クリアFitリフォーム時の注意点

クリアFitは真空ガラスの1種で薄い形状でありながら高い断熱性能と防音効果を兼ね備えています。そんな

クリアFitは断熱リフォームや内窓の設置の際に人気のある製品ですがいくつか注意点があります。今回はクリアFitに纏わる注意点をまとめてみました。

 

マンションに設置する場合

マンションの一室は要注意

クリアFitだけでなくあらゆる複層ガラスをマンションの一室で設置する場合、マンションの管理人に許可を取る必要があります。マンションは一戸建てと違いリフォームに関する規約があるのでそれに準拠する必要があります。

規約違反の対象

複層ガラスの場合は厚みや重さが従来のガラスとは違うので勝手に取り付けると規約違反になってしまう可能性があります。規約違反の対象になるのは重さ・厚みの他に金属膜を貼っている場合のガラスの透明度や高層階の場合にガラスの強度が対象となることもあります。

ただしクリアFitは複層ガラスの中でも比較的軽い重量でそれほど厚くもなく透明度も問題無いので設置できる可能性は高いです。むしろ他の複層ガラスはダメでもクリアFitなら大丈夫というケースもあります。

 

性能が不十分になる可能性も

クリアFitをフル活用するために

いくらクリアFitが断熱・防音性能に優れていると言っても完全に冷気と騒音をシャットアウトできるわけではありません。北陸地方の様な寒さの厳しい地域や室内の湿気が多い場合は結露が発生してしまいますし、住宅の外で激しい交通量などにより騒音が鳴っている場合は音が入ってきてしまう事もあります。

クリアFitのリフォームプラスα

クリアFitの性能を存分に発揮するためにはクリアFitだけでなくサッシも気密性の高い製品に交換したり、クリアFitを内窓として設置するなどの工夫をする必要があります。

 

遮熱性能は無い

クリアFitは夏場に弱い

クリアFitの断熱効果は室内の暖かさを外に逃がさないので冬場の寒い時期の快適な室内空間作りと結露防止に効果があります。しかし断熱効果はあくまでも冬場に発揮されるものなので夏場の強い日差しや熱気の侵入を防ぐことは出来ません。そのため一年中快適な室内空間を希望している人や、暑さの厳しい内陸部に住んでいる方には不向きかもしれません。

遮熱性能を求めるならば

もし断熱と遮熱の両方を取り入れたいのであれば価格は高いですがスペーシアの方が納得のいくリフォームを実現できるかもしれません。

クリアFitも残念ながら万能ではないので希望次第では別の複層ガラスを選んだ方が良いかもしれません。実際にリフォームする際は納得のいくリフォームを実現するためにも必ず専門家に見積もり・相談をお願いしましょう。

まとめ

クリアFitは取り扱い易い形状で断熱・防音性能に優れているのでリフォーム会社でも重宝されていますが性能が不十分になってしまうこともあります。そのためリフォームの際は最初から「クリアFitを設置する」と決めるのではなく窓のリフォームの専門家に相談して本当に自分に合った製品を選びましょう。