内窓で目隠しをする

窓をリフォームする際は様々な手段があります。その中でも「内窓」というリフォームは多くのメリットがあり、多くのリフォーム会社が推奨していることもあって人気の高い窓のリフォームとなっています。

そんな内窓は外から室内の覗き見を防止する目隠しの効果もあります。今回は内窓による目隠し効果と効率良く目隠し効果を上げるための方法をご紹介します。

 

普通の内窓による目隠し

内窓は既存の窓枠にもう一枚ガラスを設置するリフォームです。窓ガラスを同じ場所に2枚設置することになるので光の反射も2倍になります。そのため外から覗いた際に光の反射によって従来の窓よりも内部が見えにくくなります。

しかし従来の単板ガラスを2枚取り付けただけでは近づいて覗き込んだ場合、中が見えてしまうので普通の単板ガラスを内窓として設置しただけではプライバシー保護を目的とした目隠しには不十分かもしれません。

 

更に目隠し効果を高める方法

すりガラス

内窓による目隠し効果を更に高めるためには新たに取り付ける窓ガラスを選ぶ必要があります。すりガラスは半透明なガラスなので目隠し用の窓ガラスとしてよく使われます。たとえ既存の窓ガラスが普通の単板ガラスであったとしても内窓のガラスにすりガラスを使用すれば十分な目隠し効果を発揮できます。

また内窓は遮熱・断熱などの効果もありますので、内窓のガラスをすりガラスにすれば目隠しだけでなくその他の効果も同時に得ることが出来ます。ただしすりガラスは人目だけでなく光も遮ってしまうので採光が難しくなることもありますので注意が必要です。

それらの要素を踏まえるとすりガラスはリビングや寝室ではなく、トイレや浴室などのプライバシー保護を重視したい部屋に取り付けることをお勧めします。

 

障子

障子はご存知の通りガラスではなく木枠と和紙による引き戸です。そのため外部からの視界を完全にシャットアウト出来ます。障子は気温差を受けずらい部材を使用しているので断熱効果も期待できます。また障子は独特の味わい深い雰囲気を醸し出しているので和室の内窓に最適です。

ただし障子の木枠は湿気を帯びると劣化したり、酷い時にはカビが生えることもありますので、室内の寒気を意識したり常に手入れをする必要があります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。内窓は従来の単板ガラスでもある程度目隠し効果がありますがすりガラスや障子を内窓として取り付けることで更なる目隠し効果を期待できます。プライバシー保護目的のリフォームを検討している方は是非参考にしてみて下さい。