二重サッシによる防犯対策について

既存の窓の内側にもう一枚窓枠を取り付けるリフォームを「二重サッシ」と言います。窓を二重サッシにする事で防音、結露防止、断熱効果、防犯対策など様々な効果が期待できます。そこで今回は二重サッシによる防犯対策への効果についてご紹介します。

泥棒は窓から侵入する

泥棒や空き巣は夜間や外出時に住宅へ侵入します。その際に侵入ルートとして選ばれる場所の6割はリビングの窓と言われています。つまり窓に防犯対策を施していない住宅は泥棒に侵入されてしまう確率が高くなってしまいます。

二重サッシで防犯対策

二重サッシを取り付けることは防犯対策として大いに効果を期待できます。二重サッシを取り付けると窓が二重構造になるのでガラス破りに時間がかかります。泥棒や空き巣は全体の内7割が5分以内に侵入できなかった場合は諦めると言われています。二重サッシを取り付けられた窓を破って侵入するのに5分以上はかかりますので十分な防犯対策として期待できます。

また、二重サッシを取り付けるとガラスが反射して中の様子が見えにくいという効果もあります。泥棒は侵入する前に必ず中の様子を伺って安全を確認してから侵入します。そのためたとえ留守だったとしても中の様子が見えにくい二重サッシであれば十分な抑止力となります。

防犯ガラスで効果アップ

二重サッシの窓ガラスとして防犯ガラスを取り付けると更に防犯機能を高めることが出来ます。防犯ガラスは2枚のガラスをくっつけた合わせガラスとなっており、中に破片が飛び散りにくい中間膜が貼ってあります。

そのため防犯ガラスは鈍器で殴っても穴が出来にくい構造なので泥棒の侵入を防いでくれます。また二重サッシの窓にも鍵を取り付けることで鍵を開ける作業を2度繰り返す必要があり、窓を開ける手間が増えるので泥棒の侵入を防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。二重サッシを取り付けることでガラス破りの手間がかかるので泥棒や空き巣の侵入を防ぐことが出来ます。また防犯ガラスや鍵を設置する事で更なる防犯効果のアップも見込めるので二重サッシによる防犯対策は抜群の効果を期待出来ます。