複層ガラスのスペーサーは断熱性能を左右する重要なパーツ

複層ガラスのスペーサーは中空層の形を保ち断熱性能においても重要な存在です。ただのパーツに過ぎないスペーサーですが性能に優れたスペーサーや劣化防止の注意点などがあります。また「スペーサー」と名の付く別の製品もあるので今回はそれらについてもご紹介します。

複層ガラスのスペーサーとは?

複層ガラスにはスペーサーというパーツが必ず付いています。複層ガラスは2枚の単板ガラスを組み合わせた製品でガラスの間には中空層が含まれています。その中空層の空間を維持するために中空層の内部にスペーサーが設置されています。

スペーサーはアルミ製で細長い形状をしていて、窓ガラスの端を覆う形で取り付けられています。スペーサーの中には乾燥材が含まれており、中空層の湿気を吸収する役割を担っています。

断熱目的なら樹脂スペーサーがおすすめ

スペーサーには樹脂製の製品があり、アルミ製スペーサーが持つ弱点を補ってくれる優れた効果があります。樹脂製のスペーサーが持つ最も大きな性能は断熱性能です。樹脂製のサッシがアルミ製のサッシに比べて断熱性能で優れているのと同じようにスペーサーも樹脂製の方が断熱性能で優れています。

寒い季節でも冷たくならない

窓は冷たい空気にさらされると端部の方から温度が下がっていきます。特にアルミ製のサッシは温度が下がりやすいので気温の低下に大きな影響を与えます。しかし樹脂製のスペーサーを使用していればガラス面へ冷たい温度が浸透することを防いでくれます。

残念ながらアルミ製のスペーサーは熱伝導率が高いため冷たい温度をすぐに通してしまいます。しかし樹脂製のスペーサーは熱伝導率がアルミの1/1000しかないのでしっかりと温度を保ってくれます。樹脂製のスペーサーはアルミ製のスペーサーに比べて断熱性能が2.5倍も優れています。

結露も防いでくれる

結露を防ぐという意味でも樹脂スペーサーは大きな意味合いを持ちます。複層ガラス自体も断熱効果があるのである程度は結露を防いでくれますが断熱効果の低いアルミ製品は結露を発生させてしまいます。しかし樹脂製のスペーサーは中空層の気温を維持してくれるので結露防止に大きく貢献してくれます。

また樹脂製のスペーサーは表面が黒で覆われているので金属特有の光沢があるアルミ製よりもスッキリした見栄えとなっています。

スペーサーの劣化による内部結露

複層ガラスのスペーサーは長く使用していると劣化してしまうことがあります。劣化の原因はいくつかありますがその中でもよくある事例が内部結露です。

内部結露は劣化の証拠

内部結露とは複層ガラス特有の現象で、ガラスの表面やサッシに出来るはずの結露が中空層の中で発生してしまうことです。通常なら中空層は乾燥空気やアルゴンガスなどの気体が入っていて、スペーサーの中にも乾燥材が封入されているので中に湿気が入り込むことはありません。しかし経年劣化によってスペーサーに不具合が生じると穴が空いてしまい外の空気が中空層へ侵入してしまいます。

この時に結露の原因である湿気も入り込んでしまい、この状態で内部が冷え込むと内部結露が発生してしまいます。スペーサーに穴が空いてしまったらたとえ断熱効果の高い樹脂製であっても内部結露が発生してしまいます。

常に手入れして経年劣化を防ぐ

経年劣化によって内部結露が発生しまいますが日頃の手入れをしっかり行えば経年劣化を防ぐことは出来ます。内部結露を防ぐための主な手入れはサッシ周辺の掃除です。窓のサッシは隙間にゴミ・ホコリ・湿気などが溜まりやすく、それらを放置しておくと経年劣化を助長してしまいます。そのため定期的に複層ガラスを掃除して常に清潔な状態を保っておけば内部結露も経年劣化も防ぐことが出来ます。

劣化してしまったら交換する

もし複層ガラスに内部結露が発生してしまったら高い断熱性能は期待できないので交換する必要があります。複層ガラスには保証期間が付いており保証期間内であれば取り付けてくれた業者に対応してもらえます。保証期間の長さは製品によって異なるのでご自宅で複層ガラスを使用している方は、それらの保証期間を確認しておきましょう。

