複層ガラスの最大寸法はどれくらい?オーダー時の測り方も紹介

複層ガラスを注文する際はご自宅の窓ガラスの寸法を測って見積もりを出してもらう必要があります。窓ガラスには規格寸法が無いのでオーダーメイドとなりますが、最大寸法はどれくらいなのでしょうか?今回は窓ガラスの最大寸法やその他サイズに関する情報をお届けします。

窓ガラスの最大寸法とは?

窓ガラスの最大寸法は厚みによって変わります。厚ければガラスの強度が増すのでより大きなサイズのガラスを製造できます。単板ガラスの場合最小が厚さ2ミリの914×813ミリで、最大寸法が厚さ19ミリの10160×2921ミリとなっています。

単板ガラスの最大寸法はガラス自体の厚みによって異なります。厚みに関しては「日本工業規格JIS R 3202」によって規格が定められており、2mm、3mm、4mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mm、15mm、19mmがあります。

参照元

複層ガラスの最大寸法ってどれくらい

強化ガラスは厚くて頑丈

大きめの寸法で使用されているガラスは強化ガラスが多いです。強化ガラスとは普通の単板ガラスに熱処理と冷却処理を加えることで強度が増加したガラスです。強度は従来の単板ガラスの約3倍~4倍程度あり、窓ガラスだけでなく店舗のショーケースやガラステーブルなどにも使用されます。強化ガラスの最大寸法は4500×2440ミリで、最大の厚みは19ミリです。

もし割れても安全

強化ガラスは割れにくいだけでなく万が一割れた際も安全な仕様となっています。単板ガラスは衝撃によって割れた際に破片が勢い良く飛び散るのに比べて、強化ガラスは割れた際に衝撃が分散し極小サイズの破片となるので遠くへ飛散することはありません。そのため強化ガラスは事故によって破損した際に破片による二次災害を防いでくれるので安全ガラスとも呼ばれています。

複層ガラスに規格寸法はない

一般的な住宅ならほぼ対応

家具を購入する際はメーカーによって決められた企画寸法の中から自分の好みに最も適したサイズを選びます。しかし複層ガラスはオーダーメイドで製造します。サイズの希望をミリ単位で注文できるので企画寸法は存在しません。最大寸法はMADOショップ取手東店で取り扱っている真空ガラス「スペーシア」で2400×1350ミリなので一般的な住宅の窓ガラスであればほぼ対応できます。

複層ガラスをオーダーする際の寸法の測り方

ご自宅の窓ガラスの交換あるいは複層ガラスへリフォームする際は窓ガラスの寸法を事前に測る必要があります。工務店に見積もりを依頼する際に窓ガラスの寸法が必要になることもあるので測り方を覚えておきましょう。ちなみに単板ガラスも複層ガラスも測り方は一緒です。

寸法の測り方

ガラスの寸法はメジャーで測ります。ここで最も注意すべき点が「どこからどこまで測るか」です。窓にはガラスだけでなくいくつかのパーツがありますので十分注意してください。窓ガラスの寸法はサッシの内側までを含めた距離を測ります。サッシの内側とはガラスをサッシの間に挟まっていて、ガラスを固定する役割があるゴムのことです。このゴムの部分までを図ってください。逆にフレームである窓のサッシ(アルミ製のものが多い)や壁と繋がっている窓枠は対象外となります。これらを含めて測ると本来の寸法よりも長い距離になってしまうので気を付けて下さい。

ゴムまでの距離+12ミリ

窓ガラスの正しい寸法を測ったらそれに12ミリを足します。この12ミリはサッシに飲み込まれていて目に見えない部分のガラス面を意味します。ガラスは1方向につき6ミリが飲み込まれているので左右(または上下)の合計を足して12ミリとなります。

厚みを測る際は一度ガラスを取り外す必要があります。窓ガラスをサッシから取り外して上部の左右に付いているネジを外すとサッシが外れます。するとガラスの端が見えるのでそこから厚みを測ります。終わったらサッシとネジを戻して元も窓枠にはめ直しましょう。

