結露を防ぐ!暮らし方のポイント

梅雨窓.jpg

内窓を設置する理由の一つに、
結露の悩み」が挙げられます。

結露は、室内と室外の温度差が大きく、室内の湿度が高い場合、
季節を問わずに自然現象として発生します。

一般的に、結露の発生を抑えるポイントは以下の3つです。


①断熱リフォームを行う

断熱性能の良い窓の設置や、壁に断熱材を入れるなど、
住まいの断熱性・気密性を高める。


②換気を十分にする

換気設備の利用や、窓をこまめに開閉して換気することで、
室内の水蒸気を外に逃がす。


③水蒸気の発生を抑える

暮らし方を工夫し、水蒸気の発生そのものを減らし、
過度な加湿を抑える。

 

しかし、注意点として、
内窓の設置によって断熱リフォームをした場合、
気密性能が高まることによって
部分的に結露が発生しやすくなるということもあります

断熱化をするだけでなく、
同時に暮らし方にも気を付けることによって、
より結露が発生しにくい環境を作ることが可能です!

【  暮らし方の注意点  】
○洗濯物を室内に干さない
出来るだけ外に干す。浴室換気乾燥機なども有効。

○カーテン・ブラインド・障子などを長時間閉め切りにしない
水蒸気を内にこもらせないないように、多少開けるだけでも効果的。

○草木のある場所は換気する
特に大型の観葉植物のある部屋は、こまめに換気。l

○人の呼吸や発汗も一因
寝る前に窓を開けるなど、通風を良くすること。

○入浴後のフタやドアに注意
浴槽のフタの開けっ放しや、浴室ドアの閉め忘れに注意。

○炊事・食事の際は換気を
水蒸気の発生する調理時や食事の際は、可能な限り換気する。

○加湿器の使用は控えめに
冬場でも、過度な利用は控えるべき。

○梅雨の除湿器は効果的
除湿器は湿度の高い季節には有効です。

○開放型暖房機器の使用を控える
ガスストーブ、石油ファンヒーターなど、燃焼ガスを室内に放出する
開放型暖房機器の使用は、結露の一因となる。

以上、いかがでしょうか?
内窓の設置とあわせ、ぜひご家庭で実践してみてください!