室内にも侵入する紫外線を【内窓】でカット!

内窓と紫外線.jpg

夏に向け、どんどん強くなっていく紫外線
女性の美容にとって、一番の大敵です。

実はこの紫外線、屋外だけでなく、
屋内にいても影響があるのをご存知でしょうか?
その証拠に、窓際にある家具などが
色褪せてしまっていませんか?

つまり、外出時だけでなく、屋内にいるときでも、
紫外線対策をしないとアブナイということなのです。

とはいえ、
屋内でも日焼け止めを塗ったり、
家具すべてにUV加工をするのは難しいですよね?

そこで活躍するのが、やはり【内窓】です。

LIXILの内窓、インプラスを取り付けることで、
紫外線カット率がUPします。

内窓に使用するガラスの種類によってカット率は変わり、
単板ガラスや一般的な複層ガラスでは30~40%ですが、
次世代エネルギー基準に適合して
様々な環境に適合する「遮熱高断熱型 Low-E 複層ガラス
を使用することで紫外線カット率はなんと80%以上になります。

もちろん、遮熱効果も高いので、
冷房効率も高まります。

お肌だけでなく、お住まいの紫外線対策として、
LIXILの【内窓】インプラス、そして、
遮熱高断熱型 Low-E 複層ガラスをぜひご検討ください!

※上記紫外線カット率はガラスの光学測定データであり、
 カーテンや家具などの色褪せに対しての保証値ではありません。

内窓 201508-1施工後.jpg

今現在の断熱基準が定められたのは平成11年。

それ以前に建てられた約9割のお宅は断熱がされていません。

窓の断熱と一緒に、玄関ドアも断熱タイプに交換すると

さらにおうち全体の断熱効果がアップします。

LIXILのリシェントⅡなら工事はたったの1日で完了です。

リシェント事例⑤後.jpg

 

 

夏は熱の出入りはどこからかご存知でしょうか?

壁や屋根ではなく、ドアや窓などの開口部からが

なんと 70%もあるんです!

 

窓とドアを断熱化して健康で快適な暮らしを手に入れませんか。