真空ガラスに交換しよう(効果・見積もり・口コミ・評判)


真空ガラスに交換を検討中の方に、真空ガラスの効果・見積もり・口コミ・評判等をまとめて掲載しているページです。薄い一枚ガラスながら一般的なガラスと比較すると断熱効果は約4倍と証明され、リビングや寝室の窓への起用が高まる科学加工されている特殊なガラスが真空ガラスです。実用性も高く、マンションやマイホームへの起用も多く、高断熱真空ガラスは住居環境の温度を快適に保ち2枚のガラスの間に小さな隙間を設けている構造になっています。省エネルギーな環境を保つためだけでなく、冬場の結露対策にも効果的でお部屋を快適に保つ高断熱窓ガラスは電気代が節約出来ます。インバーターエアコンと同じように室内の気温を一定に保ち快適な室内環境を保ち、 酷い結露も防止可能な真空ガラスについて説明していきます。

目次

1.省エネルギーな環境を保つためだけでなく、冬場の結露対策にも


真空ガラスの暑さは厚さ約6.2ミリの薄さで、厚さ10ミリの一般複層ガラスの約2倍以上の断熱性能を誇る優れたガラスなのです。

また一般的な一枚ガラスと比較すると約4倍の断熱性能を証明したガラスで、一般のガラスよりも軽量化され室内環境の温度を快適に保つことが出来るようになります。

これによって室内にかかる冷房、暖房にかかる光熱費を削減することが可能となりました。省エネルギーな環境を保つためだけでなく、冬場の結露対策にも十分に効果的です。一般的なガラスの構造では結露対策は不十分と言えます。一般的なガラス(科学加工されていない)は外部の温度に影響され冷えやすく、又温まりやすい構造です。

真空ガラスはそのため戸建住宅、マンションなど住居環境においての快適性を提供します。既存住宅のリフォームでも取り付けが可能なので様々な場所での活躍が期待されています。

真空ガラスについてはこちらもどうぞ

1-1.真空ガラス は窓ガラスの断熱効果、結露対策にも最適


真空ガラスのについての研究、開発はすでに多くの土建企業が行ってきました。

アメリカのシドニー大学のリチャード・コリンズ教授の研究によって構造を進化させ、真空ガラスの技術は一般的なガラスよりも優れた断熱性能があることを証明されています。

熱がガラスを通過する時のメカニズムを解析し真空ガラスは薄く、他のどんな断熱ガラス以上の効果が実証され開発されました。真空ガラス は窓ガラスの断熱効果、結露対策にも最適で一枚ガラスの4倍以上の断熱効果を誇り、夏は室内が外部の気温に選って温まらずに、冬季には結露をおさえるので、室内が冷えすぎず、エアコン代を節約することが出来ます。

真空ガラスの断熱性能についてはこちらもどうぞ

1-2.お部屋を快適に保つ高断熱窓ガラスは、どのくらいの電気代が節約出来るのか?


お部屋を快適に保つ高断熱窓ガラスは、どのくらいの電気代が節約出来るかはインバーターエアコンを導入した家と同じくらいの電気代金を節約することが可能です。

インバーターエアコンは大手の電機メーカーからすでにリリースされている温度自動調節機能が付帯しているエアコンです。室内の温度を一定に保つために開発された機能で、自動でモーターの回転を標準の温度に合わせオートマチックで切り替えるために室内の温度を一定に保つ機能です。

1-3.インバーターエアコンと同じように室内の気温を一定に保つ効果

このインバーターエアコンの実際の電気使用量は約40%もエネルギーを節約することが出来ると言われています。

真空ガラスはそのため、インバーターエアコンと同じように室内の気温を一定に保つ効果があり同じくエアコンの電気代もインバーターエアコン使用時と同じくらい節約することが出来るため、真空ガラスを住居に取り付けることで、長い目で見ても電気代金を大幅に節約する事が可能になります。

特にその機能性は冬にも発揮され薄いガラスなので太陽光を取り入れ室内を更に明るくします。

真空は熱を伝えないので室内が温まりすぎることはありません。

熱の伝わり伝導をおさえ高い断熱性によって暮らしやすい室内環境を保つことが出来ます。

1-4.真空ガラスが日本で商品化された経緯


真空ガラスが日本で商品化されたのは日本板硝子株式会社とシドニー大学が協力して研究、企画、開発を行い、板ガラスとLow-Eガラスを重ねることでとても高い断熱性があることを見抜き、またその間を0.2mmの真空に設計することで家庭用でも十分に実用可能な商品で 真空ガラスを家庭に提供できるまでになりました。長い時間をかけて研究、開発されている合成ガラスで、住居環境に適しているガラスとして注目されるほどになりました。

