エコ窓や真空ガラス(スペーシア)の補助金と価格メリット

エコ窓や真空ガラス(スペーシア)の補助金と価格メリット

地球温暖化など近年、各家庭において「省エネ」を心がけている家庭が増えています。省エネで出来ることは節約にも繋がり、環境汚染などに対しても前向きなため、住宅のリフォームの際には、国が工事費の一部を負担する制度があります。このことを「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金制度(旧SII補助金制度)」と呼びます。住宅省エネリノベーション促進事業費補助金制度はお住いの環境をリフォームする際に10%以上も安く施工をすすめることが出来るお得な助成金制度です。

この住宅省エネリノベーション促進事業費補助金制度(旧SII補助金制度)の意味は窓を断熱リフォームして、ご自宅の年間のエネルギー使用量を抑えることが出来るだけでなくその他にも様々な相乗効果を持ち合わせています。その他にも電気、ガス、プロパンガス、灯油の使用量を抑えることが出来、住宅省エネリノベーション促進事業費補助金制度はお住いの環境まで変えることが出来るようになります。特に窓のリフォームをすると寒い日の窓の結露、冷えによる断熱対策、温暖化対策を検討している方には窓のリフォームが有意義です。スペーシアの取付メリットは非常に高くスペーシア、スペーシア静、スペーシア21、クール、クール静とその種類も豊富です。それぞれの持っている特性は以下です。

壁は断熱済みでも室内が冷える時には


壁は断熱済みでも室内が冷えると感じるお宅は窓を断熱リフォームする事をおすすめしています。全体の平均室温が約4-5度変化し、夏場は涼しく、冬場は暖かく快適に室内の温度を保つことが可能となります。冬場の窓際の寒さを感じない室内になるので窓を断熱リフォームすることで更に快適な暮らしを約束してくれます。

家のメンテナンスも簡単になり快適な生活に

結露が無くなれば、家のメンテナンスも簡単になり、お掃除も楽になります。特に冬に寒いと感じるご自宅は、基本的に断熱性能が不十分なお宅が多く、生活していて寒さを感じて家の中が居心地が悪いと感じる方、冬場には住宅の断熱性が無いと住みにくい環境となってしまい。基本的には壁・床・天井に断熱性能を設ける必要があります。同時に窓の多い家にも断熱性を持たせることが大切です。

エアコン代金など無駄なエネルギーの浪費を抑え節約

多くの住宅で「窓」に関しては断熱性が乏しいため、冬の寒さを感じやすく、窓際が寒い、窓ガラスが結露するようになると、暖かさが逃げるため、冬の寒い日には冷気が窓から入ってきてきます。そのため窓をリフォームする際に断熱性能を付帯することで窓の部分は冷気を通さず、その上エアコン代金など無駄なエネルギーの浪費を抑え節約する事が出来ます。

補助金制度を利用する事で期間限定で安くガラス交換

スペーシア、スペーシア静、スペーシア21、クール、クール静の窓断熱リフォームに係る工事費を補助金制度を利用して合計した工事費から1/3から1/4程度の金額になりますので、補助金は是非利用したほうが良いです。10-30%以上も安くなるケースがあるので、全面のガラスを交換するために見積を取りそこから補助金で賄うことで期間限定で安くガラス交換が可能となります。修理費用は窓の種類、ガラスの種類によりますが、家全体の窓のリフォームをすることで、見積金額数十万円程度の場合、でも補助金制度を利用して、支払う金額を割安にすることが出来ます。そのため結露対策、断熱対策をしたい方はまずは予算がどのくらいかかるのか見積もりしましょう。

補助金制度を利用した際にどのくらい安くなるのかを計算

国がSII断熱リフォームの補助金を出しますが、補助される金額は各地方自治体によって異なります。限度額が設定されていますので、確認しましょう。断熱リフォームの際には区や市を通じて国が補助金を出せるような条件が整っているのか一度確認する必要があります。施工を開始したい方は、補助金制度について、お住いの区役所や市役所で申請の仕方を確認しましょう。生活環境課で申請を受け付けています。(その他の窓口の場所もあります)そのままの支払いでも可能ですが、通常の工事の際には全額のご負担になるので、まずは見積もりをとって、その後に補助金制度を利用した際にどのくらい安くなるのかを計算しましょう。ビルや施設などの全体的な窓のリフォームなどで見積もりも高くなりそうなケースでは、税理士に相談することもおすすめ出来ます。

