二重窓のガラスの種類(複層ガラス編)

窓のリフォームは窓そのものを全て取り換えるよりも内窓を取り付けて二重窓にした方が工事が短時間で済ませられて経費も安くできると言われています。二重窓にすると単純に窓ガラスが2枚貼られることになるので断熱効果や防音・防犯効果を上げることが出来ますが内窓の窓ガラスを特殊加工された物にすることでより性能を上げることが出来ます。

特殊加工されたガラスは複層ガラスと呼ばれており一般的な単板ガラスに比べて高価ですが様々な性能が優れています。今回はそんな複層ガラスの種類とそれぞれの性能をご紹介します。窓のリフォームを検討している方は是非参考にしてみて下さい。

複層ガラス(ペアガラス)の特徴

複層ガラスは2枚のガラスが使用されている特殊加工されたガラスの事です。2枚のガラスの間に空気層が含まれていることが特徴的です。それによって単板ガラスと比較すると断熱効果が2倍になりますのでエアコンを効率良く使用できるようになり結露も発生しなくなります。

複層ガラスは特殊な工法を使用しているので単板ガラスに比べると高額です。また重量は単板ガラスの2倍以上になりますので窓を開閉することが若干大変になってしまうかもしれません。

複層透明ガラス

こからは数多くある複層ガラスの種類とそれぞれの性能についてご紹介します。複層透明ガラスは2枚の単板ガラスの隙間に空気層が含まれている仕様で、複層ガラスの中でも最もスタンダードなものです。ガラスの厚みは「ガラス3ミリ+空気層12ミリ+ガラス3ミリ」「ガラス4ミリ+空気層10ミリ+ガラス4ミリ」「ガラス5ミリ+空気層10ミリ+ガラス3ミリ」の3種類です。同じ厚みのがらっすの組み合わせでは、ガラスの共鳴現象が起き、防音上不利になることがございます。ガラスの厚みを変えると共鳴現象は抑えられますので、防音目的の方はご相談ください。

複層不透明ガラス

複層不透明ガラスは複層透明ガラスとほとんど一緒の構造ですが片方に半透明の型ガラスが使用されています。不透明ガラスによって向こう側が見えなくなっているので複層ガラスの防音性能だけでなくプライバシー保護の役目も果たしてくれます。なお単板の不透明ガラスは片方が凹凸面になっていますが複層不透明ガラスの場合凹凸面は内側を向いていますので両面共に手軽に掃除することが出来ます。

断熱複層ガラス(LowE複層ガラス)

断熱複層ガラスも2枚のガラスと空気層で構成されていますが片側に薄い金属膜が貼られています。これによって断熱効果が上がっており、単板ガラスの3倍以上の断熱効果が期待できます。断熱複層ガラスは結露も発生しにくくなっています。基本的な構造と厚みは他の複層透明ガラスとほとんど同じですが内側に貼られている膜は主に「ニュートラル」「ブルー」「ブロンズ」の3種類のカラーがあります。色の付いている金属膜を選ぶと不透明なガラスになりますが型ガラスのような不透明さではないので見通しは良好です。また見通しを悪くしたい方は断熱複層ガラスの片側が型ガラスになっているタイプもあります。

遮熱複層ガラス(LowE複層ガラス)

遮熱複層ガラスも断熱複層ガラスと同じく2枚のガラスと空気層と薄い金属膜によって構成されていますが、金属膜は遮熱性の高いものが使用されています。遮熱複層ガラスは、日射熱を防ぐので夏に部屋が熱くなりづらいという効果が期待できます。そのため直射日光が気になる窓では断熱複層ガラスよりも遮熱複層ガラスの方が十分な効果を発揮してくれます。また色のついた金属膜や片側を型ガラスに変更することも出来ます。

ご自身の意見に合った窓ガラスで納得のいくリフォームを

いかがでしたでしょうか。窓のリフォームを考える際はご自身の意見に合わせて内窓や窓ガラスを選択する必要があります。特に気温差が激しく室内で過ごす時間の長い1階のリビングの窓をリフォームする際は少し経費がかかってでも複層ガラスを使用して、快適なお部屋作りを目指してみてはいかがでしょうか。