2018年リフォームの補助金・税制優遇を先取り調査!

リフォームに補助金や減税制度があると知らない方も多いのではないでしょうか。

昨今問題となっている空き家を減らすなど中古住宅も性能を上げることで今後も長く使用できるようにする取り組みや、高性能な建材を使用して環境に配慮するなどの取組が政府主導で多数行われています。

リフォームするならぜひこれらの制度を積極的に利用して、少しでもお得に工事したいですよね。

この記事では、現在すでに実施されている事業だけでなく、2018年(平成30年度)に新たに始まる新規事業もご紹介していますので、リフォームの際の参考にしてください。

リフォームの補助金の種類

補助金

リフォームで補助金がもらえるの?

 

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

既築住宅の省エネ化に資する高性能建材を用いた住宅の断熱改修を支援する事業で、環境省の管轄下で行われています。

補助金が適用される要件は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(以下SII)の定める要件を満たし、SIIに登録されている製品であること、かつ未使用品を購入することまたはその工事となります。

SIIに登録されている製品は、主にガラス、窓、断熱材になります。
弊社で取り扱う製品では、ガラスは日本板硝子真空ガラススペーシア、内窓はYKKプラマードUもしくはLIXILインプラスになります。内窓に使うガラスは、一般複層ガラス以上の断熱性能が必要です。

補助率は、補助対象費用の3分の1以内で、補助金の上限は戸建て住宅であれば1戸あたり120万円、集合住宅は1戸ごとに15万円となっています。

既存住宅における高断熱窓導入促進事業(東京都)

東京都限定ですが、既存住宅に設置されている窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費の一部を助成する事業です。

要件は以下になります。

①都内にある既存住宅であること。

②一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されている製品を使用すること。

③交付申請期間中に助成金の交付申請を行い、公社から通知される交付決定日以降に改修工事の契約・着工を行うこと。

高断熱窓の設置に係る材料費と工事費の合計の6分の1もしくは50万円のうち、低い方の金額が助成されます。

その他各地方公共団体主催のリフォーム支援制度

29年度版となっていますが、一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会で補助金や優遇制度を検索できるページを公開していますので、お住いの都道府県や市町村について調べてみることをおすすめします。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(平成29年度版)

リフォームの税制優遇制度の種類

エコ

リフォームでは税制面でも優遇されるんです

 

 

 

お問合せ

今リフォームを考えている方にとって、これだけ多くのリフォーム優遇制度がある時代にリフォームできるのはラッキーなのではないでしょうか。

窓のリフォームに利用できる補助金や減税制度がありますので、私たち中村建硝にお問い合わせいただければ、お客様に合ったものをご提案させていただきます。

代理申請なども行なっておりますので、安心してお問い合わせください。