二重サッシによる結露対策について

既存の窓の内側にもう一枚窓枠を取り付けるリフォームを「二重サッシ」と言います。窓を二重サッシにする事で防音、結露防止、断熱効果、防犯対策など様々な効果が期待できます。そこで今回は二重サッシによる結露対策への効果についてご紹介します。

結露が発生する原因

結露は冬場の寒い時期や梅雨の湿気が多い時期に発生します。窓の周辺が冷たくなると室内の水蒸気が水滴となって窓に付着します。これを結露と呼びます。結露を放置すると室温が下がったり、窓付近の壁やカーテンにカビが発生してしまいます。また結露によって室内に湿気が充満して、ダニが繁殖してアトピーや喘息の原因になったり、木材の腐食の原因になってしまいます。

二重サッシで結露を防止する

二重サッシを取り付けることで結露防止に大いに期待できます。二重サッシを取り付けると既存の窓と内側の窓の間で室温の漏れを防ぐことが出来るので断熱効果が生じます。そして内側の窓の気温が下がらなくなるので結露の発生を防ぐことが出来ます。また二重サッシとして樹脂製のサッシを取り付けることで更なる結露防止効果を期待できます。

湿度にも気を付ける

結露防止を本当に検討しているのであれば二重サッシを取り付けるだけでなく室内の湿度にも注目しなければなりません。結露の根本的な原因は湿気にあるので二重サッシを取り付けて室温が上がっても湿度が高いと結露が発生してしまう事があります。冬場に湿度が上がる原因は石油ファンヒーターです。石油ファンヒーターは運転する際に水蒸気を発生させるので湿度が上がってしまいます。

そのため湿度を抑えるためにはエアコンを使用するか、換気扇を回すか、定期的に窓を開けて換気を良くする必要があります。冬場の湿度の理想的な数値は50%前後なので、温度だけでなく湿度も管理するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。二重サッシは室温の低下を防いでくれるので結露防止に有効です。気密性の高い樹脂サッシと断熱ガラス(ペアガラス)を掛け合わせて湿度を逐一調整すれば結露に悩まされずに冬を過ごすことが出来るでしょう。