エアコンが効かないのは窓のせいかもしれません

今年も暑い季節がやってきました。

梅雨のじめじめもつらいですが、最近の猛暑は耐えがたいほどです。

  

夏になると家電メーカーが盛んにエアコンのCMを流しますが、

エアコンを新しくしても窓の断熱をしないと、電気代が垂れ流しになっているのは

ご存知でしょうか?

1305_SA_1002A.JPG

 

じつは夏の暑さは窓からやってくるんです

屋根のような直射日光が当たるところが暑さの原因に感じられますが、

屋根は家に入ってくる熱の原因の11%だけ。

窓から入ってくる熱は73%もあるんです。

びっくりしませんか?

  

これは、逆にエアコンで冷やした室内の空気が

窓からどんどん逃げていることになります。

つまり、どんなに性能の良いエアコンを取り付けても

窓を断熱しないと、冷えた空気が窓から逃げるので

電気代はかかる一方なんです。

エコのためにも最新式のエアコンにしたのに

電気代があまり変わらない、なんて時には

窓の断熱性能の低さがもっとも疑われます。

これではがっかりですよね

  

では、窓の断熱はどうしたらいいのでしょうか?

一番簡単な方法はガラスを断熱ガラスに替えること!

例えば日本板硝子の真空ガラススペーシアなら、

3ミリ厚の1枚ガラスに比べて、4倍も断熱してくれます。

さらに遮熱タイプのスペーシアクールなら

太陽熱がお部屋に侵入する前にを半分カットしてくれます。

もちろんカーテンやすだれは太陽熱を防ぐのにとっても有効ですが、

カーテンを閉めっぱなしにするのはお部屋が暗くなるし、

すだれは、泥棒が隠れやすくなるので防犯上はとっても危険です。

簡単に断熱できて快適なほうがいいと思いませんか。

  

日本板硝子のシミュレーションによると、

エネルギー削減率がスペーシアクールは1枚ガラスと比べて約45%。

冬は1枚ガラスが8℃で結露するのに対し、マイナス38℃まで結露しません!

これってすごくないですか。

 

窓の断熱の効果はなかなか想像しにくいものですが、

実際に工事してみるとその快適性は目を見張るものです。

なんたってエアコンはよく効くし、

結露もしなくなるんですから!

 

真空ガラスは予算によってもお選びいただけます。

断熱性能を示す熱還流率は筋が低いほどいいのですが、

クリアFit 熱還流率2.6 工事費込み価格25,000円 (幅100cm高さ100cm)

スペーシア 熱還流率1.4 工事費込み価格39,000円 (幅100cm高さ100cm)

スペーシアクール 熱還流率1.0 工事費込み価格42,000円 (幅100cm高さ100cm)

となっています。

 

内窓のように窓が二重にならずに断熱できる真空ガラス!

ガラスを交換するだけなので、窓の使い勝手は変わりません。

 

窓リフォームマイスターでは下記のエリアならお見積りは無料です。

[東京都]
葛飾区、足立区、江戸川区、荒川区、台東区、墨田区
北区、豊島区、文京区、千代田区、中央区、江東区
   

[茨城県]
取手市、守谷市、つくばみらい市、龍ヶ崎市、利根町、牛久市
つくば市、常総市、土浦市、阿見町、美浦村、稲敷市、河内町
河内町、坂東市、下妻市、潮来市
 
[千葉県]
印西市、我孫子市、柏市、流山市、松戸市
我孫子市、神崎町、成田市、栄町、
鎌ケ谷市、白井市
 

上記エリアなら高断熱の玄関ドアに交換する工事もお見積りが無料。

製品代はなんと50%OFFなんです。

 

 

断熱性の高いおうちで過ごすことは健康につながることが証明されてきています。

我慢強さも美徳ではありますが、病気になって元も子もないありません。

窓を高断熱化して快適で健康な暮らしを手に入れましょう!