ガラスを交換するだけの速快「窓リフォーム」

夏女性.jpg

先日までの五月晴れがうそのように、
どんよりとした薄曇りの空が広がっています。
昨日6月5日、「関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる」
という気象庁の発表がありました。
一刻も早い梅雨明けが待ち遠しいところですが、
今年の梅雨は長くなる、との噂もありますね。
高温多湿で結露も発生しやすいこの梅雨を、
なんとか少しでも快適に乗り切っていきたいものですね。

とはいえ、除湿機やエアコンのドライを梅雨の期間中
ずっと使用するのはまったくもってエコではありません

さらには、梅雨が終われば、すぐに真夏です。
ついついエアコンの設定温度を下げてしまいますが、
そのぶん冷房費もどんどんかさんでしまいます

これからの梅雨や真夏を快適に乗り切るために、
すぐにできる対策はないか……?

あるんです。

それは、窓のリフォームです。

夏のお住まいの熱は、約70%が窓から侵入します。
この熱を遮断することが、
快適&エコに夏を乗り切るための必須事項です。

 

1305_SA_1002A.JPG

そして、最も簡単な窓リフォームが、
いまある窓の「サッシはそのまま」で、
ガラスだけ交換する」というものです。

もちろん、ただのガラスに交換するのではありません。
日本板硝子社の世界で初めて作られた
真空ガラス「スペーシア」に交換するのです。

「スペーシア」はガラスとガラスの間に真空層を作ることで、
一般的な複層ガラスの約2倍の断熱性能を実現。
魔法瓶と同じ原理で、
熱の「伝導」と「対流」を真空層によって防ぎ、
さらに熱の「放射」を特殊な金属膜(Low-E膜)で抑えることで、
高い断熱性能を発揮するのです。

さらに、高性能の「スペーシアクール」は、
遮熱性能にも優れたLow-E膜を採用しているため、
普通の1枚ガラスの約4倍の遮熱性能を発揮。
窓から侵入する太陽熱の約半分をカットするので、
冷房の効きが良く、いつでもお部屋が快適です!

スペーシアクールは、冬場の断熱性能も高いため、
年間を通じての冷暖房費を最大45%カットも見込めます。

そしてなにより、
窓ガラスを交換するだけという簡単なリフォームなので、
ガラス1枚あたり約30分で取り換えが可能です。
大規模なリフォームによる一時移住などは必要ありません!

お住まいの梅雨場の結露が気になる方、
夏場の高温でお悩みの方、

窓ガラスは日本板硝子の真空ガラススペーシアに交換

玄関ドアはLIXILリシェントⅡの断熱ドアに交換

で快適で健康な生活を手に入れませんか?
ぜひ一度、お気軽にご相談ください!