窓のリフォームで得られるメリット

窓のリフォームを工務店などに依頼する際は勿論既存の窓ガラスや窓枠と同じ製品を取り付けてもらうことも出来ますが、複層ガラスや特殊な構造のサッシを取り付けることで従来の窓よりも機能性を高めることが出来ます。では窓をリフォームすることでどんな機能を得ることが出来るのでしょうか?

日光と紫外線を防止

遮熱効果

内部に特殊な金属膜が封入された複層ガラスは遮熱効果があります。夏場の日差しが厳しい時期になると外から日光が差し込むことによって、室温が上がって蒸し暑くなったり紫外線の影響で家具が日焼けしてしまう事があります。

しかし遮熱効果のあるガラスを取り付ければ特殊な金属膜によって日差しと紫外線を遮ってくれるので室温の上昇と家具の日焼けを防いでくれます。金属膜は無色透明あるいはかなり薄い色なので景色を遮ることなく遮熱効果をもたらすことが出来ます。

遮熱効果のあるガラスを取り付けると部屋が暑くなくなるのでエアコン代を浮かすことが出来ます。

断熱効果

気温の出入りを防止

断熱効果のある窓は内部に真空層やアルゴンガスなどが封入された複層ガラスです。冬場の寒い時期になると外の冷たい空気によって窓が冷やされて室温が低下してしまいます。そのため寒い時期に室温が下がる原因のほとんどは窓にあると言われています。しかし真空層やアルゴンガスなどが封入された断熱効果のある窓を取り付ければ内部の層によって冷たい空気が遮断されるので外からの冷気の侵入及び室内の暖かい空気の漏洩を防いでくれます。

また室温の低下は窓ガラスだけでなくサッシも影響しています。従来のアルミ製のサッシは気温差の影響を受けやすいので冬場はスグに冷たくなってしまいます。サッシを気密性の高い樹脂製のサッシに取り換えれば冬場でも冷たくなりづらいので室温の低下を防いでくれます。

窓ガラスとサッシの両方を断熱効果のある製品にリフォームすれば室温の低下を大幅にカット出来るのでエアコン代が省エネされて電気代を削減することが出来ます。

結露防止

冬の悩みを解消

窓に付着する結露も断熱効果のある複層ガラスと断熱サッシによって防ぐことが出来ます。結露は窓が冷たくなると窓周辺の気温が下がり空気中の水蒸気が水滴となり窓に付着したものが結露と呼ばれます。結露は放置しておくと室温が低下したり空気中のほこりやゴミに反応してカビになってしまうこともあります。

断熱効果のある複層ガラスと断熱サッシを取り付ければ窓周辺の室温の低下を防いでくれるので結露を防止できます。結露を防止すればエアコン代の省エネ及び室内環境の改善に役立ちます。

防音効果

音の悩みを解決

窓のリフォームは騒音の防止と音漏れによるプライバシー保護にも期待が持てます。外部の騒音は屋根や排水口などの外と繋がっている部分から室内に入ってきますが、騒音が入って来る一番の原因は窓と言われています。

そのため複層ガラスや防音加工されたサッシを取り付ければ騒音に悩まされずに静かに過ごすことが出来ますし、室内の生活音が外に漏れることも防いでくれますのでプライバシー保護にも役立てることが出来ます。

防犯効果

不法侵入を未然に防ぐ

泥棒や空き巣の被害は窓ガラスを破って侵入することが原因と言われています。そのため窓をリフォームして防犯対策を施せば不法侵入を未然に防ぐことが出来ます。

防犯対策が施された窓とは特殊な膜が貼られていてガラスが割れにくくなっています。ガラス破りに時間がかかると泥棒は侵入を諦めるので防犯効果に十分期待が持てます。

また防犯対策が施された窓はガラスが割れにくい為地震などの災害が発生した際に破片が飛び散らないので事故防止としても効果が期待できます。