどりを実現しています。

二重サッシの費用

数字

二重サッシにかかる費用はどのくらい?

それでは、実際に費用はどのくらいかかるのでしょう?窓170㎝×90cmの場合で考えてみましょう。

インプラスやプラマードUなら、二重サッシの価格だけで約4万円です。

ここに、作業費用など諸費用を加えるので、この窓1か所だけなら最低6万見ておけば良いのではないでしょうか。

設置する場所や工事を行う会社によってかかる費用が変わってくるので、一概にいくらというのは難しいです。

見積もりを取るだけでも大歓迎という会社もあるので、気になる場合は一度見積もりをとってみることをおすすめします。

また、窓の断熱性を高めるリフォームには補助金や減税などの方法もありますが、窓の専門家なら代理申請を行ってくれるので大変お得です。

お問合せ

二重サッシは内窓(二重窓)だということが分かりました。二重サッシをつけるだけで光熱費が下がるなら、ぜひつけたいという方も多いのではないでしょうか。

住宅は建ててしまえばおしまいではなく、進化する建材をいかにとりいれていくかも、どれだけ長くその家を使っていくことができるのかの分かれ道です。

まだまだ大切に今の家に住み続けたいという方は、ぜひ一度窓のリフォームをご検討ください。私たち中村建硝がお力添えいたします。