冬の窓結露のお悩みは、内窓で解消!

結露写真.jpg

朝晩の冷え込みが本格化し、
暖房ナシでは厳しい季節となってきました。

日中は天気が良くても、夜の冷え込みは厳しい。
すると、室内の空気も乾燥してきます。
ご帰宅後の夜間は、暖房に加えて加湿器もフル稼働
というご家庭も多いのではないでしょうか?

そうすると、
翌朝気になるのが、なんといっても「窓の結露」。

「冬になると毎朝、窓が結露でびっしょり」

なかには、

「サッシだけじゃなく、床もびっしょり」

なんてご家庭もあるのでは?

冬場のお住まいの悩みで最も多いといわれるのが、
この結露の問題です。
結露による湿りはカビの発生源となりますから、
窓枠やカーテンがカビで黒ずんでしまいます。
空中に飛散し、アレルギーの原因ともなりますから、要注意です。

とはいえ、毎朝毎朝、結露を拭き取るのは至難の業です。

そもそも、結露の原因は、
室内の暖められた空気が、
窓越しに冷たい外気に触れることで冷やされ、
空気中に含まれていた水蒸気が窓に付着することによって発生します。

つまり、暖められた室内の空気が、
外の冷たい寒気に触れないようにすれば、
結露の発生はあるていど抑えられるわけです。

そこで、当店がオススメしているのが、【内窓】【真空ガラス】です。

一般家庭でもっとも多く使用されている従来の一枚ガラスでは、
室内の空気がガラス一枚を通して直に外気によって冷やされてしまいます。
ですが、内窓や真空ガラスを用いることによって、
外気と室内の空気の間に、2枚のガラスによる「もうひとつの空気の層」が生まれます。
これにより、外の寒気を空気の層が緩和し、室内の暖気も外に逃げづらくなり、
暖気と寒気が直接触れることもなくなるため、窓の結露も防げるようになるわけです。

断熱効果もありますから、暖房効率ももちろんUP
結露を拭き取る手間もなくなり、
エコで時短の優れものなのです。

毎朝の結露掃除にお悩みの方、
ぜひ一度、お気軽にご相談くださいませ!