二重サッシについてご紹介

窓のリフォームには様々な方法があります。窓そのものを機能性に富んだ製品に交換したり、ブラインドや雨戸などのオプションを取り付ける方法など様々です。その中で二重サッシを取り付ける方法があります。ではこの二重サッシとは一体どういったものなのでしょうか?

二重サッシとは

備え付けの窓枠を利用して新たな窓枠を取り付けるリフォームを「二重サッシ」と呼びます。似た様な言葉で「複合ガラス」や「ペアガラス」などの製品もありますが、これは窓ガラスそのものを指しますので全く違います。二重サッシはガラスだけでなくサッシそのものを新たに設置します。

ただし二重サッシを取り付ける際に内側の窓ガラスとして「複合ガラス」や「ペアガラス」などの複層ガラスを取り付けることは出来ます。そのため「複合ガラス」や「ペアガラス」を取り付ける際は二重サッシと掛け合わせて取り付けることが出来ます。

二重サッシの効果

二重サッシにはその特徴を利用したたくさんんお効果があります。

遮熱・断熱効果

遮熱・断熱効果は二重サッシの効果の中でも最も期待できます。二重サッシを取り付けて二重構造にすることで窓による壁が2倍になり空気層も出来るので熱の出入りが軽減されます。それによって夏場の外の熱気の侵入を防いだり、冬場の室温が外に逃げるのを防ぐ事が出来ます。

寒暖差の激しい季節での室温の上下は半分以上が窓が原因と言われていますので、二重サッシによって遮熱・断熱効果を上げれば部屋全体が快適な室温になります。そのため二重サッシは冬になると寒さが厳しくなる北海道や北陸地方の家庭でよく見かけます。

結露防止

結露の防止は断熱効果と関係しています。結露は冬の寒い時期や梅雨の湿気が多い時期に窓周辺の水蒸気が水滴となって発生します。

そのため二重サッシを取り付けて断熱性能を上げれば気温のギャップが生じなくなるので結露の発生を未然に防ぐことが出来ます。

防音

自宅の近所で工事が行われている際や交通量の激しい場所では窓を伝って来る騒音に悩まされてしまいます。また室内で楽器などを使用して大きな音を出すことが多い人はプライバシーの漏洩も気になります。

二重サッシを設置すれば単純に窓の壁が二重構造になるので騒音の侵入、生活音の音漏れ共に防ぐことが出来ます。

防犯

泥棒や空き巣の侵入ルートの大半はガラス破りなので窓に防犯対策を施すことはとても重要です。二重サッシならばガラス破りをする際の手間が2倍になるので泥棒や空き巣が侵入せずに諦めてしまうケースがたくさんあります。防犯用の割れにくいガラスもありますが二重サッシにするだけでも十分効果を発揮します。

二重サッシの応用

二重サッシは従来の単板ガラスを設置しても十分効果を発揮できますがペアガラスと掛け合わせることで更に効果を増すことが出来ます。既存の単板ガラスの窓に断熱効果に優れたペアガラスを二重サッシとして付けた場合、両方閉めてある状態だと熱気も寒気も防いで既存の窓だけ閉めていると熱気も寒気も通しやすくなります。

つまり夏の暑い時期は昼間に両方閉めると外部の熱気を防いで、夜間に内側だけ開けると涼しい空気を取り入れることが出来ます。冬の寒い時期は昼間に内側だけ開けると外の日差しが室内に入って暖かくなり、夜間に両方閉めると断熱性能をフル活用出来ます。

 

二重サッシのメリット・デメリット

様々な効果を得られる二重サッシですが設置する事でメリットだけでなくデメリットも生じます。

メリット

一番のメリットは上記でご紹介した通り遮熱・断熱効果によって快適な室内空間を作れる事です。また二重サッシを取り付けるとエアコンの消費量も減るので省エネにも効果が期待できます。

さらに二重サッシの取り付けは既存の窓枠に新たなサッシを取り付けるだけなので、工事も短時間で終らすことが出来ます。

デメリット

二重サッシは同じ場所に窓が2か所出来る事になるので開閉する際に二度手間になってしまいます。そのためリビングの様な頻繁に窓を開け閉めする場所での二重サッシの取り付けは事前に検討する必要があります。

また二重サッシは基本的に引き違いタイプの窓が対象となっていますので、観音開きの様な形式や上下に開けるタイプの窓枠は対象外となってしまいます。

さらに既に複層ガラスを設置してある窓枠の場合、新たなサッシを取り付けると既存の窓とぶつかってしまう可能性があるので工事不可となってしまう事もあります。

まとめ

二重サッシは既存の窓枠に新たなサッシを取り付けることで遮熱・断熱効果を始めとした様々な効果を得ることが出来ます。引き違いの窓限定や開閉時の手間等のデメリットもありますが、手軽にできるリフォームとして現在大人気なので興味のある方はリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょうか。