窓のリフォームについての費用や種類など

リフォームというとお部屋の中を工事するというイメージを持つ方が多いですが、窓のリフォームは住まいを快適にするために最も効率的なリフォームです。

家をリフォームしたい理由を見てみると、「寒い」や「音が響く」、そして「暗い」といったものでしょう。これらはすべて窓で解決できます。

そんな窓のリフォームについて内容や費用をまとめましたので、お悩み解決の参考にしてください。

窓のリフォーム施工内容

内窓

窓のリフォームもいろいろあります

窓をリフォームしたいという場合にどのようなケースが多いのか見ていきます。

窓を大きく・小さくするサイズ変更

窓のリフォームでサイズを変えたいというご要望がありますが、この場合外壁修復工事が必要となってくるので、工事が大がかりになります。場所によっては足場が必要になるので、工期もかかります。

どうしても窓のサイズを変更しなければならないのか、他に方法はないのか、専門家に相談することをおすすめします。

窓に内窓を入れる

断熱効果を高めるために内窓を入れるのは、当社でもおすすめしている方法です。内窓を入れると防音効果も高まるので、一石二鳥です。

特にマンションの場合は窓の枠などを交換することができない場合が多いので、内窓をつけることで多くの問題が解決できます。

窓を新設・追加する

明るくしたいので、窓を新しく作りたいというご希望もありますが、やはり外壁をこわしての作業になるため、工期も費用もかさみます

また、自分が好きな場所に穴をあけられるわけではなく、家の構造として重要な柱や筋交いを避けて作る必要が出てきます。

こうしたことを考えると、簡単に窓をつくりましょうとはご提案できませんが、どうしてもという場合には一緒に最善策を考えていきましょう。

窓を塞ぐ

外観を残したまま室内部分だけ窓をふさぐのは比較的簡単ですが、外壁も内装も周囲との差が出ないように修復するとなると、窓のあった面全体の工事が必要となるため、大がかりになります。

はめ殺しの窓など方法はありますので、できるだけ手間もお金もかけずに元あった窓を生かす方法を考えても良いかもしれません。

窓の結露を防止する

窓のお悩みで一番多いのが結露です。結露は窓の性能が低いとどうしても外の冷たい空気が伝わってしまい、室内の湿気がたまってしまいます。

結露防止の方法はいくつかありますが、中でもおすすめは内窓設置と真空ガラススペーシアへの交換です。

真空ガラススペーシアは、1枚ガラスの実に4倍という断熱性を持っているため、外の冷気を室内に伝えにくくなり、結果として結露が減ります。

内窓だと窓を開けるときに2度手間だからという理由でこちらの真空ガラススペーシアを選ぶ方が増えています。

窓のリフォーム実施個所別費用目安

見積書

窓のリフォームをする場所によって費用も変わってきます

家の中の場所によって窓のリフォームも多少異なります。場所別にかかる費用の目安を見ていきましょう。

お風呂・システムバスの窓をリフォームする際の費用目安

お風呂・浴室の窓をリフォームする理由として多いのは、結露防止や寒さ対策です。

劣化した窓で冷たい空気が浴室内に入り込んでしまうため、ヒートショックが起きやすくなるなど健康にも害を及ぼします。

窓ガラスを真空ガラススペーシアに変更する場合、大体10万円~20万円で可能です。

内窓を取り付ける場合、20万円~30万円で可能です。

お風呂に窓が無いので新しく作りたいという場合は、外壁工事もしなければならないため、30万円~50万円かかります。

キッチンの窓をリフォームする際の費用目安

キッチンの窓をリフォームするケースでは、従来の出窓が寒いのでなんとかしたいという場合が多いです。

出窓をなくすということになると、かなり大がかりな工事になってしまうため、内窓がおすすめです。

出窓に内窓をつけることで断熱性がアップし、キッチンでの作業が快適になります。

キッチンに内窓をつける費用は大体20万円~30万円になります。

洗面所の窓をリフォームする際の費用目安

洗面所も冬に冷えを感じるというお悩みが多い場所です。また、お風呂場に隣接している場合、湿気で結露ができやすいということもあります。そこで、おすすめなのは、内窓の設置または真空ガラススペーシアへの交換です。

