内窓とお肌の大事な関係

スキンケア女性.jpg

三寒四温とはよく言ったもので、
暖かな日が続いていたと思えば、
またぐっと冷え込み、
本格的な春の待ち遠しい今日この頃であります。

さて、まだまだ寒い日が多く、
女性のお客様におかれては、
お肌の乾燥に悩まされていらっしゃる方も多いと思います。

内窓にするメリットをエコの観点から色々と紹介してきましたが、
実は、内窓はお肌にも良いということ、
ご存じでしょうか?

その理由は、2つです。

<その1 暖房器具の使いすぎ>

内窓や真空ガラスでないお部屋だと、
なかなかお部屋が暖まらないので暖房をガンガン使ってしまう。
必然的に、お部屋の湿度が失われ、
お肌がカサカサに乾燥してしまいます。
また、直接暖房の風お肌に触れると、より乾燥してしまいます。

<その2 結露による水分の集約>

一般的な窓やアルミサッシは、
熱の伝導率が高いため、室温が暖まり、
外気との気温差が上がると、結露しやすくなります。
窓が結露することにより、部屋中心部の湿度が下がり、
お肌も乾燥して潤いを失うという実験データもあるようです。
また、結露を嫌うがために除湿機をガンガン使うことで、
より乾燥がひどくなることも要注意です。

内窓の設置や真空ガラスとの交換リフォームによって、
わずかな暖房でお部屋が暖めることができるようになります。
また、熱還流率が大幅に改善されるため、
結露が非常に出来にくくもなります。
エアコンやヒーター、除湿機を使う時間が短くなることで、
電気代の節約だけでなく、美容にも効果的なのです!

さまざまな角度から、メリットがたくさんの内窓。
女性の皆様、お財布のためにも、そしてご自身のお肌のためにも、
どうぞご検討くださいませ!