1-5.エネルギーの節約にも繋がり地球温暖化にも貢献

断熱に効果的な、真空ガラスは既存のサッシにもそのまま使え、サッシを軽くして利用していくことが可能です。リサイクルにも繋がり又、自宅のリフォームの際にも取り付けを勧めている建築業者も増えています。エコに快適に暮らすために、真空ガラスを各家庭に導入することでエネルギーの節約にも繋がり地球温暖化にも貢献します。

2.ガラスから温度が伝わり室内も冷えてしまうので

真空ガラスは使いやすく高性能です。マンションやアパートでも 取替え可能で真空ガラスは結露も出ないので、フルシーズン快適な室内環境を維持します。エアコンのスイッチを一度入れて室内の温度を調整し、その後にエアコンのスイッチを切っても長時間に渡り室内の温度を一定に保つことが出来ます。特に寒い日などは壁からでなくガラスから温度が伝わり室内も冷えてしまう傾向があり、窓のガラスを真空ガラスにすれば外部の冷気をショットアウトすることが出来るのです。これも科学加工されている真空ガラスならではの特性と言えます。真空ガラスは世界初の真空層設計の板ガラスで総厚み6ミリの設計は今まで家庭用で利用されてきたガラスよりは薄く、サッシはそのまま利用していくことが可能です。そのため非常に簡単に取り付け工事が可能です。結露対策、断熱対策に最適な窓になり真空ガラスに備わっている真空層で熱の対流を防ぎ軽量化されているので開け閉めも軽く利便性が高いガラスなのです。

2-1快適な室内環境を保ち、 酷い結露も防止可能

冬場には真空ガラスは暖かさを逃さないため、部屋を快適に保つ事が可能です。高断熱窓ガラスで、快適な室内環境を保ち、 酷い結露も防止可能です。高いエアコン代を節約する事が出来るために将来的に家計を節約したい方におすすめです。真空層があると断熱効果や遮熱効果が上がり更にクリアなガラスなので中庭のガラスや景観が良い窓のガラスにも最適です。

2-2.真空ガラスは真空層と特殊金属膜が熱をカット


真空ガラスは自在にどこでも取付可能です。冷たい風など冬場の寒さをとおさず、室内のの暖かさを守ります。防犯ガラスとしての性能も高く真空ガラスの窓ガラスで暮らすと安心感も生まれます。快適な環境を維持してサッシ交換や取り付け工事も手間がかからず真空ガラスは結露も回避してくれるので利便性も向上しエコなガラスとして注目されています。一部の部屋はあまり暖かくならないと悩んでいるご自宅にもおすすめです。また、室内を温めるために暖房等を利用している方で電気代が高いと感じている方に真空ガラスは真空層と特殊金属膜が熱をカットしたり外部の冷たい空気を遮断するので老人ホームや介護施設、病院などでも広く起用されています。見た目は普通のガラスと変わりませんが性能面では大きな違いがあり防音ガラスとしても効果を発揮します。今お住いの住居の環境が騒がしい、又騒音がで眠れないと感じている方におすすめできます。

2-3.室内側のガラスの表面温度を下げる構造

結露を防ぐため衛生面でもきれいな環境を維持できます。結露は 冬になるとガラス面が水滴で濡れる現象です。真空層の働きによって、室内側のガラスの表面温度を下げる構造なため窓ガラス付近は外部の気温の影響を受けにくい設計になっています。ガラスを替えるだけで室内の適温を保ち結露対策にもなる真空ガラスは騒音対策にも利用できるので都内や交通量の多い場所にお住まいの方、気温の変化が激しい山奥のロッジなどでも十分にその利便性を発揮してくれます。

2-4.レストランやホテル、企業の会議室、待合室に

より利便性があり効率的に室温を調節するので、レストランやホテル、企業の会議室、待合室、高層ビルや高層マンション、スタジオ、などで起用されています。窓ガラスをこの機会に防犯ガラスに変更したい方にもおすすめできます。断熱・結露防止だけでなく防犯性能も増しているので真空ガラスを起用したスペースは心地よく居心地の良い空間として蘇ります。日当たりが強すぎるスペース、または日陰で寒気のするスペースに最適なガラスです。

