断熱窓で冬のお風呂を暖かく

冬は身体が冷えるので、お風呂で暖まるのはとても気持ちが良いものです。

「風呂に入ると気持ち良いのは分かっているけれど、その前後を考えるとお風呂が嫌になる…」

「髪を洗っていると寒くなって適当に切り上げてしまう」

「おじいちゃんがお風呂に入る時はヒートショックが心配」

冬のお風呂にはそんな悩みを持っている人が少なくありません。高齢者に対しては、健康に悪影響を与える恐れもあります。

断熱窓はそんな寒いお風呂の悩みを手軽に解決します。

浴室の位置は寒い場所にあることの多い日本の住宅

日本では、日当たりの良い南向きの場所はリビングや家族の居室、日当たりの悪い北向きの場所は浴室やトイレといった間取りになっている住宅がほとんどです。家族が長く過ごす部屋は日当たりが良く暖かい場所にする為の配慮です。

そして、その結果、寒いお風呂になってしまうのです。

浴室の寒さを緩和する為に多くの人が試みていること

少しでも暖かく入浴する為にされている工夫にはこんな方法があります。

  • お湯の温度を高くしたシャワーでお風呂掃除をする
  • お湯の温度を高くしたシャワーで浴槽にお湯を張る
  • お湯の温度を高くしたシャワーをかけて浴槽の壁と床を温める
  • 何度も追い炊きする

これらの方法は、ガス料金と水道料金に負担をかけそうです。

  • 換気扇を止める

風呂から上がった後、つけ忘れると、カビが発生して大変なことになりそうです。

  • シャワーカーテンをつける

欧米式のお風呂であれば、バスタブの中で体を洗うので問題ありませんが、この方法では、湯船につかっている時だけしか寒さ対策ができません。却って身体や髪を洗うときは寒さが倍増してしまいそうです。

効率的な方法は断熱窓へのリフォーム

家の中を寒くする原因のほとんどは、窓からに侵入してくる冷気です。窓は壁に比べてはるかに薄いうえに、サッシの隙間からも冷気が入ってきてしまうからです。

居室の窓と比べて、浴室は室内に1か所しか開口部がない上に、十分な換気の必要性がある為、大きめに作られています。築年数が長い家ほど、この傾向が高く、浴室の窓の大きな家が多くあります。

また、入浴中の景観を良くする為、中庭に面して大きな窓にしている住宅もあります。窓が大きければ大きいほど、冷気の侵入率は高くなりますから、浴室の寒さも増していきます。

その状況を改善するための効果的な方法が断熱窓へのリフォームです。浴室の全面リフォームをするとなると100万円以上の費用が発生してしまいますが、窓の断熱リフォームだけなら3分の1程度の費用でお風呂の暖かさを確保できます。

また、冬の寒さ対策のため、お風呂を全面リフォームする場合、基本はユニットバスと床、壁、水栓、浴室暖房が組み合わされています。そしてたいていの場合、断熱窓への窓の交換は含まれていません。

浴室暖房ができる浴室に全面リフォームしたけれど、結局お風呂に入る30分前から暖房をつけておかないと暖かいお風呂に入れないと不満に思うケースがあるのは、窓のせいなのです。その為、お風呂のリフォームをする際には、窓もリフォームすることをおすすめします。

お風呂の窓を断熱窓にする為のリフォーム方法

お風呂の窓を断熱窓にする為のリフォームにはいくつかの方法があります。

浴室の窓を二重窓にするリフォーム

かんたんマドリモ 内窓 Lite U

いまある窓の内側に、手軽に取付けられる二重窓へのリフォームです。

奥行きわずか40mmなので、窓枠内にすっきり納まり、室内への出っ張りを抑えられるので、浴室・トイレ・キッチンなどの水まわりにむいています。

もとからある窓と内側につけた窓の中間にできる空気層が寒さの侵入を防ぎます。

そして、樹脂フレームは、アルミフレームに比べると、熱の伝送率が格段に低いので、ガラスだけではなく、フレーム部分でも冷気の侵入を妨げられます。

さらに、フレームも二重になるので、サッシの隙間からの冷気の侵入も抑えられます。

また、お風呂場のプライバシーを確保する為に、外側の窓と内側の窓の間にブラインドを取り付けることもできます。ブラインドはしっかりプライバシーが守れる半面、埃がつきやすく、浴室では水滴と埃で汚れやすいという難点があります。しかし、二重窓の間に設置すれば、内窓で水滴やほこりがガードされるので、きれいな状態で使い続けられます。

かんたんマドリモ 内窓 プラマードU

現在使っているアルミフレームと1枚ガラスの窓はそのまま残し、室内側にもう1枚樹脂フレームの内窓を取り付け、二重窓にする方法のリフォームです。

もとからある窓と内側につけた窓の中間にできる空気層が寒さの侵入を防ぎます。

そして、樹脂フレームは、アルミフレームに比べると、熱の伝送率が格段に低いので、ガラスだけではなく、フレーム部分でも冷気の侵入を妨げられます。

さらに、フレームも二重になるので、サッシの隙間からの冷気の侵入も抑えられます。

浴室の窓を交換するリフォーム

かんたんマドリモ断熱窓 浴室仕様

今ある窓枠はそのままに、新しい断熱窓をかぶせて取付けるカバー工法です。今の窓がどこのメーカーのものでも、取り換えられ、窓の大きさや種類を変えることもできます。

お風呂の窓には面格子がついているお宅が多いと思いますが、内側から取り付けるので、面格子を残したまま、窓の交換ができます。

2階に浴室があるお宅でも、内側から取り付けるので、追加費用が必要な足場を組む必要がありません。

 

浴室の窓ガラスを断熱性の高い複層ガラスに交換するリフォーム

アタッチメント付き複層ガラス

アタッチメント付き複層ガラスと交換するリフォームです。アタッチメントがついているので、今使っているサッシをそのまま使い、ガラス部分だけを交換します。

浴室に使う場合、プライバシーを確保する為に、くもりガラスのするのも良い方法ですが、複層ガラスの間にブラインドが挟まれているブラインド入り複層ガラスが特におすすめです。

ブラインドの角度を変えて、採光を調整したり、外部からの視線を遮ったりできます。浴室のブラインドは水垢が心配ですが、2枚のガラスに挟まれているので、きれいな状態を維持できます。

真空ガラススペーシア

スペーシアは1枚ガラスとほぼ同じ厚さの高断熱真空ガラスです。従来の複層ガラスの常識を覆した薄い複層ガラスなので、窓枠を変えずにガラスだけを交換できます。スペーシアはもともと、通常のガラスに比べてグレーがかっていますが、さらに不透明タイプのスペーシアを選べば、浴室のプライバシーも確保できます。不透明タイプのスペーシアは、凹凸のある型板ガラスに比べて汚れが付きにくいので、手軽な掃除できれいな状態を維持できます。

窓のリフォームは主に3タイプ

外窓交換…かんたんマドリモ 断熱窓

内窓取り付け…かんたんマドリモ 内窓 プラマードU、かんたんマドリモ Lite U

複層ガラスに交換…アタッチメント付き複層ガラス、真空ガラススペーシア

どの方法でリフォームしても、お風呂が暖かくなるだけではなく、冬は結露、夏が外気の暑さの流入を押さえられます。

 

暖かく入浴できる複層ガラス、又は二重窓にリフォームしてみませんか?

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。浴室の窓を断熱性能の高い窓に変えるだけで、冬のお風呂はとても快適になります。

せっかく暖かいシステムバスにリフォームしたのに、やっぱり寒いと感じていらっしゃる場合には、ぜひ窓も断熱窓に交換してください。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/