日差し対策とスペーシアクールについて

夏の暑い時期に入ると日差しが外から入ってくることで室温が上がり熱くなります。日差しは住宅の様々な場所から室内に侵入してきますが特にウェイトを占めているのが窓です。窓を含む開口部は室内に侵入する日差しの内約70%を占めていると言われています。そのため窓をリフォームすることで日差しの侵入を防いで暑さ対策を施すことができます。

そこで今回は日差し対策の窓のリフォームについてご紹介します。おすすめの真空ガラス「スペーシアクール」や窓以外の日差し対策などついても併せてご紹介しますので夏を乗り切る対策として参考にしてみて下さい。

 

複層ガラスで日差し対策

 

夏になると窓から日差しが差し込んで室内が熱くなります。窓に暑さ対策を施さずに放置していると日差しが入り続けて室内に熱が籠ってしまうのでエアコンを着けても中々部屋が涼しくなりません。窓に施す暑さ対策は色々ありますが、窓をリフォームして遮熱性能に優れた複層ガラスを取り入れれば日差しを遮ってくれますので暑さの原因自体を防いでくれます。

遮熱性能に優れた複層ガラスを設置すれば日光・紫外線の侵入を60から70%ほどカットしてくれますので室内の温度上昇を防いでエアコンの電気代を抑えることができます。勿論複層ガラスの様な特殊加工された窓ガラスのリフォームは高価ですが、後のエアコンにかかる電気代を大幅に削減出来ますので長い目で見れば安い買い物であると言えるでしょう。

内窓の設置がおすすめ

窓のリフォームは窓ガラスおよびサッシを取り換えることが一般的ですが窓の内側にもう一枚窓を設置して二重窓にする方法もあります。窓のリフォームは窓ガラスとサッシの取り換えだけでなく、窓枠を外したリ窓周辺の壁を壊す作業が発生する可能性もあるので工事にかかる費用がかさんだり工期が長くなってしまうこともあります。しかし二重窓の場合は内窓を設置するだけなので余計な経費は掛かりませんし1日で工事が完了するので時間もかかりません。

 

スペーシアクールについて

日差し対策に有効的な複層ガラスは多数ありますが中でもおすすめなのが「スペーシアクール」です。スペーシアクールは断熱効果に優れている真空ガラスの「スペーシアシリーズ」の一つです。断熱性能に優れている窓は室温を保ち、結露の発生を防ぎますので冬場に効果を発揮しますがスペーシアクールは遮熱性能にも優れているので夏場の厳しい日差しの対策としても効果を発揮します。

スペーシアクールはガラス板2枚の間に0.2ミリの真空層と遮熱高断熱Low-E膜が貼られた構造で、価格は取り扱い業者によって異なりますが相場は1㎡当たり40,000円前後です。スペーシアクールは遮熱性能が普通のガラスの約4倍あると言われており、日差しを約51%カットしてくれるので室内が熱くなる原因を元から絶ってくれます。

スペーシアクールが暑さ対策に優れている要因は遮熱性能だけでなく、スペーシアシリーズに備わっている断熱性能にあります。スペーシアシリーズの断熱性能はエアコンによる室内の暖かさを外へ逃がさないので、冬場の寒い時期でも室温をキープして快適に過ごすことができます。これは夏場にも言えることでスペーシアシリーズは冷房によって冷やされた室内の温度を外に逃がさず、ずっと室内を涼しいままにしてくれます。

日差しの遮熱、室内の断熱の両方に優れているのはスペーシアクールだけなので夏場と冬場のどちらのエアコン代も浮かせたいと考えている方にはスペーシアクールが一番適していると言えるでしょう。またスペーシアクールを内窓として設置すれば既存の窓との間に空気層が生まれるので夏場・冬場共により一層断熱性能を上げることができるでしょう。

その他日差し対策

夏場の日差し対策は窓のリフォーム以外にもあります。それは日差しそのものを遮る方法です。夏場の日差しは時間帯によって真上や斜めなどから侵入してきます。それ以外にも直射日光だけでなく地面を反射して来る反射熱もあります。

真上からの日差しを遮るためには屋根にシェードやひさしを設置する方法があります。これによって日差しの侵入をかなり遮ることができます。斜めや反射熱はすだれやシャッターで窓を遮ることで日差しの侵入を防ぐことができます。これだけでも夏場のエアコン代をかなり浮かすことができます。

日差し対策とスペーシアクール:まとめ

いかがでしたでしょうか。夏場の日差しは窓ガラスを複層ガラスにリフォームすることで大幅に遮ることが出来ます。特にスペーシアクールは遮熱・断熱性能に優れているので夏場だけでなく冬場の快適な部屋作りに有効です。それ以外にもシェードやすだれで日差しを遮ることも有効的なので夏場の日差し対策に役立ててみて下さい。