複層ガラスと断熱サッシの効果。合せて使用すると効果大!

窓は建物の中でも外気の影響を受けやすい部分なので断熱リフォームにおいて重要な部位となっています。窓のリフォームと言えばガラス面の取り換えが多く、複層ガラスは大きな断熱性能を持つことで有名です。しかし窓のリフォームはサッシにも注目する必要があります。複層ガラスだけでなく断熱サッシを取り入れればさらに断熱効果を上げる事が出来るでしょう。今回はそんな複層ガラスと断熱サッシの断熱性能についてご紹介します。

複層ガラスと断熱サッシの特徴

まずは複層ガラスと断熱サッシのそれぞれの特徴についてご紹介します。

複層ガラス

複層ガラスとは2枚のガラスを貼り合わせて1枚のガラスとして形成された特殊構造のガラスのことです。2枚のガラスの間には乾燥空気が封入されており、ガラスの端部に挟まれたスペーサーによって中空層が形成されています。ちなみに中空層が存在せず2枚のガラスが完全にくっついているタイプのガラスもあります。これは「合わせガラス」という別の製品です。合わせガラスは中に割れにくい金属膜が貼られていることが多く、防犯効果が高い製品として知られています。

複層ガラスは従来の単板ガラスに比べて断熱・遮熱効果に優れています。2枚のガラスに挟まれた中空層が熱の出入りを遮って外気の影響を受けなくなるので冬や夏でも快適に過ごせるようになります。また複層ガラスはエアコン代の削減にも貢献するため省エネ対策としても注目を浴びています。

複層ガラスを設置して断熱効果を上げると結露防止にも繋がります。結露は窓付近の気温が下がると水蒸気が水滴に変化して窓に付着する現象です。つまり窓が冷たくなると結露が出来やすい環境となります。しかし複層ガラスを取り付けて窓付近の気温を下がらなくすれば結露が発生しずらくなります。結露は室温低下や窓に発生するカビの原因にもなるので、複層ガラスを取り付けることは健康的かつ快適な室内環境を作り出すことになります。

一般的に複層ガラスの中空層には乾燥空気が封入されていますが、それ以外の気体が入っていることもあります。その中の一つがアルゴンガスです。アルゴンガスは空気よりも熱を通さない性質なので乾燥空気の複層ガラスよりもさらに高い断熱効果が期待できます。また中空層が真空層になっている「真空ガラス」と呼ばれる製品もあります。真空ガラスは中空層がわずか0.2ミリしかないにもかかわらず、あらゆる複層ガラスの中でもトップクラスの断熱性能があります。アルゴンガスや真空ガラスの場合、料金は高くなりますが、断熱効果は大いに期待が持てます。またエアコン代の削減にもなるので長期的な視点で見れば省エネ出来たエアコン代でガラス代を埋め合わせることも出来ます。

MADOショップ取手東店では真空ガラス「スペーシア」と「クリアFit」を取り扱っています。

スペーシアの詳細はコチラ

http://shinku-glass.jp/

クリアFitの詳細はコチラ

http://nsg-t.com/simplified-chart/clearfit/

断熱サッシ

断熱サッシとはその名の通り断熱性能が搭載された窓ガラスのサッシ(ガラスをくっつけている枠の部分)のことです。現在日本の住宅で最も流通しているサッシはアルミで出来ています。しかし断熱サッシとは木材や樹脂あるいはそれらを組み合わせた特殊構造のサッシを意味します。

木材や樹脂はアルミよりも熱伝導率が低いので、その分断熱効果に期待が持てます。特に断熱効果が高いのが樹脂製のサッシです。断熱に特化したリフォームをしたいのであれば複合サッシではなく完全に樹脂で出来たサッシをおすすめします。樹脂の熱伝導率はアルミ製サッシの約1000分の1しかないので明らかに断熱性能に優れています。北欧の寒い地域では住宅の断熱が必要不可欠なので、アルミではなく樹脂製サッシが浸透しています。

しかし樹脂はアルミより耐久力が弱いので破損してしまう恐れがあります。また気密性を高めるためにアルミよりも厚くて重いので窓の開け閉めが大変になります。北海道の様な寒冷地帯ならば樹脂サッシを取り付けるべきですが、それ以外の地域では複合サッシが持つ断熱性能で十分かもしれません。

複合サッシは外側と内側で違う素材が使用されています。多くの場合外側は耐久力やサビに強いアルミで、内側には断熱性能の高い木材や樹脂が使用されています。これならばアルミと樹脂(木材)の長所を上手く発揮させられます。また価格は100%樹脂製サッシよりも複合サッシの方が安くなっています。

複層ガラス・断熱サッシ両方を組み合わせるて断熱アップ!

