スペーシア静は有効!?騒音対策について

近所の騒音あるいは室内の音漏れに悩んでいませんか?住まいが交通量の多い場所や大きな音を出す施設の近くだった場合、室内にいても外の騒音が窓や壁を伝って中に入ってきて生活の邪魔をしてくるかもしれません。あるいは室内で音楽を演奏したり大きな音を出すことの多い家庭では音漏れによるプライバシー漏洩や近所迷惑が心配になってしまうかもしれません。

もし騒音に関して悩んでいるのであれば窓をリフォームすることで解決することができます。外部の騒音が室内に入って来る原因の大半が窓にあると言われています。そのためご家庭の窓を防音効果に優れた特殊な窓にリフォームすることで近所の騒音を大幅にカットすることができますし、室内の音漏れも防ぐことができます。

今回はそんな窓のリフォームによる騒音対策についてご紹介します。騒音対策におすすめの複層ガラス「スペーシア静」やそれ以外の騒音対策についても詳しく迫ってみました。近所の騒音問題で悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

絶大な防音効果!スペーシア静について

現在多くのリフォーム会社にて騒音対策に特化したリフォームを行っています。その中でも窓のリフォームは騒音対策に絶大な効果があると言われています。なぜならば外部の騒音が室内に入って来る原因の約半分が窓にあるからです。

ご家庭の窓をただ単に交換しただけでは効果はありませんが特殊な構造の複層ガラスを用いたリフォームをすることで外の騒音を遮ることができます。現在は様々な種類の騒音対策に特化したガラスがありますが特におすすめなのが「スペーシア静」という真空ガラスです。

スペーシア静は断熱効果に優れた複層ガラス「スペーシアシリーズ」の中の1種類です。スペーシア静は通常の「フロート板ガラス」「特殊中間膜」「Low-Eガラス」「0.2ミリの真空層」によって構成された真空ガラス、幅は9.7ミリです。スペーシア静の価格は取り扱っているリフォーム会社によって前後しますが1㎡当たり55,000円程度です。

スペーシア静はその他の「スペーシアシリーズ」同様に断熱効果に優れているので夏の熱気・冬の冷気の侵入を防ぎ、エアコンの電気代を抑えつつ快適な室内空間を作り出すことができます。それに加えてスペーシア静は防音性能に優れた構造をしているので外部の騒音・室内の音漏れも防ぐので、さらに快適な部屋作りを実現することができます。

防音性能はスペーシア静が一番か!?

真空層を中に閉じ込めた特別な工法で作られた真空ガラス「スペーシア静」は断熱と防音に優れています。複層ガラスでありながら軽量である点も高い人気の秘訣ですが最も防音性能に優れた窓ガラスは別にあるようです。

防音性能に優れた窓ガラスとは厚みが増している製品であるとも言えます。そのため薄くて真空層のある「スペーシア静」よりも、もっと厚みを増した窓ガラスは更なる防音効果を生み出すことが出来ます。

スペーシア静よりも防音性能に優れた窓ガラスは「ソノグラス」などがありますがソノグラスの厚みは12.8ミリです。さらに防音性能に優れた窓ガラスには20ミリ程度の厚みのものもあります。窓ガラスの厚みが増せば外部と室内の間の壁が厚くなるという事なので当然防音性能も高くなります。そのためリフォームの際により強固な防音性能を求めたい場合はスペーシア静よりも厚みのある複層ガラスを選択するべきかもしれません。

防音ガラスの問題点

防音性能を加えるために厚みを増した窓ガラスには難点があります。それは厚みのある窓ガラスにはリフォームの際に条件がついてしまう事です。通常の単板フロート板ガラスの厚さは5ミリで、スペーシア静は9.7ミリなのでここまでの厚さならばリフォームの際に支障はほぼ発生しません。

住宅の窓枠は幅に限界があるのであまり厚過ぎる窓ガラスはサッシに入らなくなってしまう恐れもあります。窓ガラスの厚さが10mm以上になると設置の際に特殊なアタッチメントを使用してはめる事になります。当然アタッチメントはリフォームの際に別料金が発生します。そして厚さ10mm以上の防音ガラスはスペーシア静より高価である事が多いです。

場合によっては窓枠そのものを交換する必要が出て来る可能性もあります。さらに窓ガラスの厚みが増すということはそれだけ重くなるという事なので窓を開け閉めする際も負担がかかってしまうかもしれません。

以上の事から考えると、スペーシア静よりも防音性能に優れた窓ガラスはありますが価格や設置などにそれなりの条件が付いてきます。そのため騒音対策でリフォームする際は「スペーシア静で良い」「一番防音性能に優れた製品」というだけでなく総合的に考える必要があります。リフォームする際は一度リフォーム会社に相談するのが良いでしょう。

窓ガラス以外の騒音対策

騒音対策に特化したリフォームの際は窓ガラスをリフォームすることが効果的ですが、本格的に騒音対策リフォームをするならば窓ガラス以外にも注目する必要があります。なぜならば外部から騒音が侵入してくるルートは壁・床・天井・柱など窓以外にもたくさんあるからです。

窓のリフォームの効果が無い騒音

窓をリフォームしても全く防音効果が得られない騒音もあります。例えば上下階の足音や楽器の音などの家の内部から聞こえてくる騒音には窓をリフォームしてもあまり効果を得られません。また近所を走る大型車や電車などの地響きを伴うような騒音は床を伝って侵入することもあります。これらの騒音対策を施す場合は窓のリフォームではなく住宅の構造そのものをリフォームする必要があります。

窓以外の外部からの侵入ルート

窓以外にも外部から騒音が侵入してくるルートがあります。それは換気口などの開口部です。外部の地面ではなく空気を伝って侵入してくる騒音は大半が窓から入ってきますが、常時開きっぱなしの排気口などの開口部も騒音の侵入ルートの一つです。

窓のリフォーム時はサッシも

騒音対策として窓のリフォームを行う際は窓ガラスだけをリフォームすればいいわけではありません。たとえスペーシア静を設置した場合でも、より精度の強い騒音対策を目指す場合はサッシも一緒にリフォームしなければなりません。

先程騒音が室内に侵入してくる原因の大半が窓にあると言いましたが、これはガラス面だけでなくサッシの部分も含まれます。外部の騒音はサッシを伝って室内に侵入してくることもありますのでいくら窓ガラスをスペーシア静に換えたとしてもサッシがそのままだとあまり防音効果を実感できないことがあります。

そのため騒音対策で窓をリフォームする際は窓ガラスだけでなくサッシも一緒にリフォームして下さい。騒音対策のリフォームを取り扱っているリフォーム会社ならば防音性能に優れたサッシも用意していますので是非リフォーム会社に相談してみて下さい。

スペーシア静と騒音対策:まとめ

いかがでしたでしょうか。スペーシア静は断熱効果と防音性能に優れた真空ガラスなのリフォームに際におすすめです。しかし条件はあるもののより防音性能に優れた複層ガラスがあったり、窓ガラス以外もリフォームする必要があるかもしてませんので一概には言えないのが現状です。もし防音性能を上げるリフォームを考えている方は一度リフォーム会社に相談してみて下さい。