おまけ:複層ガラスの以外のスペーサーについて

スペーサーと名の付く製品は複層ガラス用だけでなく様々な製品に使用されています。

建設工事用のスペーサー

建設工事で使用されるスペーサーは一定の間隔を保った状態で資材を固定するために使用します。特に鉄筋コンクリート造の建物を建築する際の、生コンクリートを流す時に鉄筋の位置を固定するために使われることが多いです。生コンクリートを流した後は鉄筋とともにスペーサーもコンクリートの中に埋められて構造の一部となります。

土木用のスペーサーはプラスチック、鋼、コンクリート、ステンレスなどの製品があります。プラスチック製と鋼製は比較的安価で販売されているので高い頻度で使用されています。ただしプラスチック製は熱に弱く耐久力も低めなのでコンクリート内部で異常を起こし建物の欠陥の原因となる危険性もあります。鋼製はプラスチックよりも強度が高いですが表面に出る形で使用されることが多く雨などの外的要因によって錆びてしまうことがあります。そのため鋼製のスペーサーは防錆仕様になっていることがあります。

コンクリート製やステンレス製は耐久性に優れているので住宅だけでなく公共施設や大規模な工事にも使用されています。ただしこれらは重量が重くて使い勝手が悪いので使用する際は慎重な作業を必要とされます。

この様に土木用のスペーサーは鉄筋コンクリート造の構造にとって重要な役割を担うのでしっかりとした耐久力を求められます。

車用のスペーサー

車用のパーツとしてのスペーサーもあります。車用のスペーサーはタイヤのハブとホイールの間に取り付けるパーツです。スペーサーを取り付けることでホイール内部に距離が生まれてタイヤ全体が外側に出っ張るようになります。

車用のスペーサーのメリットはタイヤ全体を外へ出せることです。そのためタイヤがフェンダー(タイヤの周辺に当たるボディ)よりも内側に引っ込んでいる場合、スペーサーで外へ出すことでタイヤとボディを真っすぐな状態で統一させる(いわゆるツライチの状態)ことが出来ます。

車用のスペーサーはボルトを使ってハブとホイールの間を通すだけなので一般の方でも取り付けは可能です。しかしタイヤの内部に取り付けるパーツなだけに不適切な取り付け方をしてしまうと事故に直結してしまいます。特に安価で売られている物や汎用性の高い製品は安定感が損なわれることが多いので危険が伴います。またスペーサーを取り付けたことでタイヤがフェンダーよりも出っ張ってしまった場合、車検に引っかかってしまうのでそうならないように注意してください。

ネジのスペーサー

ネジのスペーサーは家電製品などに使用します。これは家電を使用するために必ず必要になるパーツではなく、いくつかの状況を補助する目的で使用されることが多いです。ネジ用のスペーサーはネジを機材に取り付ける際にネジ穴とネジ頭またはネジ本体の距離を空けるために使用します。

例えばテレビを壁に設置する際にテレビ本体の一部が壁にぶつかってしまい金具を引っかけるためのスペースが足りないことがあります。そんな時に壁掛け用の金具のネジにスペーサーを通せば金具の距離を延ばせるので問題無く壁に引っかけられるようになります。

またネジを金具に取り付けた際にネジが長すぎて安定しない場合でもスペーサーをネジに通せば距離を詰められるのでしっかりと固定出来るようになります。

この様にスペーサーと名の付く製品は複層ガラス以外にもたくさんの種類があります。それぞれの商品に共通して言えることは部品の間に一定の距離を保つために使用されているということです。複層ガラスのスペーサーもガラス同士の距離を保つ役割があるので、その点では他のスペーサーと同じ役割を担っています。

まとめ

複層ガラスのスペーサーは断熱性能を保つための重要な役割を担っています。スペーサーが破損してしまうと本来の効果を発揮できなくなってしまうので内部結露などの異常が発生したらすぐに業者に相談しましょう。

複層ガラスについてもっと知りたい方へ!

複層ガラスの断熱性能はスペーサーで決まる!?アルミより樹脂が良い!

 

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/