断熱リフォームをする際はガラスのリフォームが注目されがちです。しかしより強い断熱性能を得る為にはガラスとサッシの両方をリフォームする必要があります。

断熱対策として複層ガラスを取り付けるととても大きな効果を発揮します。しかしそれだけだとサッシはアルミ製のままです。アルミは強度こそ高いものの熱しやすく冷めやすい素材なので外気の影響を受けやすくなっています。そのため折角複層ガラスを取り付けてもサッシがアルミ製のままだと断熱効果が全く得られないこともあります。

つまり本格的に断熱対策を施すのであればガラスとサッシの両方をリフォームする必要があります。各家財メーカーも断熱リフォームの際はガラスとサッシの両方をリフォームすることを勧めている事が多いです。窓ガラス全体を見るとガラスの方がサッシよりも当然面積は広いです。しかし既存のサッシに使用されているアルミはガラスより約200倍も熱伝導率が高い素材と言われています。そのためサッシをリフォームしないと冬になってサッシから室温が逃げてしまうことも考えられます。

複層ガラスも断熱サッシも簡単にリフォームできる

窓のリフォームは複層ガラスも断熱サッシも以前に比べて簡素な方法になっています。以前は既存の窓枠を取り外す必要があったため、周囲の壁を壊す作業が必要でした。そのため窓の周りに養生を敷いたり、2階以上のフロアの場合は外に足場を設置したりといった余計な作業が発生していたため多くの時間と費用がかかっていました。

現在は窓枠を外さずにリフォームする工法を取り入れています。複層ガラスは既存のサッシにはめ込むだけで完了します。厚みがある複層ガラスの場合、専用のアタッチメントを取り付ける作業が発生しますがこれもそこまで時間はかかりません。断熱サッシは既存のサッシを取り外して、窓枠の上から被せる形で取り付けます。

複層ガラスにしろ断熱サッシにしろ作業時間は数時間~半日程度で終わります。必ず1日だけで全ての作業が完了するので時間がかからず、お客様の私生活にも支障をきたしません。

断熱対策ならマドリモがおすすめ!

MADOショップ取手東店ではアルミ樹脂複合窓「かんたんマドリモ」を取り扱っています。これは複層ガラスと断熱サッシの両方を取り付けるリフォームなので断熱対策にピッタリです。マドリモは既存の窓枠の上に新しい窓を取り付ける「ノンシールカバー工法」を採用しています。ノンシールカバー工法を簡単に説明すると窓枠に接着テープを貼り付けてその上から新たな窓(ガラスとサッシ)を取り付ける工法です。これは養生などの余計な作業を必要とせず、全ての工程を室内で行うので無理な体勢での作業も発生しません。作業時間は2時間~半日程度です。

マドリモのアルミ樹脂複合窓は内側のサッシが樹脂製で外側のサッシがアルミ製となっています。これにより樹脂の気密性とアルミの耐久性という2つの長所を取り入れることに成功しています。窓ガラスはLow-e金属膜を使用した複層ガラスを使用しています。Low-e金属膜を貼ることで一般的な複層ガラスよりも更に高い断熱効果を得られます。

YKKAPの「かんたんマドリモ」詳細はコチラ

https://www.ykkap.co.jp/products/reform/madoremo/

まとめ

複層ガラスも断熱サッシもそれぞれ断熱性能に優れています。しかしガラスあるいはサッシのみをリフォームしただけでは熱の出入りを防ぎきれません。本格的な断熱性能を手に入れたいのであれば両方をリフォームするべきでしょう。YKKAPの「かんたんマドリモ」ならば両方に納得の行く断熱効果を得られます。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/