窓ガラスを真空ガラススペーシアに変更する場合、大体10万円~20万円で可能です。

内窓を取り付ける場合、20万円~30万円で可能です。

リビングの窓をリフォームする際の費用目安

リビングの窓は、明るさを考えて家の中でも比較的大きな窓が設置されていることがほとんどですが、その窓が原因で損をしているお宅が多いのが残念です。

というのも、窓の断熱性が悪いと、夏は暑く冬は寒くなってしまい、光熱費がかさんでしまうからです。

リビングの窓は大きいからリフォームの費用もかかりそうという声も聞きますが、それほど大きく変わることはありません。

ガラスの交換や内窓の設置で光熱費が節約できるので、長く暮らせば元が取れます

そのため、問題に気づいたら、窓はできるだけ早いうちにリフォームすることをおすすめします。

和室の窓をリフォームする際の費用目安

和室は窓そのもののリフォームもありますが、ふすまを窓に変えてしまうという方法もおすすめです。

ふすまは和室の雰囲気を維持する大切な建具ですが、光を通さないというのが難点です。そこで、代わりにすりガラスの入った窓を入れることで明るさ対策にもなりますし、断熱性もかなりアップします。

ふすま1枚分であれば、10万円程度でガラス窓に交換できます。

窓のリフォームで補助金がもらえるって本当?

ZEH

国や地方自治体から補助金が出る場合があるんです

お住いの場所にもよりますが、内窓の設置や熱効率を高める真空ガラスへの交換などのリフォームを行う際に補助金をもらえる場合があります

まず補助金を受けることができるのかどうかや、煩雑な手続きも当社で代行させていただいていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

窓のリフォーム実施建物別注意点

集合住宅

建物の種類によっては窓のリフォームも注意が必要です

建物の種類によっては窓のリフォーム関しても注意しなければならない部分があります。これらの注意点についてみていきましょう。

マンションの窓をリフォームする際の注意点

マンションの場合、窓であっても勝手にリフォームできないきまりになっていることが多いです。大きな問題が発生していても、賃貸であれば引っ越しも視野に入れて対応できますが、購入している場合はそうもいきません。

この場合、リフォームする理由にもよりますが、内窓がおすすめです。

内窓は既存の窓よりも部屋の内側に設置するため、認められることが多いです。

それでも各マンションによって決まりが異なりますので、まずは管理組合に確認を取ってください。

ツーバイフォー(2x4)の窓をリフォームする際の注意点

木造でもツーバイフォー構造の場合は、面で家を支えているため、簡単に壁を壊すことができません。

また、同じ理由から壁の端を残さなければいけないため、家の角を窓にすることもできません。

大きな間口を開けることで家が弱くなってしまうので、高いところまである窓などは設置できません。

このような制限の中であれば、リフォームは十分行うことができます。

鉄骨造の窓をリフォームする際の注意点

窓のリフォームの中でもサッシごと交換する場合には、鉄骨造だと大がかりになります。

サッシが外壁に溶接されているため、サッシ交換の際に外壁を壊さなければなりません。

サッシを取り付ける際も鉄骨がさびないようしっかりと防水加工を行う必要があります。

輸入住宅の窓をリフォームする際の注意点

欧米の輸入住宅に多いのが木製サッシですが、日本の高温多湿に耐えられるかどうかというと、なかなか難しいものがあります。もちろん木製でもかなり長い間もつものもありますが、カビで黒ずんでしまったという話も聞かれます。

このような場合は樹脂製のサッシに変更するまたは内窓を入れるというのも考えに入れておいた方が良いでしょう。

サイズはオーダーも可能ですので、どのようにリフォームしたらよいか、ぜひ窓の専門家にお問い合わせください。

 

お問合せ

窓のリフォームで多くの問題が解決できる、そして費用もそれほどかからないということがわかりました。長く住んでいると住まいに対する不満も多くなってきますが、早めの対応でかえって得をすることもあります。

快適な住まいを手に入れるため、窓のリフォームから考えてみませんか?