ペアガラスに関する詐欺にご注意!

先日あるお客様からのご相談で、びっくりな詐欺的営業が行われていることが分かりました。

 

お客様曰く、ガラスをペアガラスに交換を勧めるリフォーム会社の営業マンAさんが言うには、

・ペアガラスにすると防犯的に安心

・ペアガラスにすると防音になる

・ペアガラスにすれば結露しなくなる

 

これ、全部ウソです。

もしくはガラスのことを何も知らずにAさんが勝手に話を作っています。

好意的に見てもガラスのことを何も知らなすぎです。

 

まず、「防犯」に関して。

一般的なペアガラスは2枚のガラスの間に乾燥空気を入れて製作されています。

ペアガラスを窓サッシにはめ込めば、ガラスは2枚になりますが、1枚当たりの強度は変わりません。

泥棒からすると、簡単に割れるガラスが2枚になっただけ。

残念ながら犯罪を防ぐほど時間をかせぐ防犯性能は一般のペアガラスにはございません。

 

次に、「防音」に関して。

結論から申し上げますとペアガラスには防音性能がアップする効果はありません。

ペアガラスには、”共鳴現象”があります。

これは2枚のガラスが太鼓のようにお互い響き合ってしまう現象です。

とくに、低音域で起きやすくなっています。

道路の振動音のような低い音を防ぎたいときにペアガラスに交換しても逆効果、

なんてこともありますので、ご注意ください。

断熱と防音が目的であれば、共鳴現象の無い真空ガラススペーシアがおすすめです。

 

最後に、「結露」に関して。

ガラスを交換すると結露がなくなる。という説明をする業者は詐欺ですので関わらない方がいいです。

確かにペアガラスは単板ガラスより断熱性能があるので

結露しにくくはなりますが、全く結露しないということは絶対にありません。

日本板硝子のシミュレーションによると、

室温20℃、室内湿度70%の時に結露が発生する外気温度は下記の通りです。

3ミリ透明ガラス 12℃

複層ガラス 5℃

真空ガラススペーシア -9℃

真空ガラススペーシアクール -20℃

 

 

このようにガラスには特徴があります。

残念ながら間違えた情報を宣伝する会社が存在するようです。

ガラス工事はガラス専門会社に!が基本です。

 

489161.jpg