税理士に相談することで見積もり金額から補助金制度を利用した金額が明らかに

大掛かりなリフォームの際には税理士に相談することで見積もり金額から補助金制度を利用した金額を知ることが出来るようになります。取付も簡単なので窓のリフォームは数週間程度で施工を完了することが出来ます。しっかり既存の窓にフィットするように施工して風避け、断熱対策、結露防止対策が可能となります。

状況に選っては補助金を受けられない事もあるので一度確認しましょう。

注意したいのが条件に選っては補助金を受けられない可能性もあります。SIIリフォーム補助制度の補助金を受けとることが出来れば、家全体のリフォームの際には大幅に費用を削減することが出来ます。窓をキレイにする、または見えやすくしたい方にもおすすめできるのが窓のリフォームです。

エアコンの使用も小エネルギーに抑え、地球環境に優しいエコロジー

国の政府も地球温暖化については前衛向きに検討しています。省エネ・断熱だけでなく更に地球環境に優しいエコロジーなどにも大きな関心を寄せています。そのための補助制度で、本来の1/3程度の補助から1/4程度の予算内で収めることが出来ます。5階建てのマンションで各箇所の窓のリフォームをして内窓を取り付けした見積もりが200万円の時には30%の予算が補助金で賄うと、30-40万円の予算を削減することが出来ます。その為支払い金額は160万円から170万円の予算となり、見積もり金額が多ければ多い程、制度を利用して支払い金額大幅に削減することが出来ます。

今までの内窓の取付での例

都内の某大学での内窓の導入例

都内でも通勤が便利な位置で、今後も生徒さんへの環境配備のために全教室に内窓を導入した例としても各教室31部屋全てに内窓を導入し、見積金額も350万円と高額になったケースでも、制度を利用して約50万円以上も補助金制度を利用して割安にすることが出来るようになります。ここまで割引できるので大きな施設などでの窓のリフォームなどでは利用したい制度です。

都内のデザイナーズマンションの導入例

都内のデザイナーズマンションの導入例では、3階建てのマンションですが全12室の窓をリフォームしました。その時の見積もりは80万円、補助金を利用することで30%の金額を補助金で賄うことが出来るため65万円での金額で施工を完了することが出来ました。

住居環境の温度を調整し快適な室内空間を実現

大幅に通常の見積金額から施工をすることが出来るために、多くのマンションのオーナー様が検討をしています。メリットも多くお住いの住居環境の温度を調整する事が出来るので、「住みやすくなった」との感想も多く、特に寒い冬には室内の温度を落とさず温かいままの状態を保つことが出来るようになり、住まいの環境が心地よくなり、活発的に室内で行動することが出来るようになります。結露が無いので窓のお掃除も簡単、水がたれないので、サッと一吹きするだけで、十分に部屋をキレイにすることが出来るようになります。

ショッピング、テナントで全31室をリフォームした例

ショッピング、テナントで全31室をリフォームした際にも取り付け場所を選択しても見積もりは100万となり、補助金制度を利用して約25万円もの金額を割引することが出来ました。取付に要する機関も約1週間ですべての場所での施工を完了することが出来内窓の取付は時間もかからずに設置をして納期までにすべての施工を完了します。利用者はすぐに内窓の効果を実感でき、エアコン代金を大幅に節約することが出来るためにショッピング、テナントの全体の光熱費も以前より30%近く削減することが出来るようになり、運営経費を大幅に削減することが出来て、将来的にもエアコン代金を継続的に削減していくことが出来るので、是非、補助金制度が有効な期間中に内窓の取付をおすすめします。

期間限定の補助金制度なので早めの施工をおすすめします

マンションの窓断熱リフォームに利用できる制度で割引金額もかなりお得ですが、期間限定の補助金制度なので、窓の断熱リフォームの補助金を利用したい方はできるだけ早めにリフォームしましょう。今年、来年までの期間限定制度なので、できるだけ早く施工をおすすめできます。詳しくは経済産業省資源エネルギー庁に確認しましょうサイトでも補助金制度の募集を観覧してみましょう。環境とエネルギーのバランス、オゾン層の破壊を予防するためにも前向きに導入を国もおすすめしています。社会的問題となる温暖化は各個人一人一人が解決に向けて前向きに検討していく必要があります。

