二重サッシによる防音効果について

既存の窓の内側にもう一枚窓枠を取り付けるリフォームを「二重サッシ」と言います。二重サッシは防音、結露防止、断熱効果、防犯対策など様々な効果が期待できます。そこで今回は二重サッシによる防音効果についてご紹介します。

騒音は窓から入る

自動車や大勢の人々が通る際に生じる騒音が家に入る際の侵入ルートは「壁」「天井」「排気口」「地面」などたくさんあります。その中でも最も多い割合を占めているのが窓です。

また室内の生活音の音漏れも窓から漏れ出てしまいます。そのため窓をリフォームすることは防音対策として大いに効果を期待できます。

ただし例外として、電車が線路を走る際の音や工事現場の重機による掘削音などの地面を通って来る騒音や、アパート・マンションの上階から伝って来る音や、高音を発する楽器による音漏れを完全に防ぐことは難しいです。しかし普通に生活する上での防音対策なら窓のリフォームで十分な効果を発します。

二重サッシで防音対策

防音対策を施すならば二重サッシが有効です。二重サッシによって生じた空気層によって空気の振動が室内に伝わるのを防ぐことが出来るので騒音対策として大いに期待が持てます。またガラス面だけでなくサッシの部分をアルミ製から樹脂製に変えることで更に遮音効果を高めることが出来ます。

防音ガラス・サッシについて

窓の防音対策という意味では防音ガラスもあります。防音ガラスは従来のガラスよりも分厚い構造の物やペアガラスの様な特殊構造の物などがあります。しかし防音ガラスを設置しただけでは防音対策としては不十分です。何故ならば騒音の侵入ルートはガラスそのものではなくサッシの隙間にあるからです。

窓から音が侵入する際のルートは窓の細かい隙間です。ガラス面ではなくサッシなどの端っこから侵入する事がほとんどなので防音対策はサッシも一緒に施す必要があります。

そのような騒音の侵入ルートを防ぐための防音サッシという物もあります。しかし防音サッシを取り付ける工事は周囲の壁を壊す作業が必要になることもあるので時間や手間がかかってしまいます。

二重サッシ+防音ガラスがベスト

二重サッシならば既存の窓枠にはめ込むだけなので簡単な工事で済みます。本格的な防音対策を施すならば、そこに防音ガラスや樹脂製サッシなどの更なる防音効果が期待できる製品を取り付けることでより一層騒音対策を強化することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。二重サッシは工事が簡単なことと、既存のサッシから侵入してくる騒音を防いでくれるのでとても有効的です。完全に騒音・音漏れを防ぐことは出来なくても生活の不便を取り除くためには役に立つリフォームと言えます。