明るさそのまま、熱と紫外線をカット!

インプラスの遮熱.jpg

関東地方も梅雨明けし、
ついに本格的な真夏に突入しました。

日差しの強さも厳しくなり、
室内にいても窓から差し込む日の光が、
じりじりと肌を焦がすのを感じるほどです。

夏に室内に侵入してくる熱の内、
なんと約70%が窓などの開口部から侵入しています。
熱の侵入によってエアコンの冷房効率がダウンするだけでなく、
紫外線によるインテリアへのダメージは避けられません。

夏場のお住まいの日差し対策としては、
伝統的な「すだれ」や「よしず」などの和風の日除けの他、
「サンシェード」や「オーニング」といった洋風の日除け、
あるいは雨戸を閉めたり、遮光カーテンをかけたり
といった対策があります。

しかしながら、
こういった日差し対策は、
せっかくの景色が楽しめなくなってしまったり、
光を遮りすぎて暗くなってしまったり、
そもそも紫外線は遮れてなかったり、
という問題点があります。

そこでおすすめなのが、
遮熱タイプの「内窓リフォーム」です。

内窓とひとことで言っても、
内窓に使用するガラスのタイプを選ぶことで
得られる効果は様々です。

内窓に使用するガラスを
遮熱高断熱型のガラスや真空ガラススペーシアクール
することによって、高い遮熱効果が得られるだけでなく、
ガラスなので外の明るい光はしっかりと取り込みつつ
不要な熱と紫外線だけカットすることができます。

しかも、内窓リフォームの利点は、
その工事時間の短さ。
通常の工事であれば、1窓あたり約1時間で工事可能です。

厳しい夏をエコに乗り切るためにも、
ぜひ内窓リフォームをご検討ください!