窓の結露対策どうしてますか?根本解決で快適生活を手に入れよう!

冬になると特に気になる窓の結露。どうしたら結露が出ない窓になるんだろうと頭を悩ませている人も多いことでしょう。

また、いろいろな結露防止策や製品があるけれど、本当に効き目があるの?というお悩みもあるでしょう。

今回は、窓に結露ができる仕組みから、実際に出てしまった結露を解消するには、そして根本的に防止する方法について調べてみましたので、お悩み解決の参考にしてください。

 

結露って何?窓の結露はどうして発生するの?

冬の窓に結露

冬は窓の結露がひどい

結露は空気中に含まれる水分に関係しています。「昔、理科の授業でなんとなく習ったような」という人も多いかもしれません。

通常空気の温度が高いと、より多くの水蒸気を含むことができます。暖かい地域や季節では湿度が高いのはそのせいでもあるんですね。

ところが、その暖かい空気が冷やされると、含んでおくことのできる水蒸気量が減ってしまうため、水蒸気として空中に浮かぶことができず、水の液体となってしまうんです。

特に冬の窓際は、寒い外気にさらされて暖房の近くより温度が下がっているため、結露を起こしやすいということになります。逆に夏は室内が暑く、冷えた飲み物のまわりが低い温度なので、グラスに水滴がつく現象が起こります。

窓に結露が発生している場合は、カビの発生源になりやすいため、アレルギーをお持ちの方にとっては大敵となります。

窓の結露を今すぐ解消するには?

HELPの文字

できてしまった結露をすぐに解消しましょう

結露予防策の前にまずは応急処置です。今窓にできている結露をすぐになくしてしまいたいという場合の方法についてみていきましょう。

 

窓の結露を取るワイパーを使う

もう結露ができているからと放っておくのは危険です。できてしまった結露は早めに除去することで、水分を減らし、カビやダニを発生させないということにつながります。

窓掃除に使うガラスワイパーでこまめに水分を取り除きましょう。結露の発生しやすい窓のそばに常備しておけば、気づいたときにすぐふき取ることができて便利です。

でも、この方法はこまめにふくことができないという場合にはおすすめできません。

 

窓の結露を吸い取るテープを活用

ワイパーも即効性はあるものの、そんなに頻繁にふき取ることができないという場合には、たれてきた水滴をキャッチしてくれる吸水テープもおすすめです。

窓の下枠に貼っておくことで、水分を吸収してくれるため、窓の下の木枠や壁に水分がしみこみにくくなるすぐれものです。

ただし、この吸水テープもある程度水分を吸ったら取りかえる必要があるので、結露がひどい窓の場合はすぐに取り替えなければならないという事態になることもあります。

窓の結露を防止する技いろいろ

スプレー 容器

まずは手軽な結露防止スプレーを試すのも方法!

さて、応急処置が済んだら、これからは結露ができないような窓にしたいと思うでしょう。結露ができないような対策として商品化されていて、簡単にできるものをみていきましょう。

 

窓の結露を防ぐスプレーで予防

スプレーで結露を防げるの?と思う方もいるでしょう。

この仕組みは、スプレーを窓に吹きかけることで、空気の膜をはりつける効果をねらったもので、定期的にスプレーすることで窓自体に断熱効果をもたらすというものです。

ただ、この原理でいろいろな商品が出ていますが、なかなか結露をしっかり防止できたというところまでいたらないようです。

スプレーの場合はムラが生じやすいため、素人ではなかなかしっかり窓ガラスをコーティングするのは難しいのかもしれません。

 

窓にフィルムやシートを貼って結露を予防

窓の内側に貼ることで、外との温度差をやわらげる断熱効果を持ったシートも多く販売されています。

シートならしっかりと窓を覆うことができるので、結露がだいぶ減ったという声が多いです。

ただし、これもしっかりと貼ることが大前提です。ヨレやズレがあるとそこに結露が発生しやすくなるので注意が必要です。

窓の結露を根本的に解決するならやっぱりリフォーム

2重窓 窓際

リフォームで結露しない窓を実現

いろいろな結露対策を調べてみましたが、根本的な解決はお金さえあればリフォームで窓を取り替えてしまうというのが一番効果があります。
窓を全部取り替えてしまうのはもちろんですが、今ある窓のガラスだけ変えたり2重にするという方法もあるので、予算と合わせて検討の余地はあるでしょう。

窓を二重窓(内窓)にする

内窓は、今ある窓にさらにもう一つ内側に窓を入れるというとわかりやすいかもしれません。窓を2重にすることで、間に空気をつくることになり、結果として外気と室温の差を減らして結露を防ぎます。

断熱性能は一般の1枚窓に比べ、3倍と言われているので、光熱費を節約することができる点を考えるとすぐに元が取れる対策になります。

結露を防止するだけでなく、防音や防犯の効果も得られるのもメリットです。

窓を真空ガラスにする

今ある窓枠をそのまま利用し、ガラスだけ真空ガラスに変えるだけで断熱効果が格段にアップし、結露の発生を予防します。

真空ガラスとは、2枚のガラスの間に真空間をつくってあるので、魔法瓶のような効果を得ることができます。しかも2枚のガラスと言っても厚さは数ミリなので、今までの窓ガラスと見た目に大きな違いもありません。

時に真空ガラスを使用できないサッシ枠もありますし、使用できた場合でも窓枠につく結露までは完全に防ぐことはできないと言われていますが、断熱効果は1枚ガラスと比較して約4倍なので、かなりの結露を予防できます。

窓ガラスリフォームに関するお問い合わせはこちらへ!

 

窓の結露対策は根本解決が大切!

いろいろな結露対策をみてきましたが、結露がひどい時期を何とか乗り切る場合でも、結露の原因をしっかり理解していないと十分な効果は得られないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

外と中の気温の差をなくすことで予防できる結露は、できてしまってからの応急処置と予防策を組み合わせてはじめて撃退できると言えます。

中でも早目に根本的な対策をとることで大切な家を守ることができるので、いつはじめても遅いということはありません。やってみたら「これならもっと早くやっておけばよかった」ということも多いはず。

快適で安心な住まいを手に入れるために結露対策はじめの一歩をおすすめします!