我孫子市|内窓施工事例|窓リフォームマイスター

「ベランダに出るドアが寒くて」

「あと出窓もそばにいると足元が寒いんだよね」

 

T様のお悩みは冬の寒さでした。

工事前のガラスは20年前までは一般的でした3ミリ透明ガラス。

室内からガラスを触ってみると分かりますが、外の寒さが直接伝わるほど冷たくなってしまいます。

 

ガラスで冷やされた空気は室内の足元に広がるので(コールドドラフト現象と言います)

エアコンで部屋を暖めても、足元が寒い。。。

という状態になってしまうのです。

 

これを解決するには、窓の断熱性能を上げるしかありません。

おすすめの方法は2つ

1.内窓を取り付けて窓を二重窓にする

2.ガラスを断熱性の高いガラスに交換する

どちらの方法もメリットとデメリットがございます。

 

1.内窓

(メリット)

・今のサッシが古くても内窓で隙間風までシャットアウトできる

・防音効果が高い

・鍵が二重になる

・マンションでも許可なく工事ができる

(デメリット)

・掃除する窓が増える

・開閉が2回になる

2.硝子交換(真空ガラススペーシア)

(メリット)

・もともとのサッシを使ってガラスだけ交換できる

・防音ガラス並みの防音性能

(デメリット)

・サッシの気密性は変わらない

・マンションの場合管理組合等の承認が必要

以上のようにそれぞれ特徴があります。

 

迷った場合は窓リフォームマイスターのこちらのページを参考にしてみてください 

我孫子市のT様の工事後の写真です

abiko Tsama uchimado1

ドアに取り付けた内窓です

abiko Tsama uchimado2

出窓に取り付けた内窓です

我孫子市T様からは

「出窓のそばのソファーでも、背中が寒くなくなったんですよ」

「エアコンがすぐに効くようになりました」

というご感想をいただけました。

 

T様の工事は8か所の内窓取付で下記の金額でした。

製品代 LIXILインプラス 遮熱高断熱複層ガラス入り 8台 315,000円 (定価の55%OFF)

 

中村建硝ではLIXILの協力をいただき只今、内窓インプラスの大幅値引き中です。

お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。