内窓による断熱・結露対策

窓をリフォームする際は様々な手段があります。その中でも「内窓」というリフォームは多くのメリットがあり、多くのリフォーム会社が推奨していることもあって人気の高い窓のリフォームとなっています。

その中でも内窓は断熱性能と結露防止に優れていると言われています。そこで今回は内窓を設置する事でもたらされる断熱効果・結露防止についてご紹介します。

 

内窓で冬が過ごしやすくなる

内窓は断熱効果に期待が持てます。内窓を設置して窓を二重構造にすることで中間に空気層が出来ます。冬場の寒い時期に外から冷たい空気は入り込んでもこの空気層によって常温に近い温度に戻るので室内に入って来る頃には冷たくなくなっています。これが内窓による断熱効果の原理です。

また窓周辺の冷たい空気が室内の暖かい空気に触れると水蒸気が水滴となり窓に付着します。これを結露と呼びますが内窓を設置していれば窓周辺の空気が冷たくなくなるので結露の発生も防いでくれます。

 

断熱は省エネに繋がる

内窓による断熱効果と結露防止は省エネにも繋がります。内窓を設置していれば室温が下がらなくなるので自然とエアコンの消費電力も抑えることが出来ます。同じく結露も室温の低下の原因と言われていますが内窓で防止できます。実際に2階建ての一戸建てが内窓を取り付けて年間の電気代を2万円も削減する事に成功したという実績もあります。

また結露は放置しておくとカビが生えてしまう不衛生な空気を輩出してしまう事もありますので、内窓で結露を防止すれば健康的な室内環境に近づけることが出来ます。

 

断熱・結露対策を意識した内窓

従来の単板ガラスを内窓として設置するのではなく断熱・結露対策に特化した部材を取り付けることで十分に効果を発揮します。特におすすめなのが「ペアガラス+樹脂製サッシ」です。

ペアガラスは様々な特徴を持った製品がありますが「中が真空層もしくはアルゴンガス」と「金属膜が内側」の製品がお勧めです。

基本のペアガラスは中が空気層になっていますが特殊な工法で真空もしくはアルゴンガスが封入された物であれば更なる断熱効果が期待できます。

金属膜はペアガラス内の透明な膜の事ですが外側に付いていると外気温を受け付けないので昼間の日差しを防いでしまいます。逆に膜が内側に付いていれば室温を逃がさない特徴があるので断熱リフォームに最適です。

樹脂製サッシは北欧の家庭でよく使われており、アルミ製のサッシよりも気密性が高く気温差の影響を受けにくいという特徴があります。そのため断熱・結露防止の両方に向いたサッシと言えます。

 

まとめ

内窓は断熱・結露防止に期待が持てるので冬場に効果を発揮してくれます。さらにペアガラスや樹脂製サッシを取り付けることで十分満足の行く室内環境を作ることが出来るでしょう。