厚みがある複層ガラスを注文する際の注意点

複層ガラスは単板ガラスに比べて厚みがあります。場合によっては1センチ以上の厚さがある複層ガラスを注文することもありますが分厚い複層ガラスを取り付けるためには注意点があります。

既存のサッシは最大9ミリまで

それは既存のサッシにははめ込めるガラスのサイズに限界があるということです。一般的な住宅で使用されている単板ガラスの厚さは3ミリです。そのためサッシも3ミリの厚さに合わせた作りとなっています。それ以上の厚みがあってもサッシにはめることはできますが、対応できる最大の厚さは9ミリまでとなっています。

それ以上はアタッチメントが必要

1センチを越える厚さのガラスは既存のサッシにははめ込めません。そのため分厚い複層ガラスを取り付ける際は専用のアタッチメントを使用してサッシに取り付ける形になります。それを使用すれば取り付け作業は問題ありませんが、その後ガラスの厚さ故の問題点が発生することがあります。

ガラスの周辺にぶつかってしまうかもしれない

ガラスが厚いということは外側へ出っ張っているということなので外側の雨戸や網戸、内側のカーテンやカーテンレールにぶつかってしまう可能性があります。場合によってはぶつかっているモノが使用できなくなってしまうこともあります。そのため9ミリを越える厚さの複層ガラスを取り付ける際は見積もりや立会いの際に業者の方に必ず相談して下さい。

マドリモのリフォームについて

MADOショップ取手東店では複層ガラスの交換だけでなく、新たな窓枠の取り付けも行っています。窓枠を取り付ける場合にはYKKAPの「かんたんマドリモ」という商品を使用します。

窓枠・サッシ・ガラスを一気に取り付ける

マドリモは窓枠・サッシ・窓ガラスが1セットとなっており既存のサッシを外して窓枠ごと取り付けます。マドリモは窓を取り外して窓枠の上から新たな窓枠を取り付けてサッシをはめるというシンプルな作業です。工事の際はノンシールカバー工法という効率的な方法で窓を取り付けます。ノンシールカバー工法はそれまでの窓交換工事に比べて圧倒的に早いスピードで完了するというメリットがあります。

マドリモの弱点・景観が少し狭くなる

マドリモは新たな窓枠を被せるので窓枠の範囲が広がりガラス面が若干狭まってしまいます。そのためマドリモを取り付けると以前に比べてガラスから見える外の景色が若干狭くなってしまうかもしれません。ただしマドリモの窓枠が1方向数センチ(製品の種類によって違う)なので生活に支障が出るくらい窓が狭くなってしまうわけではありません。

マドリモの窓枠を画像で比較①ビフォーア

①アフター

マドリモの窓枠は画像で見てみるとよく分かります。こちらは実際にマドリモを取り付けた際の掃き出し窓の画像です。ビフォーアの窓に比べてアフターは茶色い枠の部分が少し太くなっていることが分かります。

②ビフォーア

②アフター

こちらは上下にスライドさせるタイプの腰掛け窓の画像です。外からの画像ですがアフターの方が窓枠の部分が明らかに太くなっています。この様にマドリモは少し窓枠が太くなることを覚えておきましょう。

ガラス越しの景色こそ若干狭くなってしまいますがマドリモは気密性がとても高いので断熱・結露防止・防音・省エネなど様々な効果が期待できます。特に断熱性能は目を見張るものがあるので、マドリモを設置すれば冬場の過ごしやすさが大きく変わるでしょう。

まとめ

窓ガラスの最大寸法は厚さを増せばかなり大きいサイズまで対応できるので一般家庭の窓ガラスならばほぼ対応可能です。複層ガラスは単板ガラスよりも厚みがあり、この厚みがトラブルを引き起こすこともあるので取り付ける際は十分注意してください。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/