窓の水滴の正体=しつこい「結露」を減らす方法

水滴

窓に水滴がびっしり!という結露にお悩みは、湿度が高い梅雨の時期だけでなく冬も多くなります。この水滴はどこからくるのか、そして何が原因なのか、メカニズムを知ることでより万全の対策をとることができます。

この水滴が原因でカビが発生すると、住まいの環境も悪くなるばかりですので、結露をもとから防いで快適な暮らしを実現していきましょう。

窓に水滴がつく原因・理由

部屋干し

室内の湿度は大丈夫ですか?

お部屋やマンションで窓につく水滴ってなんなんでしょう?なぜ発生するのでしょうか。

この水滴は「結露」と呼ばれます。結露の発生メカニズムについて簡単に説明します。

空気中には見えない水分が浮かんでいます。この水分は、温度が高いとより多く空気中に浮かぶことができますが、温度が低いと浮かぶことができずに水滴となって窓などについて見えるようになります。そのため、冬に温度を上げた部屋でも、窓自体の温度が低い場合は水滴がついてしまうのです。

もちろんお部屋の湿度が高ければその分水滴は多くなってしまうので、湿度と温度には注意が必要です。

冬場は暖房で乾燥するので、加湿器を使うというお宅も多いですが、加湿器が原因で結露が増えている場合もあります。エアコンであれば加湿器も良いですが、加湿器無しで湿度が60%より高くなる場合には使う必要はありません。

また、冬場は厚いカーテンを使うことが多いですが、このカーテンが室内の温かい空気が窓に届くのを邪魔して、結露を増やしているケースもあります。断熱性の低い1枚ガラスに厚いカーテンの組み合わせで、逆により結露を発生しやすい環境を作っていることになります。

窓の水滴からカビが発生?!

カビ

カビがあると健康も心配です

カビの発生条件

カビの大好物は湿度が高いこと。70%以上の湿度で大繁殖します。結露は湿度が高い証拠なので、カビが発生しやすい環境になります。

また、温度では20℃~40℃の環境が大好きです。

加えてほこりやごみもカビが繁殖しやすいものなので、掃除で手が届きにくい窓のゴムパッキンの隅などはカビが発生しやすい場所になります。

カビの健康被害

結露を予防することができず、そのままひどくなるとカビが増え、健康被害も出てくるようになります。

カビによるアレルギーや肺炎などは、免疫力が高い場合は軽度で済むことがほとんどですが、免疫力が低下している人は重症化してしまうことがあります。

喘息の原因になることもあると言われていますので、カビができたらすぐに取り除くようにしましょう。

カビの防止と対策

カビを防ぐには、雨の日以外の日中は窓を開けて換気を行うのが効果的です。

結露が出てしまった場合は、カビの胞子が残っているため、水滴が乾いてもカビはなくなりません。水滴の跡もしっかりこまめに掃除して、カビが増えるのを防止しましょう。

カビが増えて黒くなっている場合、お風呂であればカビキラーを使用すればかなり減らすことはできますが、水場でない部屋の壁などはエタノールがおすすめです。少しでもカビが発生していたら、スプレーでエタノールを吹きかけておきましょう。雑巾やスポンジでふき取ることができます。

窓の水滴を防止するには

窓辺

窓のリフォームで根本解決!

窓に水滴がつかないようにしたいという場合、自分で簡単にできる対策もありますが、根本解決にはなりません。

窓ガラスの交換

結露の根本解決は、窓ガラスを交換するまたは内窓をつけるという方法がおすすめです。

家の壁は断熱材が入っていてしっかり対策がとれていても、窓だけは1枚のガラスになってしまうため、断熱性が低いです。

窓の断熱性を高めることで、結露を予防することができます。断熱性の高い窓ガラスとしておすすめなのが、真空ガラススペーシアです。真空ガラススペーシアは、その名の通り2枚のガラスの間が真空になっているため、冬であれば窓の外側の冷たい空気を遮断する機能を持ちます。

2枚のガラスになっていますが、厚さは1枚ガラスとほとんど変わらず、断熱性は4倍です。

窓ガラスの交換というと、ガラスを切って外すのかと思う人もいるようですが、今あるサッシをそのまま使ってガラス部分だけ交換することができますので、作業時間もそれほどかかりません。

内窓の設置

窓の水滴の量がものすごく、ガラスだけでなくサッシ部分にもびっしりという場合は、窓ガラスの交換だけではなく今ある窓をそのままに、もう一つの窓を内側につける内窓がおすすめです。

LIXILインプラスやYKKプラマードUなど、簡単に窓を2重にできる内窓で、断熱性はもちろんのこと防音性も高まります。

窓が2重になっても元ある窓と枠部分が重なるので、一見2重だとはわかりにくい窓に仕上がります。

断熱性が高まることで、結露を予防することになり、光熱費の節約にもなります。

 

お問合せ

窓の水滴は、窓そのものが原因となっていることが分かりました。この窓を断熱性の高いものにすることで、結露を防止することができ、より健康な生活を送ることができます。

窓の交換または内窓の設置は、窓の専門家に相談するのがおすすめです。中村建硝はガラス、ドア、窓の専門家ですので、あらゆる選択肢の中からお客様にぴったりの方法をご提案することができます。

ぜひお気軽にお問い合わせください!