エコ窓で断熱することによって防げる健康リスク

1.家の寒さで起こる日本の住まいの健康リスク

日本の住居は夏と冬を快適に過ごす為に様々な設計が施されていますが、中には断熱材がなかったり、窓から隙間風が入ったり、あまりコンディションが良くない状況もあります。そのような環境においては急激な温度差が原因で様々な健康リスクが起こります。家の中で特に温度差が目立つのは風呂場やトイレです。健康リスクは高層マンションや窓の多い住居によっておこる事が多いです。

断熱性能の高い家は健康リスクが少ないといえます。弊社ではエコ窓で断熱することによって健康リスクを防ぐことをお勧めしています。

どのような健康リスクが考えられるか。熱すぎる環境や寒すぎる環境は体に害を及ぼします。

室内外の温度を一定に保つことを心がけましょう。家の不備に原因がある健康リスクを考えた時、ヒートショックはその最たるものでしょう。

しかし室内外を一定の室温を保ちながら生活することでヒートショックをはじめとする様々な健康リスクを回避できるようになります。冬場に多いヒートショックは高齢者に多いのが特徴ですが高血圧の若年層も注意が必要です。急激な温度差は健康被害として心筋梗塞や脳梗塞をまねく恐れがあります。

寒い季節にはバスルームだけでなくリビングも温度差がない環境が良いでしょう。室内を十分に温める為の窓リフォームを行いしっかり管理しておくことが大切です。

エコ窓で作り出せる快適空間

 

では実際に過ごしやい室温はどのくらいでしょうか。基本的に28℃は省エネ効果が出る室温です。しかしエアコンを使って室温をコントロールしても隙間風や窓からの外部の冷えが直接室内に伝わると、結局エネルギー使用量が増え電気代がかさばり、不快な思いをすることもあります。特に窓は一番寒暖の影響を受けますし結露するのも窓です。そこで推奨したいのが簡単に取り付けられる窓「エコ窓」です。

室温28℃で湿度50%以下が理想

快適にするポイントは目安として室温28℃で湿度50%以下が理想的です。

室温は高すぎても低すぎても健康リスクは伴いますし、湿度が低いのと、のどの痛みや呼吸しずらいなどのトラブルに見舞われることがあります。エコ窓にすることによって快適な室温と湿度を保ち、エアコンを使用しても省エネで調節することができます。

2.エコ窓で防げる健康リスク

特に高齢者世代はエコ窓を取り付けることによって健康リスクの回避を心掛けたいところです。

温度差の無い室内外環境を維持するためにエアコンを常時稼働させるのではなくて、

「YKK AP プラマードU」や「リクシル インプラス」などのエコ窓に交換し

さらに樹脂サッシにするなどして工夫すれば室内の温度を一定に保つことが出来るようになります。

キッチンや風呂場トイレなどにもエコ窓は非常に役に立ちます。

快適な温度を保てば健康リスクは大幅に改善することができます。

家の中に温度差が無い環境がベストです。断熱材が無かったり、窓がアルミサッシのケースでは隙間風が入ったりするので注意が必要です。

ヒートショック現象を起こしたり心臓発作を起こすことも考えられるので、健康リスクが高い住居はリフォームを検討することをお勧めします。

またエコ窓は窓に隙間がないという特徴から冷え性や肩こりなども解消することが出来いろいろな細菌・花粉症対策にも有効です。さらに隙間風などが入ると風邪をひいたり

他の健康被害も考えられます。隙間風が入らず外部に冷たい空気を室内に入らせないで急激に温度が下がる事なく心地よく暮らしていくことができるのが魅力です。

3.結露が無い窓:エコ窓

エコ窓には結露が生じません。窓が結露してしまうとカビが生えたりして衛生的にも良くありません。気温が下がると水蒸気を維持できなくなるので、水滴などが冷えます。周辺が見えて、お掃除に時間がかかり、メンテナンスも必要です。メンテナンスに時間がかかってしまわないようエコ窓にリフォームすることはとても有効です。結露解消は健康リスクの防止、省エネにつながります。

4.まとめ

エコ窓は様々な環境において使いやすく重宝します。また気になる場所にだけ取り付けを行うことも可能です。壁を壊さず簡単に設置することもできます。

リフォームする際にもサッシ上部に取り付け必要スペースが少ない場合でも取り付け可能で場所を取りません。暑さと寒さを防ぎ結露を防止して、夏は暑すぎず冬は寒すぎるということのない環境を整えます。

その結果健康リスクを軽減することができるのです。「YKK AP プラマードU」「リクシル インプラス」は室内の温度を安定させ高齢者の皆様が健康で住みやすい環境を創り出してくれます。

この記事を読んだ皆様はエコ窓にすることによって健康リスクを防ぐことを考えられてはいかがでしょうか。