梅雨から夏にかけての内窓のメリット

梅雨窓.jpg

あっというまに、もうゴールデンウィークの時期になりました。
日差しも徐々に強まり、
風はさわやかで、とても過ごしやすい季節です。

ですが、この初夏の一時期が過ぎると、
今度はジメジメとした梅雨がきます。
さらに、梅雨が過ぎれば厳しい日差しの真夏がきます。

みなさん、去年の梅雨や真夏を思い出してください…。

窓が結露していませんでしたか…?

エアコンの冷房をガンガンかけていませんでしたか…?

日差しで家具が日焼けしてはいませんでしたか…?

梅雨から夏にかけての様々なお住まいの問題に対しても、
内窓や真空ガラススペーシアは
強い効果を発揮します。

高い遮熱性能によって、
梅雨時期に窓にできる結露も軽減できます。

また、窓からの日差しの熱を遮熱することで、
室温が上がるのを軽減。エアコンの設定温度も低めにキープできます。
それによって、冷房費の節約にもつながります。

また、窓を通して侵入してくる
紫外線の軽減にもつながります。
家具の日焼けだけでなく、
奥さまのお肌のシミや日焼けの対策にも繋がります。

夏場に辛い思い出がたくさんある方、
梅雨入り前のいまこそ、
窓の対策、一緒に考えてみましょう!!

お住いにあった窓リフォームをご提案いたします。

ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。