窓周辺の3つの遮熱方法

すだれ.jpg

日中の日差しが、本格化してきました。
じりじりと焼くような日差しが窓から差し込むと、
お部屋の中の室温はぐんぐんと上がります。

これからの季節、冷房が欠かせない存在となってきますが、
窓からの強い日差しは、冷房の効果をダウンさせてしまいます。
省エネかつエコに夏を乗り切るためには、
窓からの日差しへの対策が重要です。

さて、窓の遮熱対策を考えたとき、
窓周辺での対策としては大きく3種の対策があります。

その1.窓の外側

その2.いまある窓自体

その3.窓の内側

 

1.窓の外側で遮熱する方法

最も簡単で代表的な方法が、窓の外側での遮熱です。
わかりやすい例は、「よしず」を掛けることでしょう。
ただし、「よしず」には部屋が暗くなってしまったり、
片付けの手間が面倒だったり、というデメリットもあります。
雨戸付きの窓であればブラインド式の
「通風雨戸」に交換するのがおススメです。

 

2.いまある窓自体で遮熱する

窓ガラス自体で遮熱することのメリットは、
お住まいの外観にも内観にも影響を与えず、
窓自体の使い勝手にも悪影響がない。
そして、お手軽にリフォームできるということです。
いまあるサッシはそのままで、ガラスだけを
真空ガラス「スペーシア」「スペーシアクール」に換えることで、
驚くほどの遮熱効果を得ることが可能です。

 

3.窓の内側で遮熱する

マンションなどで窓の外側への雨戸の新設や、
窓ガラス自体の交換が難しい場合、
あるいは防音対策も兼ねたいという場合には、
窓の内側に「内窓」を設置することがおすすめです。
いまある窓の内側に、新たに窓を設置することで、
窓と窓の間の空気層が遮熱・断熱の役割をします。
内窓のガラスを遮熱用ガラスや真空ガラススペーシアにすると、
さらなる遮熱効果UPが期待できます。

以上、窓のどこで遮熱をするか、
3つのパターンを大まかに説明させていただきました。
中村建硝では、すべてのパターンに対応が可能です。
お住まいの形状やお悩みによって、
おすすめの遮熱方法も変わってきますので、
ぜひお気軽にご相談くださいませ!

 

窓だけでなく、玄関ドアも断熱で行きます。

断熱玄関ドアはこちらをご覧ください。