基準に満たしているかも施工の前に業者と確認

注意したいのが「国の求める基準を満たす住宅に補助金として還元する制度」と定められていることです。その為、基準に満たしているかも施工の前に業者と確認しておきましょう。省エネルギー化のためなので多くのケースで補助金を利用することが可能です。国の求める基準を満たす住宅は、専門的な観察も必要なので業者に無料で確認してもらい、更に同時に見積もりをしてもらいましょう。補助金ですが、国庫補助金などの公的資金からの補助金となり、制度を多くの人が利用することが出来ます。

必要な書類として建築士による証明書・写真・図面を準備

分譲マンション、戸建住宅でも取付することが出来、居室全ての窓を断熱リフォームしガラス交換、内窓の設置は断熱性能を挙げることが出来て省エネ効果もあります。今年度補助金制度の特例などにも注目しすると既に設置済みの内窓が、補助金制度の登録対象製品の時は、その部分の改修工事は除外も可能です。そのためには必要な書類として建築士による証明書・写真・図面・出荷証明書などを準備しましょう。

助成金交付は申請者の口座に振込

工事にかかる経費の10%以上(区や市の各地方役場によって限度額が決まっています。都内では40万円ー50万円くらいの限度が平均、分譲集合住宅ではそれ以上に限度額も高く設定されています。基本は工事に要する経費の10%で平均限度額100万円位までの助成金を受けることが可能です。申請時のタイミングは着工日1カ月前から着工日前日、工事を開始するタイミングは、申請が受理されてからスタートします。基本的に工事の支払いは、業者にそのまま支払いし、後日完了報告書を提出します。この際に助成金を受けることが出来るかどうかを審査します。制度を利用可能かどうかを確認した後、助成金交付は申請者の口座に振込となります。

納税に関する書類なども必要に

また申請時の資料などにかなんしても業者にサポートしてもらう様にしましょう。特に助成対象確認申請書や機器等の形状、規格、施工箇所等施工内容示されている資料、経費の見積書なども提出する必要があります。また工事着手前の写真なども必要になるのでスマホなどでも良いので事前に撮影をしておく必要があります。納税に関する書類なども必要になります。住民税を滞納していると審査に通らないこともありますので事前に審査に通るように準備を進めておく必要があります。

ガラスだけを交換する事も可能でコストダウン


コストを安く検討している方は補助金制度を利用するだけでなく、ガラスだけを交換する事も可能でコストダウンに繋がります。既存の窓にはまっている一枚ガラスの変更のみで断熱性能を挙げることが可能です。リフォーム用の断熱ガラスに入れ替えすることで断熱性能が上げることが可能ですが、真空ガラススペーシアに変更することで更に4倍以上の断熱性能を付帯することが出来るようになります。

内窓を取り付け更なる断熱効果

既存の窓ガラスはそのままにしておき、内側の更に窓を取り付けして風や断熱効果も4倍以上にすることが可能となり、窓が二重になるので、隙間風も入らず空気層もペアガラスの様な効果が可能となります。真空ガラススペーシアを起用すれば断熱性も4倍以上の効果が期待でき内窓の枠素材の樹脂も高い断熱性能があります。更に防音性の向上と防犯効果もあり、断熱効果だけでなくその他のメリットも多い施工です。窓全体で断熱性能、防音性能を含めて4倍以上です。省エネ効果も期待することが出来てお得な施工であり補助金制度をつかう事が可能です。

まとめ

住宅の窓に断熱性能を付帯することでエアコン代金などコスト削減にも繋がり、壁や天井の断熱性能だけでなく窓をリフォームするだけで、壁の断熱と窓の断熱で窓ガラスの結露なども少なくなり隙間風も入らず空気層もペアガラスの様な効果が可能で、一般的な住居の場合には経費の10%で平均限度額100万円位までの助成金を受けることが可能になります。証明書・写真・図面・出荷証明書などを準備して期間限定の補助金制度制度なのでお早めに施工の相談をしておきましょう。