内窓+スペーシアで防音&結露対策!

ピアノ横.jpg

晩春の穏やかな昼下がり。
暖かな陽光に庭を抜ける心地よい風。
そして、どこからか聞こえてくる美しいピアノの音色…。

想像しますと、なんとも優雅な雰囲気ですね。

ですが、実際のところ、
日本の狭く厳しい住宅事情の中では、
ピアノの音が聞こえるというだけで
騒音問題に発展しかねません。

これは都内23区のような都心に限らず、

中村建硝本店がある茨城県取手市のような郊外の住宅地でも同じ問題です。

ピアノに限らずですが、
楽器を演奏される方にとっては、
お住まいの防音はかなり苦慮されるところと思います。

ご自宅の壁や天井に防音シートを貼られるなどの
対策を行っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、実際に音が外に漏れるのは、
壁や天井よりも、やはり一番は窓からです。

窓からの音漏れを防ぎ、ご近所トラブルを回避するには、
LIXILのインプラスやYKKプラマードUなどの【内窓】の設置が効果的です。

もとからある窓(外窓)と内窓との間に生まれる空気層が障壁となり、
空気の振動による音の伝わりを遮断してくれるのです。

さらに、
内窓に取り付けるガラスを、
通常の一枚ガラスではなく、「真空ガラススペーシア」にすることで、
窓ガラスに含まれる真空層の効果により、
一層の遮音効果が期待できます。

さらにさらに、
内窓+スペーシアの組み合わせは、
結露予防にも強い威力を発揮します。
結露の水滴や湿った空気は、楽器の大敵です。
湿度が高いと、ピアノの調律も狂いやすくなるといいます。

本格的な防音室の工事には300万円以上かかることも。。。

まずは少額で済む、内窓工事で、ご近所トラブルを回避して快適な演奏を楽しんではいかがでしょうか。
【内窓】+【真空ガラススペーシア】をぜひご検討ください!