内窓に交換しよう(効果・性能・メリット・見積もり・評判・口コミ・補助金情報)


内窓の効果・性能・メリット・見積もり・評判・口コミを詳細まで調査し、掲載しています。内窓とは、2重になっている窓の室内側の窓の事を呼びます。内窓があると更にセキュリティ面で効果的家全体の耐久性を挙げることが出来、セキュリティでも十分に効果的な役割を果たしてくれます。耐久性、機能面、軽量化全てにおいて高い品質を誇るガラス素材の内窓などもリリースされました。既存している窓に後付けも可能になったり、アルミと樹脂の複合断熱構造ならば熱を伝えにくくなり断熱性能があり防音性を高めることでの住居環境へのメリットなどから既存している窓に後付けも可能で使いやすい内窓に付いて説明していきます。

目次

1.内窓は既存の窓に後付けも可能


内窓は防音性が高まり、外部からの熱や風、冷たい空気などをブロックする役目を担います。断熱窓、防音窓としての効果は大きく、内窓を取り付けただけで家の外の雑音などを80%以上も抑えることが出来ます。商店街や道路沿いの周辺にお住まいの方には騒音防止が機能がついているので内窓は嬉しい効果があり、お住いのより良い環境づくりををサポートします。既存している窓に後付けも可能です。気密性も向上し冷たい風などの侵入も十分に防ぎ、取り付け場所はサッシの内側に取付け出来ます。断熱、結露軽減高価もある内窓は二重サッシの内側に位置するのが基本ですが、既存している窓に後付けも可能です。断熱性能は夏場は外からの熱気を今の20-30%以上もカットすることが出来ます。外からの熱を外窓で、内窓で防御することで、更に心地よい環境を室内で保つことが可能となります。

内窓についてはこちらもどうぞ

1-1. アルミと樹脂の複合断熱構造

気密性能、遮音性能の2つを同時に高め更に冬季には結露の減少にも一役買います。内窓の取り付け方も豊富で引き違い窓・開き窓と選択することが出来ます。また高性能なガラスを取り付けすることも可能です。高性能なガラスはアルミと樹脂の複合断熱構造の内側との相性が良く、耐久性と気密性も含め軽量な窓として利便性も兼ねている内窓も各メーカーから発売されています。窓をおしゃれなインテリアとして取り付けしたい方の希望にも答えます。機能性だけでなくデザイン性も備えた内窓も人気があります。

樹脂製窓枠についてはこちらもどうぞ

  • 窓枠はアルミだけじゃない!?樹脂製窓枠がすごい!!

1-2.熱を伝えにくくなり断熱性能がある

窓の軽量化され、よりおしゃれにインテリア性も兼ねて基本構造がアルミ素材の内窓もあります。軽量化され利便性が増し、シンプルなサッシで自宅の気温を環境を安定させることが出来ます。中でも熱を伝えにくくなり断熱性能は内窓を取り付けるだけで寒い日や暑い日の室内環境を過ごしやすい気温を保ち安定した環境を提供していくことが出来るようになります。

内窓の断熱効果についてはこちらもどうぞ

1-3.防音性を高めることでの住居環境へのメリット

  • 商店街や繁華街において周囲の雑音を50%以上カットすることが出来る
  • 高速道路や高架下の住居においての交通騒音を防音することが出来る
  • 工場やマーケット、市場周辺のお住いの方にも周囲環境の雑音を防音することが出来ます。
  • 選挙運動や活動による騒音なども防音することが出来る
  • 周囲に学校や幼稚園がある住居でも住みやすい住居環境を提供することが出来る

更に優れた設計内窓もリリースされていて今既存の窓の上に取リつけて重窓にすることで交通騒音など外部の音を倍以上カットすることが可能です。約40Db以上の防音効果をもたらします。今の住居環境よりも50%以上の騒音をカットすることが出来るので住みやすい、寝やすい、ゆっくり出来るといった環境的にも非常に利用しやすく人気があります。

内窓の防音性ついてはこちらもどうぞ

2.「防音性能」だけでなく「断熱性能」も


内窓は多彩なガラスラインナップからガラスの質を選択可能です。もちろん「防音性能」だけでなく「断熱性能」、また防犯にも役に立つ効果があります。中には叩いても割れないガラス、石を投げても壊れないガラスもあります。ガラスの強度も信頼性がおけ、又室内環境を居心地よくするといったメリットもあるので、住居の環境がくらしやすくなり、今よりもストレスを感じない環境を提供しています。ガラスの種類を変更するだけで室内環境が変化します。内窓を取り付ければ更に便利に環境維持を行うことが出来るようになります。

