二重窓のリフォームによる効果

これからどんどん熱くなってくる時期にエアコンを点けても外の熱気が入ってきて全然部屋が涼しくならなずに困っていませんか?あるいは梅雨の時期に窓周辺に発生する結露の処理を面倒に感じていませんか?あるいは外の騒音や泥棒の侵入の可能性に困っていませんか?

実はそれらの悩みはリフォームして二重窓を設置することで全て解決することが出来ます。二重窓とは部屋の内側にもう一枚の窓を設置する事なのですが、二重窓は様々な部屋の悩みを解決してくれるので現在とても人気のあるリフォームと言われています。今回はそんな二重窓を設置することでどんな効果が得られるのかをご紹介します。

 

二重窓による効果①断熱効果

 

二重窓による効果の中でも一番優れていると言われているのが断熱効果です。ごく一般的な窓ガラス1枚だけだと外からくる夏の熱気や冬の冷気を防げずに室内へ通してしまいますが二重窓にすることで外気の温度をシャットアウトすることが出来ます。

窓は住宅設備の中でも最も気温の出入りが激しい部分と言われていて、1戸建ての場合夏に外の熱気が入って来る原因の71%は窓からの侵入だと言われており、冬に室内の温度が外に逃げてしまう原因の48%が窓からだと言われています。また一般の住宅に設置されている単板ガラスの断熱性能はトタン1枚分とほとんど変わらないと言われているので住宅の壁や屋根が現在に至るまでどんどん進化してきたにもかかわらず窓ガラスは以外にも昭和の頃でストップしてしまっている住宅が多いのです。

窓からの気温の出入りが激しいとエアコンの効果が半減してしまいます。夏は冷房を点けても涼しくならず、冬は暖房を点けても暖かくならずおまけに結露まで発生してしまいます。そうなるとエアコンの効果を上げようとして必要以上に設定温度を下げて(上げて)しまいエアコンの電気代がかさんでしまう事になります。しかし二重窓を設置すれば室内外の気温の出入りを抑えることが出来るのでエアコンの設定温度を必要以上に上げる必要がなくなるので経済的になりエコにも良いです。

最近は省エネ機能が搭載されたエアコンが続出しておりそれらを使用する事でも勿論電気代を抑えることは出来ますが窓からの気温の出入りを改善しているわけではないので結局それだけでは部屋は暑い(寒い)ままです。二重窓を設置すれば温度差を元から無くすことが出来るのでとても効率の良いエコリフォームを実現できます。

 

二重窓による効果②結露の防止

 

二重窓を設置することで窓に結露が発生することを防ぐことが出来ます。そもそも結露が発生する原因は冬や梅雨などの外の気温が冷たい時期に室内の暖かい空気が冷え切った窓に触れると空気中の水蒸気が水滴に変わり窓に付着することで結露となります。

結露は冷たい水なので放置しておくとエアコンを点けても部屋が暖まらなくなってしまいますし、ほこりやゴミと接触することでカビの原因にもなってしまいます。しかし二重窓を設置すれば結露の原因となる室内外の気温差をなくすことが出来ますので、より効率良く冬場のエアコンを使用することが出来ます。

二重窓による効果③騒音防止・防犯効果

 

二重窓を設置することによって得られる効果は気温に関する事だけではなくプライベート保護にも影響します。交通量の激しい地域や大きい音の出る施設の付近に住んでいる方は外の騒音に悩まされているかと思いますが二重窓は単純に窓ガラスによる外との壁を二重にすることなので騒音の侵入を防ぐことに加えて室内の音漏れを防ぐことにも繋がります。

また泥棒などの不審者の侵入ルートはほとんどが窓ガラスからの侵入と言われていますが、実際に単板ガラス1枚だけでは簡単に外から侵入することが可能になってしまいます。しかし二重窓を設置することで防壁を2倍にして防犯効果を強化することが出来ます。さらに騒音防止・防犯効果に関しては設置する窓ガラスを騒音防止・防犯効果に特化した特殊加工されたガラスにすることでより一層強い効果を期待できます。

良いことづくめの二重窓

いかがでしたでしょうか。二重窓にリフォームするとエアコンの効率化やプライバシー保護などを見直してより快適な生活を実現することが出来ます。窓は住宅設備の中でも進歩が進んでいない部分と言われているので興味がある方は是非二重窓を設置してみて下さい。