ガラスだけではない!窓で重要なのは…

ゴールデンウィークも終わり、
初夏の日差しも日に日に本格化してきております。
窓から刺さる日差しで汗ばむほどになってきました。

本格的な夏の到来を前に、
窓のリフォームをご検討されている方も多いことでしょう。

窓のリフォームを調べていると、
真空ガラスや複層ガラス、遮熱ガラス、断熱ガラス…。
窓選びに悩まれている方も多いことと思います。

しかし、窓選びにおいて重要なのは、
実は「ガラス」だけではないのです。

窓の断熱で重要なのは、「サッシ」です。

アルミサッシ.jpg

現在、日本の多くの住宅で使用されているサッシは、
アルミ製のサッシです。
アルミは安価で加工しやすいことから高い普及率となっていますが、
実は熱伝導率が高いという欠点があるのです。

そのアルミサッシに代わって
いま、主流となってきているのが、
「樹脂製サッシ」です。

たとえば、
LIXILの内窓、インプラスで使用している樹脂製サッシは、
熱伝導率がアルミサッシと比べ約1/1000
外気の温度に左右されにくい断熱効果だけでなく、
結露もできにくい防露効果にも優れています。

さらに、インプラスの樹脂製サッシは
業界初の「ダストバリア仕様」となっているので、
ホコリを寄せ付けず、お手入れもラクラクな仕様です!

夏場は日差しによって温められた熱い空気が室内に侵入してきます。
その進入場所は屋根や壁ではなくて、

なんと70%近くが窓から室内に入ってきます
真空ガラスやLow-E膜を備えた複層ガラスと合わせ、
樹脂製サッシも取り入れることで、
より高い遮熱・断熱効果を期待できます!

ご自宅のいまある窓がアルミサッシの方、
インプラスなどの内窓で、樹脂製サッシを取り入れましょう!

御見積もりは無料で行っています。

.

.

北区の内窓工事事例


お客様のお悩みは

「ガラス面が大きいせいか、エアコンが効かないのが悩み」ということでした。

 

調査にお伺いすると

大きな窓がリビングになるデザイナーズ住宅です。

デザインが良く素敵なリビングですが、ガラスが昔からの一枚ガラスで、断熱性はほぼ期待できない状態でした。

また、防音性能も低く近くの線路を電車が通るたびにテレビの音が聞こえにくいほどでした。

窓が変形のため、3社で取付を断られてからお問い合わせをいただいたそうです。

簡単に内窓が取付できる窓ではありませんでしたが、創意工夫で工事させて頂きました。

 

内窓 201508-1施工前.jpg

 

内窓 201508-1施工後.jpg

 

後日お客様から頂いたご感想は下記の通りです。

「外からの騒音が全然聞こえなくなった」

「エアコンがしっかり効くようになったので快適」

 

効果を感じて頂いて売れしく思います。

今回の内窓工事金額は

LIXILインプラス 真空ガラスクリアFit入り 7台 385,500円

工事代 65,000円

 

御見積もり、お問い合わせお待ちしています。

8036-米満様.jpg米満