2-1.内窓に使用できるガラスの種類

フロート板ガラス

最も一般的な透明の板ガラスで、実用的なガラス、利用しやすく流通量も多いガラスで様々な場所に使われています。

型板ガラス

板ガラスの片面がザラザラ感のある不可視のガラスなので、バスルームや玄関、ロビーのガラスとして利用されることがあります。部屋の間仕切り台所など、ぼかし作用が必要な場所に利用されます。

網入ガラス

ガラスを科学合成によって作成した品質です。金網が中に入っていて防火性能を向上させ、事故や火災、自信などでの飛散防止高価もあり強化ガラスとして様々なシチュエーションに対応する万能ガラスです。特に高層マンションなどのビルディングや、マンション等にて起用されています。金網が中に入っていても透明なガラスもあります。

強化ガラス

フロート板ガラスをは一般的なガラスの品質よりも約3倍以上の耐久性を誇るガラスです。その他にも耐風圧の強度も一般的なガラスより高く、もし割れてしまっても破片は粒状に崩れるので怪我から守り、片付けも簡単です。ガラスの中でも強化ガラスは割れても安全なガラスとして認知されています。

複層ガラス

断熱効果が高いガラスで、2枚のガラスの間で温度い調節をするタイプのガラスです。そのため非常に高い断熱性から、結露の防止にも一役買います。防犯、防火等にも役に立ち、最近の高級住宅や、高級マンションなどで多く起用されています。

真空ガラス

世界で初めて開発された新しいテクノロジーが搭載され、耐久性、機能面、軽量化全てにおいて高い品質を誇るガラス素材です。真空ガラスは最も熱を伝えにくい品質で、特徴としては2枚のガラスの間に真空層を設けて、一般的なガラスと比較して約4倍以上の高断熱性能があることを証明されました。

2-2.サッシ、アタッチメントが不要なタイプも

また、軽量化にも成功し厚さは一般的なガラスと比較すると軽く取扱が簡単、更なるメリットとして専用のサッシ、アタッチメントが不要となり、取扱が簡単なガラス品質なのです。新築の家、またはリフォームでも応用可能で取扱も簡単で強度がある万能ガラスが真空ガラスなのです。

2-3.重量も一般的なガラスに比べて軽い

熱、冷気を伝えずに科学加工が施されている真空ガラスの構造は2枚のガラスの間に極小さな0.2mmほどの真空層を設け真空層、ガラスの厚さは約6.0mm程度でかなり薄く場所を2枚のガラスで形成されていますが場所を取りませんし重量も一般的なガラスに比べて軽いので開け閉めにおいても利便性を発揮しています。見た目が非常に薄い真空ガラスで、一般複層ガラスの約2倍以上の断熱効果が証明されています。

2-4.日光も十分に通しクリアな室内環境にするメリットも

真空の力を利用して断熱性を上げることが出来、ガラスも薄い構造なので又外部からの日光も十分に通しクリアな室内環境にするメリットもあります。熱、冷気に強いので夏は涼しく快適に部屋の環境を保ち、冬も暖かい空気を逃さず快適な環境をつくります。

内窓の紫外線カット性能についてはこちらもどうぞ

2-5.周辺の騒音をカットするだけでストレスの無い快適な生活

研究開発によって気密性に優れ、また室内の温度を快適に保つ事が出来、二重窓にするだけで交通騒音からその他騒音まで外部の音を約40dB以上減らすことが出来ます。お住いの環境は様々、周辺の騒音をカットするだけでストレスの無い快適な生活を送ることが出来るようになります。遮音性能がある内窓は快適な室内環境を演出します。

3.自宅に取り付けることが出来る大きなメリット

  • 取り付けが簡単で、場所を取らない
  • 花粉症などの被害も予防することが出来る
  • 風の強い日などの砂埃などの侵入を防ぐことが出来る
  • 家族で楽しく会話を楽しめる環境になる
  • ゆっくり音楽などを聞くことができるようになる
  • ホームシアターなどを楽しみたい方、集中して鑑賞が可能な環境になる
  • 工場などの騒音なども十分に防音性能を発揮
  • 結露対策にも効果的

内窓の種類についてはこちらをどうぞ

内窓は結露対策で内窓を設置する際には、ガラス選びも重要です。基本的に防音対策のみならば、内窓は樹脂サッシをを選択するのが一般的ですが結露対策で内窓を取り付けするケースでは、内窓に取り付けるガラスの選択は断熱性能の高いエコガラスなどが最適です。このガラスは、断熱性能に優れているペアガラスでガラスに特殊加工として金属膜が加工されていて、一般的なペアガラスと比較した時に断熱性能が増しているガラスなので内窓の取り付けの際に結露対策に最適な品質なのです。そのため単に結露対策には窓を二重にするだけでなく、内窓に使用するガラスの種類を検討する事をおすすめします。