2-5.温度差を感じる部屋に取り付ける


暮らしの中で温度差を感じる部屋に取り付けることで定温で外部の温度に左右されない空間を提供してくれます。遮音性能や断熱性能を強化したタイプだけでなく、さらに遮熱性能もある特殊加工が施されているタイプの真空ガラスもあり近年豊富なバリエーションでリリースされています。お住いをリフォームする際には窓のリフォームは室内環境改善に繋がり、有意義です。室内と外をつなぐ窓で、光と風をバランス良く室内に取り入れ隙間などが無いために砂埃などをしっかり遮断することが可能です。断熱性も十分に向上し防犯性、快適性も十分に向上します。窓をリフォームする場合においては、窓の性能面から、外観や室内のインテリアとの配色やデザインなどにも配慮しリフォームを更に有意義にします。リフォーム後に住みやすくなった環境を感じることが出来る空間を演出するのは真空ガラスのおかげ、この機会にリフォームで窓も機能的でインテリアにマッチさせたい方にもおすすめできます。

3外部の空気が冷えていたり熱くても室内が大きな影響を受けない構造

スキマをしっかり埋めて樹脂内窓ならば、窓の内側に取り付けするだけで窓の断熱性能を更に強化することが出来ます。アタッチメント付きの複層ガラスも同じように効果的です。簡単施工で時間がかからずにお好きな窓に取り付けが可能です。内窓の施工は窓ガラスとサッシの組み合わせが大切です。断熱性を上げるため研究され、外部の空気が冷えていたり熱くても室内が大きな影響を受けない構造で、日差しや通風をコントロールすることも出来ます。

3-1.防雨、防風対策も万全な真空ガラス

真空ガラスはああ薄いガラスですが2枚構造なので風雨、大雨等、外部からの水の侵入を阻止します。風雨から住居を守り、気密性や水密性の高いサッシを起用すれば防雨・防風対策は万全です。失敗しないリフォ-ムのために断熱内窓ガラスを取り付けるのはサッシの専門で内装をしている業者、または断熱内窓もメーカー商品により異なるのでどのガラスが良いのか専門的な知識を持っている業者さんにお願いするのが妥当です。取付を希望する窓の大きさを測り防音・夏場の暑い外部の空気を断熱し、冬場の結露を解消、日射対策としても効果的な窓ガラスにリフォームしましょう。その他にも室内の温度を定温で保つことができるようになるので大幅な節電に繋がります。

真空ガラスの防犯性についてはこちらもどうぞ

3-2.断熱、結露、防犯、防音の4点のメリット


内窓は状況で枠を取り付けしなくても取付可能な内窓もあり、取り付けが簡単なので時間もかからずに住居のリフォームをしていても素早く窓を取り付け出来、施工方法はふかし枠を付けず取付可能なケースもあります。住居の性能を重視している方にはマストなです。環境を変えたい、住まいをもっと心地よくしたいと考えている方にご提案します。十分に住まいの良さ、住居の性能を引き出す施工となり断熱、結露、防犯、防音の4点のメリットを抑えています。

3-3.硝子の構成厚を変更可能

たとえば防音重視で内窓を取り付けすれば防音を今までの半分以上カットすることが出来、安らぎの空間を演出します。寝室などに起用すればぐっすり眠ることが出来るようになるでしょう。また雑音の音域や音量によって硝子の構成厚を変更可能です。断熱性重視の方には、高断熱ペアガラスもおすすめ、内窓を付けて快適な生活を約束してくれます。古くから公的な施設や事務所、レストラン、ホテル、病院などに幅広く応用でき、室内の環境を変えることが出来ます。樹脂メーカーと提携しの高品質な二重枠樹脂サッシにすることで防音、断熱と効果を得ることが出来ます。気密性も高く防音性能も得ることが出来て室内の環境を静かにするので音楽鑑賞や家族での会話を十分に楽しくする事が出来ます。

真空ガラスの施工事例・お客様の声(口コミ・評判)はこちらもどうぞ

まとめ

外部からの騒音の悩みや楽器の演奏でホームシアター・音楽スタジオなどにも最低な環境を提供しています。ピアノやギター等趣味の音楽に没頭するためには騒音をカットした環境が必要です。その他にも受験勉強や仕事場として利用しているスペースやお部屋にも最適な対策が可能です。全体的に騒音をカットすることが出来るので落ち着いて生活できるようになります。断熱性能が高く結露が生じにくいガラスで季節を問わず安定した室内環境を維持していくことが出来、真空ガラスは今注目されています。