われわれ日本人の我慢強さは美徳ですが、健康な生活のためには暑さや寒さに耐える生活はお勧めできません

日本人はかつてより我慢強さを美徳としてきました。

それはおうちの中の温度に関しても同じ。

「少し暗い寒さに耐えないと風邪をひきやすくなる」

「暑いのくらい我慢して電気代を節約しないと」

などといった具合です。

 

礼節を重んじる我々日本人の美徳は大切だと思いますが、

暑さや寒さを我慢して体調を崩しては本末転倒。

科学的にも寒い部屋で過ごすと体調を崩しやすいことが証明されてきています。

最近よく問題にされるヒートショックによる心疾患も心配です。

ヒートショックに関して詳しくは こちらをクリック

 

また、暑さも同様に体調に悪影響があります。

実は家の中で熱中症にかかる方が増えているんです。

シニアの方は我慢強いので余計に心配です。

熱中症に関しては こちらをクリック

 

では、エコでありながら、健康的な暮らしを手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

それには熱の出入り口である窓の断熱性能を高めることが重要です。

多くの熱の出入りがある窓を断熱化すれば、

夏は外の熱気が遮断され、一度冷やした室温も暖まりにくくなります。

冬も外の冷気を遮断し、温めた室温が冷やされにくくなります。

このことで冷暖房効率が上がり、電気代も節約が可能に!

さらに熱中症や心疾患の恐れのあるヒートショックの予防にもなります。

 

窓の断熱方法は2つ!

・ガラスを真空ガラススペーシアに交換

・今の窓の内側にさらに窓を取り付けて二重窓にする。LIXILの内窓インプラスを取り付け

 

では、どちらにしたらよいのでしょうか?

まずはご家族で話し合っていただき、

窓断熱のために窓が二重になってもいいかを決めてください。

二重でもよければ内窓、

二重になるのは嫌ならガラスをスペーシアに

というのが一つの判断基準です。

 

窓リフォームマイスターのサイトをご覧いただくと

ガラスと内窓選びのチャートがあるので悩まずにご希望に沿った断熱方法がお選びいただけます。

窓リフォームマイスターのチャートは こちらをクリック

 

shoene_fig01.png

 

玄関ドアの断熱化も効果的です。

詳しくは玄関ドアのリフォーム屋さん中村けんしょうのページをご覧ください。