3-1単板ガラスは結露がなかなか防ぎきれないため

もし窓の結露対策として内窓に最適な選択をするとすれば単板ガラスは不向きと言えます。結露予防に効果を発揮しないガラスなのです。単板ガラスは確かに騒音をカットする事が可能ですが、結露がなかなか防ぎきれないため、内窓で結露対策は、単板ガラスでは対応出来ません。

3-2.Low-E膜がコーティングしていれば

内窓に単板ガラスは不向きで、ペアガラスはどうなの?と疑問が残りますが、結露はペアガラスでも十分な予防が出来るとは限りません。ガラスは冷えやすく熱しやすい性質なので、一般的なガラスは室内の温度にも外部の気温を少なからず影響させますが、ペアガラスに、Low-E膜がコーティングしていれば、十分に結露の軽減が可能です。

3-3.内窓に最適なのは断熱性能の高いエコガラスがおすすめ

エコガラスは、一般的なペアガラスへLow-E膜を加工(コーティング)をして断熱性を向上させたガラスです。結露対策として十分に効果的なガラスは、熱貫流率として計算することが可能でペアガラスでLow-E膜を加工してあれば断熱性もあり、室内の温度を定温で保つことが出来るようになり、エアコンなどの電力を節約することが出来るようになります。断熱性能を調べた時に数値で確認することが出来ます。そのため熱の移動を防ぎ、室内の暖かい空気を保つことが可能となります。

3-4.リビングや寝室には単板ガラスだけでなく、普通のペアガラスを組み込んだ内窓で


気密性が高くない部屋や地下室、倉庫、物置などへの内窓の取り付けは、単板ガラスをでも、多少の結露防止になりますが、リビングや寝室には単板ガラスだけでなく、普通のペアガラスを組み込んだ内窓を取り付けることで室内の環境を保て、結露も防止することが出来ます。ケースバイケースでガラスの質を選択することで内窓を自宅に取り付けする際にもコストダウンして取り付けを行うことが出来ます。優先順位の低い窓に対しては単板ガラス、普通のペアガラスを使用しても良いと言うことです。

3-5.結露対策において内窓を取り付ける時には、ガラス選びが重要

寝室とリビングの窓の結露防止のために。または和室の窓も結露対策するならばエコガラスの入った内窓が最適です。優先順位の低い部屋に関しては、エコガラス以外の内窓ならば更にリーズナブルに内窓の取り付けを完了することが出来ます。また大きな特徴として結露防止には樹脂サッシの密着性が高いガラスをおすすめします。結露対策において内窓を取り付ける時には、ガラス選びが重要になりますが樹脂サッシの密着性も結露対策に必要です。内窓の構造は樹脂製サッシ+ガラスで構成されていますがガラスだけでなく、樹脂製サッシの質も大切です。

3-6.気密性も向上し冷たい風などの侵入も十分に防ぐ

内窓に使う樹脂性サッシ枠は密着性が高いものを選択すると更に品質の良い内窓になります。また窓を閉めた時にもメリットがあり、サッシの密着度が高い内窓ならば、気密性も向上し冷たい風などの侵入も十分に防ぐことが出来るようになります。インプラスと呼ばれるガラスはの断熱効果に非常に優れていて、更に気密性が高い構造で内窓には最適な改良が施されているガラスもあります。

3-7.外気と部屋と中間的な温度にして保ち温度差を暑すぎず、寒すぎずとコントロール

外窓の隙間から入ってくる冷気にも効果的な熱、冷遮断効果を誇るガラスでもあり、既存の存在しているの窓に取付け可能で、窓と内窓の間に空気の層が出来て、外気と部屋と中間的な温度にして保ち温度差を暑すぎず、寒すぎずとコントロールしてくれます。そのため結露予防にも最適な品質なのです。

内窓の施工事例・口コミ・評判

内窓の補助金等最新情報

まとめ

材質も安全性が高く加工している金属面は樹脂で再度上から加工して、外部の温度に影響されません。寒い日に暖房で室内を温めた時に保温されます。また室内も暖かい状態を継続することが出来て冷房の場合も室内の適温を長時間外部の気温に影響されること無く保つことが出来ます。快適な室内環境を提供することが出来る内窓は様々なロケーションで活躍することが見込まれています。