窓に貼るプチプチ断熱シートについて

最近は窓に使える断熱材も様々なタイプの物が増えてきました。その中の一つにプチプチ断熱シートがあります。プチプチ断熱シートは荷物を梱包する際に箱の隙間に差し込んだり荷物を包むことで衝撃を抑えることが出来るあの潰すとプチっという音が鳴るシートによく似た形状をしています。そこで今回はそんなプチプチ断熱シートについてご紹介します。安価で手に入ってしっかりとした効果を得られますので興味のある方は是非購入してみて下さい。

プチプチ断熱シートの貼り方

プチプチ断熱シートを貼る方法はとても簡単です。窓の汚れを拭き取って、スプレーなどで窓を濡らして、凹凸がついている面を窓に張り付けるだけです。それ以外に特別な道具は必要ありませんのでとても簡単に貼ることが出来ます。

プチプチ断熱シートの大きさは種類によって変わりますが100円ショップで売っている物であれば窓1枚分もしくは2枚分がセットになって入っています。もし窓の大きさ以上の大きさのプチプチ断熱シートを購入した場合は窓の大きさに合わせてハサミで切ってから貼り付けてください。

ポイントとなるのは一番最初に窓の汚れを拭き取っておくことです。窓にホコリが残っている状態だとプチプチ断熱シートをしっかり貼ることが出来ないのでしばらく経つと剥がれて来てしまいます。そのため貼る前には窓をしっかり拭いて(場合によっては洗剤も使って)下さい。

プチプチ断熱シートの効果

断熱効果

プチプチ断熱シートで得られる主な効果は断熱効果です。プチプチ断熱シートを窓に貼ると外気の侵入を防いでくれるので冬場に窓から入って来る冷たい空気を防いでエアコンを効率良く使用することが出来ます。

結露防止

プチプチ断熱シートを貼ると窓に発生する結露を防ぐことも出来ます。結露は室内がエアコンなどで温められた状態で外の冷たい空気に触れると空気中の水蒸気が水滴となり、窓に付着することで結露となります。しかしプチプチ断熱シートを窓に貼っておけば外気の侵入を防いでくれるので結露を防止すると同時に室温の低下も防いでくれます。当然結露が原因となる窓際のカビの発生も防いでくれます。

プライバシー保護

プチプチ断熱シートはプライバシー保護を目的としたグッズではないですが窓に貼ることで半透明のガラスのような色合いになるので結果的にプライバシー保護効果も期待できます。外からの目が気になる方にはお勧めです。

プチプチ断熱シートの注意点

断熱効果や結露防止に期待が持てるプチプチ断熱シートですが注意点がいくつか存在します。まずプチプチ断熱シートを水だけで貼れるのはごく一般的な窓ガラスのみです。すりガラスのような表面に元から凹凸がついているガラスは水では貼ることが出来ないので両面テープなどを使って貼る必要があります。

日光が入らなくなる

プチプチ断熱シートを貼ると外気の温度を防ぐだけでなく室内に入って来る日光の量も減ってしまいます。車のスモークの様に完全に遮断してしまうわけではないですが窓が半透明になってしまうので若干部屋に差し込む日光が減ってしまいます。だからと言って部屋の温度が下がってしまうわけではなく、日光の遮断よりも断熱効果の方が高いので冬場の防寒対策としては十分に効果を発揮してくれます。

もし日光を入れて部屋を暖めたいという方は窓の上側を残して下半分にだけプチプチ断熱シートを貼ってください。冷たい空気は下に溜まる傾向があるので下半分だけでもプチプチ断熱シートの防寒効果を十分得ることが出来ます。

見た目が気になるかも

プチプチ断熱シートを貼ると中には見た目の悪さが気になる方もいるかもしれません。プチプチ断熱シートというグッズとはいえ見た目は梱包資材と一緒なので来客の際に「貧乏くさい」と思われてしまうかもしれません。有事の際だけでもなんとかしたいという場合にはその時だけ窓から剥がしてしまいましょう。プチプチ断熱シートは一度窓から剥がしても同じ手順で張り直せば同じように使用することが出来ます。

夏場でも効果アリ?

プチプチ断熱シートは断熱効果があるので冬場に活躍するグッズとして知られています。ではプチプチ断熱シートを夏場に使用したらどうなるのでしょうか?

夏場でも効果アリ!

プチプチ断熱シートは外気の温度が室内に侵入することと室内の温度を外気に逃がさない効果が期待できます。そのため夏場のエアコンが効いた部屋にプチプチ断熱シートを貼れば涼しい空気が外に漏れなくなるのでエアコンを経済的に使用することが出来ます。またプチプチ断熱シートは外気の暑さと直射日光も防いでくれます。よってプチプチ断熱シートは夏場でも十分効果を発揮してくれます。

ただしプチプチ断熱シートはあくまでも室内外の気温の行き来を防ぐだけなので張っただけで気温が下がるわけではありません。部屋を涼しくするためには冷房器具の使用がマストになりますので気を付けて下さい。

緩衝材のプチプチシートは使えるか?

市販のプチプチ断熱シートが十分な効果を発揮してくれるならば梱包資材として使われている緩衝材のプチプチシートを貼っても同じ様な効果を得られるのでしょうか?実はプチプチ断熱シートと緩衝材のプチプチシートは似ているようで異なった形状をしています。

断熱シートと緩衝材の違い

緩衝材のプチプチシートはシートの部分が片側だけしかないのに対して、プチプチ断熱シートは両面共にシートになっていて内部に凹凸による空気の層が出来ています。両面にシートがついていることにより空気の層が広くなるので断熱効果も高くなります。つまり緩衝材のプチプチシートでも貼ればある程度の断熱効果は期待できますがプチプチ断熱シート程ではありません。よってちゃんとした断熱効果を得る為にはプチプチ断熱シートを貼る必要があります。

プチプチシート使用時の注意点

どうしてもプチプチ断熱シートが手に入らず緩衝材のプチプチシートを使用する場合には、注意点として凹凸がついている面を窓に向けて貼って下さい。凹凸面を窓に張り付けることで空気の層によって断熱効果を少し上げることが出来ます。

冬でも夏でも使えるプチプチ断熱シート

いかがでしたでしょうか。プチプチ断熱シートは安価で手に入り断熱効果や結露防止が期待できますので大変便利です。プチプチ断熱シートの断熱効果は冬でも夏でも効果を期待できますので温度差の激しい季節には是非活用してみて下さい。