二重サッシの取り付けにあたって

二重サッシとは既存の窓枠の内側にもう1か所のサッシを取り付けて二重構造にするリフォームを意味します。二重サッシは取り付けることでたくさんの効果を発揮してくれるので窓のリフォームとして大変人気があります。そこで今回は二重サッシの取り付け時に必要な情報や覚えておきたい情報などをご紹介します。

二重サッシによる効果

二重サッシを取り付ける事で1か所に様々な効果を期待できます。

遮熱・断熱効果

二重サッシの効果の中で一番人気のある効果が遮熱・断熱効果です。二重サッシを取り付けて二重構造にすることで外気との壁が増えるので夏場の熱気、冬場の冷気の侵入を防ぐことが出来ます。遮熱・断熱効果に優れた複層ガラスを取り付けることでも得られますが基本的に複層ガラスの場合、どちらか1種類にしか特化していないので遮熱・断熱の両方の効果を得られるのは二重サッシの特権です。

結露防止

窓に結露が出来る原因は窓周辺の空気が冷やされて飽和水蒸気量が急激に減少する事で水蒸気が水滴に変化して、窓に付着したものが結露となります。そのため結露は冬の寒い時期や梅雨の湿気が多い時期に発生しやすくなります。二重サッシを取り付けて断熱効果を上げれば窓周辺の気温の低下も抑えられるので結露が発生し辛くなります。

防犯効果

泥棒や空き巣が部屋に侵入する際は窓から侵入してくることがほとんどです。窓ガラスは家の中でも一番侵入しやすい場所なので簡単に壊されてしまいます。しかし二重サッシを取り付けていればガラス破りの作業が2倍になり、侵入する際の手間も時間もかかります。そのため二重サッシを取り付けていれば侵入する前に泥棒が諦めてしまう可能性が高くなります。

防音効果

外の工事現場や自動車が通過する際の音などの騒音や室内の生活音の音漏れは窓が原因となっています。しかし二重サッシを取り付ければ単純に壁が2枚になるので音の出入りを防いで快適な室内を作ることが出来ます。

二重サッシ取り付けの費用

二重サッシを取り付ける際の費用は商品の種類や窓のサイズによって異なりますが、相場では4万~10万円と言われています。これは二重サッシ製品代、リフォーム会社の工事費、廃材の処理費など全て含まれた金額です。ここから更に鍵の取り付けなどのオプションがあれば更に費用が上乗せされます。

二重サッシ施工時のコツ

目的を知る

二重サッシを取り付ける際は目的によって二重サッシの種類を調整する必要があります。特に希望が無ければ普通のサッシに単板ガラスでもそれなりの効果を得られますが、防音効果を上げたい場合はより厚みの増したガラスを取り付ける必要があります。

また断熱性能を上げたい場合は、二重サッシのガラスを複層ガラスにしたり気密性の高いサッシを選ぶことでより一層断熱性能を上げることが出来ます。

窓枠が限られる

二重サッシはどんな窓にも取り付けられるわけではありません。基本的に引き違いの窓のみに対応しています。そのため上下に開け閉めするタイプや天窓には二重サッシを取り付けは不可となっています。

部屋全体のデザインを考える

二重サッシは既存の窓の内側にサッシを取り付けるので、普通に取り付けると部屋に圧迫感を感じてしまいます。そのため窓枠を壁と同じ色にしたり部屋全体のデザインも考えて取り付ければ快適な室内環境を実現できます。

まとめ

二重サッシは一度でたくさんの効果を発揮できるのでとても便利なリフォームと言えます。リフォーム費用に関しても比較的安価でしかも簡単に工事出来てしまうので気軽に取り付けられる物として見ても良いのではないでしょうか。