エコ窓の防犯性能に関して

今回はエコ窓の防犯性能に関して書きたいと思います。

このブログを読んで下さっている方はこんな不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

近所に泥棒が入ったことがあり治安が悪いので家にも入らないか心配だ。

防犯対策なんて考えたことないしましてやそんな事にお金を掛けられない。

防犯対策を気軽に相談出来ない。

防犯対策というものはあまり考えたくないことかもしれませんがやはり考えなければならない重要な問題ですね。

エコ窓には断熱、省エネといった先のブログで挙げた性能以外にも防犯性能も充実しています。

統計では泥棒の侵入は7割が窓からとなっています。

泥棒が狙うのは簡単に破る事の出来る1重窓です。

1重窓を見つけた泥棒はそれを見てどう思うでしょうか。

「アルミ面の格子が付いているだけだ。しめしめ破って侵入してやろう」と思うはずです。

このように簡単に破ることが出来ると思わせるので1重窓が泥棒に狙われ易いのです。

この1重窓を2重窓にすることで泥棒が侵入に手こずる窓になり防犯面での安心が期待できます。

まず泥棒が窓に目をつけます。ここで2重窓であることを確認すると2重窓であることから面倒になります。

いざ破壊に着手しようとしても2重窓であることからめんどくさがります。

そして侵入をあきらめるのです。

エコ窓の構成はフィルム、室内側ガラス、室外側ガラスで構成されており、

二枚のガラス間に耐貫通性の高い中間膜を挟んだ合わせガラスを挟んでいます。

一部を除く中間膜はPVB樹脂(ポリビニルプチラール樹脂)と呼ばれるものです。

最高グレードの防犯ガラスには、ポリカーボネート樹脂をPVB樹脂で接着した製品もあります。

ガラスの間に強度と柔軟性に優れたフィルムを挟んでいるためたたいても貫通に時間が掛かるのです。

下の写真は2重窓と1重窓を比較した写真です。

下が一枚ガラスです。派手にヒビが入っています。上は合わせガラスでたたいた後はありますが小さなヒビしか入っていません。

さらにエコ窓には以下の画像のように錠が貼り付けてあります。これを掛ける事で防犯性能はさらに強固なものとなります。

右の引き違い窓はさらに暗証番号を押す必要があります。

このようにエコ窓には2枚ガラス、2重ロック、暗証番号と3段階の防犯機能が完備されています。

さて2重窓を確認して侵入をあきらめた泥棒以外にもなんとか侵入してくるしつこい泥棒もいます。

しかしいざ窓を割ろうとしても割れない。

警視庁の聞き取り捜査によると侵入に5分かかると泥棒の70%が、10分以上掛かると90%以上が犯行をあきらめます。

さらに製品のステッカーを貼ればそれを泥棒が見ることになり防犯効果が増します。

つまり商品ステッカーが泥棒の抑止力になるのです。

さらに代表的なエコ窓であるプラマードUは対面からの目隠し効果が搭載されており中が見えません。

防音サッシ「プラマードU」をつけることで既存の窓の他にワンクッションおくので

昼夜とも家の中が丸見えになる事がなく外からの視線に対して安心感が生まれるのです。

お風呂やトイレといった場所につければのぞきなどの犯罪の抑止にもつながります。

防犯に悩みを持つお客様はぜひエコ窓の導入をご検討下さい。

泥棒、のぞきの防犯の一石二鳥の効果が得られます。