寝苦しい熱帯夜もエコに解決!

夜の窓辺.jpg

梅雨明けと同時に各地で夏の暑さが本格化し、
連日のように熱帯夜が続いています。

夏場は寝室のエアコンを夜通しかけっ放しという人や、
エアコンと扇風機ダブル使い、という方もいるでしょう。

ですが、窓の断熱性能が悪いままエアコンのかけっぱなしでは、

穴の開いたコップに水を注ぎ続けるようなもの。

そこでおすすめなのが、
やはり「内窓」です。

Low-E複層ガラスを内窓に入れれば、

日中は遮熱効果が力を発揮、
夜には「断熱」効果が本領を発揮します。

室内のすべての窓に内窓を設置してあるお部屋は、
冷房の効果・効率がグンと高まります。

魔法瓶のような保冷効果
によって
屋外の気温の影響を受けにくくなるので、
部屋の温度は一定に保たれ、
寝る前に一時的に冷房で適温に冷やすだけで、
一晩中涼しく過ごすことができます

夏場の熱帯夜は、脱水症状を引き起こす原因にもなりやすく、
体に大きな負担もかけます。

エコに、そして健康に夏を乗り切るためにも、
ぜひ内窓をおためしください!!