真空層が決め手!真空ガラススペーシア

断熱マグ.jpg

いまある窓の「サッシはそのまま」で、
ガラスだけを交換するだけで驚きの断熱効果を発揮してくれる
日本板硝子社の真空ガラス「スペーシア」シリーズ。

一般的な単板ガラス用で使用しているサッシを
そのまま利用することができるので、
例えば壁面リフォームなどをするのと比べ、
時間も短時間、費用も低予算で済みます!

お手軽な上に、高い断熱効果を発揮する
真空ガラス「スペーシア」ですが、
その秘訣は「0.2mmの真空層」にあります。

真空層の効果をわかりやすく知るには、
最近流行りの「真空断熱マグ」などをイメージすると
わかりやすいと思います。

今の時期、氷を入れた冷たい麦茶を普通のグラスに注ぐと、
グラスの内側と外側の温度差の関係で、
必ずグラスの表面に「水滴」が付きます。

これは、お住いで考えると、
冬場の寒い外の気温が、グラスの冷たい内側、
暖房の効いた室内が、常温のグラスの外側です。
通常の窓ガラスでは、グラスに水滴がつくように、
窓ガラスの室内側にびっしりと「結露」が生じてしまいます。

普通のグラスにしろ、普通の窓ガラスにしろ、
内と外の温度がガラスを挟んで触れ合ってしまい、
空気中に含まれていた水蒸気が冷やされて水滴化してしまうわけです。

一方、流行りの真空断熱マグは、
コップの内側が二重構造になっています。
真空の層を挟んでいることで、
内側と外側の温度差を「断熱」しているため、
マグの外側に水滴がつくことがないのです!

同じく、真空ガラス「スペーシア」も、
二重構造となっており、ガラスとガラスの間に、
真空の層を挟んでおり、高い断熱効果を発揮します。

それにより、冬は寒い外の冷気の侵入を防ぎ、
結露の発生を大幅に防いでくれるわけです。

また、遮熱効果も高い「スペーシアクール」なら、
太陽光の熱も半分にカットし、冷房効率もアップ!

ご自宅で真空断熱マグをご利用の方、
その効果はよくご存じと思います。
その効果、ぜひ、窓でも発揮させましょう!

中村建硝は、今なら3窓以上のご契約で、
工事費がなんと無料です!!
さらに低予算でお得な窓リフォーム、
真空ガラス「スペーシア」への交換をぜひご検討ください!

 

また、玄関の断熱、勝手口ドアの断熱をお考えの方には

カバー工法で壁を壊さずにリフォームできるLIXILリシェントがおすすめです。

ただいま玄関ドアリシェントⅡの交換工事はカードキーを標準でサービス中!

こちらのサイトで簡単にお見積りが可能です。