スペーシアで結露予防!

結露写真.jpg

大寒を過ぎ、日本各地で厳しい寒さが続いています。
この時期の朝、寒さとともに大敵となるのが「結露」です

結露のできる仕組みは、
暖められた室内の空気が、
ガラス越しに外の冷気によって急激に冷やされ、
空気中の水蒸気が水滴となって窓ガラスに付着します。

特に、日本の窓は熱を通しやすい単板ガラスです。
せっかく暖房器具で暖めた室内の空気も、
どんどんどんどん窓際で冷やされ、
どんどんどんどん結露ができてしまうわけです。

冬の朝に窓にびっしりとできた結露、
時にはサッシや床にまで水溜りが出来てしまうこともありますね。
結露の掃除が大変でお困りの方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、真空ガラス「スペーシア」です。

ガラスの種類ごとに、
結露する室温と外気温の関係を見てみましょう。
室温が20℃、湿度60%の場合、結露が発生する外気温は、
下記の通りとなっております。

・単板ガラス 8℃
・複層ガラス マイナス1℃
・クリアFit マイナス5℃
スペーシア マイナス25℃
スペーシアクール マイナス29℃

一般的な単層ガラスや複層ガラスでは、
冬場に結露を防ぐのは難しいです。
ですが、スペーシアやスペーシアクールであれば、
通常の生活においてはほとんど結露しなくなります。

それはもちろん、

熱を通しにくくなるから

ですので、
結露を防ぐだけではなく、それ以前に、
冬の寒さを和らげる効果もあり、
暖房費を節約してくれる効果もあるわけです。

結露にお困りの方、
ぜひ「スペーシア」をご検討ください!