エコ窓「スペーシアクール」とは?

エアコン代の省エネを行うためには窓ガラスはとても重要な箇所と言われています。なぜなら夏場に部屋が熱くなる、あるいは冬場に部屋が寒くなる原因は室外の気温を帯びた空気が入って来るからであって室外の気温が入って来る原因の大半は窓にあるからです。

従来の窓ガラスを設置しているとすぐに外気の影響を受けて室温が上がって(あるいは下がって)しまうのでエアコンを使用しても中々快適な室温になりません。そのため外気の影響を受けずにエアコン代を省エネするには窓ガラスを特殊加工された断熱ガラスに取り換える必要があります。

現在断熱性の高い特殊なガラスは多くの種類がありますが今回は「スペーシアクール」という窓ガラスをご紹介します。スペーシアクールはとても断熱性が高く室内の暖かさを逃がさないので特に冬場に効果が発揮されると言われています。スペーシアクールは日光による暖かさを室内に取り入れて室外へ逃がさないのでスグに部屋が温まりエアコン代を省エネすることができます。またスペーシアクールはガラスの表面が冷たくなりづらいので結露の発生も防いでくれます。

スペーシアクールの構造

スペーシアクールは2枚のガラスの中に真空層が挟まれているいわゆる「複層ガラス」と呼ばれる断熱ガラスです。スペーシアクールの構造はフロート板ガラス」「遮熱高断熱Low-E膜」「0.2ミリの真空層とマイクロスペーサー」「Low-Eガラス」の4層になっています。

スペーシアクールは取り付け簡単

 

スペーシアクールの他の複層ガラスには無い強みはその薄さにあります。一般的な複層ガラスは12ミリ以上の厚さがあるので従来の窓ガラスよりも厚めです。そのため複層ガラスを取り付ける際は従来のサッシには入らないので複層ガラス専用のサッシも購入する必要があります。しかしスペーシアクールは厚さが6.2ミリと従来の窓ガラスとほぼ変わらないので備え付けのサッシでも十分間に合います。また複層ガラス特有の重さへの悩みも解消できます。

スペーシアクールの色

 

スペーシアクールは従来の窓ガラスと比較するとややブロンズ系の色が付いていますので目に優しい景色を実現してくれます。また光に反射した際はブルー系の色が見えるようになります。

スペーシアクールの遮熱性

 

スペーシアクールは窓の外側に「遮熱高断熱Low-E膜」が付いていますのでとても遮熱性が高いのが特徴です。従来の窓ガラスは日射熱を12%しかカット出来なかったのに対して、スペーシアクールは51%も日射熱をカットしてくれます。これにより夏場の日差しを遮ってエアコンの電気代を抑えながら快適な部屋作りを実現することができます。

スペーシアクールの断熱性

 

スペーシアクールは遮熱性と共に断熱性にも優れています。窓の内側にある「0.2ミリの真空層とマイクロスペーサー」と「Low-Eガラス」によって室内の暖かさを外に逃がさないので冬場になっても部屋の暖かさを外に逃がさずに快適な室内空間を作り出すことができます。

スペーシアクールの冷気・結露防止

 

スペーシアクールは断熱性に優れているので窓ガラス自体も冷たくなることがありません。そのため冬場になっても窓周辺が冷たくなることはありませんし、窓に結露が発生することも防いでくれます。結露を防止することで室温の低下を抑えたり、窓周辺のカビの発生も抑えてカーテンが汚れることもありません。

スペーシアクールのUVカット

 

スペーシアクールは遮熱だけでなく紫外線もカットしてくれます。夏場は窓の近くに家具を置いておくと外からの紫外線によって変色してしまうことがありました。しかしスペーシアクールは外から侵入してくる紫外線を60%もカットしてくれますので窓の近くの大事な家具の変色を防いでくれます。

スペーシアクールの省エネ

 

スペーシアクールの最大の長所とも言えるのが省エネです。スペーシアクールは遮熱・断熱性能に優れているので室温の激しい上昇・下降を防ぎ、結果的にエアコン代の消費を抑えることができます。例えば従来の窓ガラスの場合に1年間における冷房にかかる電気代が60,800円だった場合、スペーシアクールに取り換えれば31年間の冷房代を34,200円に抑えることができます。

スペーシアクールについて:まとめ

今回は複層ガラス「スペーシアクール」についてご紹介しました。スペーシアクールは遮熱・断熱性能に優れているので、設置することでエアコン代の消費を抑えつつ快適な室内空間を作ることができます。スペーシアクールを取り扱っている業者はたくさんありますのでもし興味があればスペーシアクールを取り扱っている各リフォーム会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。