花粉を内窓でシャットアウト

 

花粉.jpg

いまや日本人の4人に1人が罹患しているといわれる花粉症。
特に2月から4月まで飛散する「スギ花粉」の花粉症は、
日本でおよそ2500万人が患っているといわれます。
花粉症は日本人の国民病のひとつといっても過言ではなさそうですね。

花粉症がひどい方はこの時期、
窓を閉め切って、外出から戻った時はしっかり花粉を払い落とし、
洗濯物も諦めて室内干しをされ、
かなり気を遣って生活してらっしゃることと思います。

けれど、それだけ花粉に気を遣っても、
鼻のムズムズが止まらない…ということも。

実は、日本の住宅には欠かせない二枚引き違い窓ですが、
この仕組の窓には意外に隙間があります。
窓を開け閉めするために必要な隙間で、数ミリのわずかな隙間ですが、
ここから花粉も出入りできてしまうわけです。

そこで注目していただきたいのが、内窓【インプラス】です。

LIXILの【インプラス】は、
いまある窓はそのままに、「窓の内側にもうひとつ窓を作る」
という窓リフォームです。

窓の内側に窓をとりつけることにより、
空気の出入りする隙間が少なくなるため、花粉をブロックする効果が高まります。
特に、インプラスは窓の合わせ目にもゴムのヒレがあり、
気密を保ってぴっちり閉まります

また、インプラスは気密性を高めるだけでなく、
今ある窓とインプラスとの間に空気層を作ることで、
夏の暑い日差しや冬の厳しい寒さにも負けない遮熱・断熱効果もあるため、
夏冬の冷暖房費の節約にもつながります

花粉でお悩みの方、
ぜひ、内窓の設置も検討してみてください!